Archive for December, 2009

last days of year of Ox / 丑年の最後の日

December 30, 2009

15 January 2009, China
‘Ji-Chou Year’ Year of Ox
design: 陳紹華

Only today and tomorrow are the rest of this year.   The Chinese Zodiac animal of this year was Ox.  This stamp has nicely illustrated Bull, rather Ox, has wild eyes and flying legs.  Starts in middle of perforation dots before the stamp is separated from sheet.

あと2日で丑年の2009年も終わります。この中国の切手は据わった目つきの牛を描いてかっこいい。飛んでいるような足元も素敵です。目打の中央に星の形が切り取られていたり、なかなか凝っています。

second day of eating / 飽食の2日め

December 26, 2009

2008Italy001

29 August 2008 Italy
Sagra degli spaghetti all’ Amatriciana
design: Anna Maria Maresca

Boxing Day.  Many of you might keep eating today.  Another stamp on food – Amatriciana is one of the most well known pasta sauce in Italian cuisine.  The picture shows snowy mountain behind, but Province of Rieti, where this sauce is coming from is Mid-South of Italy, not far away from Rome.

クリスマスの翌日は、英国ではボクシング・デーと呼ばれ、休日です。25日に家族が集まり、そのまま2日間食べ続けている人も多いようなので、もう一枚、食に関するイタリアの切手を。アマトリチアーナと呼ばれるパスタソースの食材を描いています。背後に雪をいただいたような山が見えているけれど、ローマからほど近いリエーティ県で作られていたパスタのようです。

gastronomical season / ごちそうの季節

December 25, 2009

1980France001

23 February 1980, France
French Gastronomical Exhibition, Paris
design & engrave: C. Guillame

Christmas Day.  To whom not really religious or not Christian, this day in the UK is for family gathering, eating and drinking.  Yes, I am full!

This stamp is named ‘gastronomie française’ and shows lobster, roasted meat with gravy, wine, variety of cheese and ‘petit fours’.  I am glad this is not multi coloured – otherwise  I do not want to see this today.

クリスマス。ここイギリスでは、キリスト教徒ではなかったりクリスチャンでも別に教会に行く習慣のない人にとっては、家族や親戚が集まって、昼間からごちそうを食べて飲んで、また食べて飲んで、、、と夜までくりかえす日のようです。わたしも今日は、一日中満腹。

これはフランスの食をテーマにした切手です。小さな切手に前菜のロブスター、ローストした肉とグレービー、ワイン、チーズ、何かゼリーのようなデザートにチョコレートまで、ぎっしり描かれています。こんなにてんこ盛りなのに、精緻な2色刷りですっきり美しいですね。

disappointment / 残念

December 22, 2009


2009 Denmark
COP15
design: Faber + Wildschiødtz
engrave: Skov J. (8 DKK) & M. Mörck (5.5 DKK)

It was a big disappointment that COP15 failed to make substantial agreement on anything really positive.

Stamps are designed higly contemporary, human and intelligent, also there were a lots of discussions on environment and sustainability these years – but world leaders aren’t ready yet facing contemporary wisdoms.  Shame.

コペンハーゲンの環境会議は合意を交わせないまま終わりました。この切手のすばらしく今日的なクールさに対し、世界の指導者たちは地球の将来を左右する叡智にたどり着く準備がまだできていなかったことを露呈。まったくもって残念です。

COP15 / コペンハーゲン国際環境会議

December 14, 2009

2009Belgium001
2009Belgium002
2009Belgium003
2009Belgium004
2009Belgium005

2009 Belgium

COP15 has started last week.  I saw more stamps this year, featuring environmental issues.  Hope those little stamps deliver the important message we all have to share all over the world.

コペンハーゲンの国際環境会議が先週はじまりました。今年、環境をテーマにした切手がたくさん発行されたのを見ました。小さな切手に乗せて、メッセージが世界中に届くことを願います。

British Design Classics / 英国モダンクラシック

December 11, 2009

2009UK002
2009UK003
2009UK004
2009UK005
2009UK006
2009UK007
2009UK008
2009UK009
2009UK010
2009UK001
*exch.015-024

13 January 2009 United Kingdom
design: HGV
from top:
Mini Skirt: designed by Mary Quant, 1960’s
Mini: designed by Sir Alec Issigonis, 1959
Anglepoise Lamp: designed by George Carwardine, 1960’s
Conocorde: designed by Aerospatiale-BAC, 1970
K2 Tekephone Kiosk: designed by Sir Giles Gilbert Scott, 1920’s
Polypropylene Chair: designed by Robin Day, 1962
Penguin Books: designed by Edward Young, 1980’s
London Underground Map: designed by Harry Beck, 1933
Routemaster Bus: design team let by AAM Durrant, 1940’s
Supermmarine Spitfire: designed by R J Mitchell, 1930’s

My best favorite British stamps of this year, 2009 – Design Classics.  Simple and straight forward – with White background and often a face view.  Nostallgic – as Creative Review blog describes, and still are familiar landscape of London. Minis are everywhere, each school has 100 Polypropylene chairs and no. 9 Routemaster is still taking us to Royal Albert Hall.

2009年も終わりに近づいていますが、今年一番のお気に入りをまだ紹介していないことに気づきました。10枚一度に発行されメディアでも話題になった英国デザイン・クラシック。「ノスタルジック」とも言われていますが、これらは今でもロンドンの日常に存在するデザインです。ミニはまだ走っているし、ロビン・ディの椅子はどの学校でも使われ、地下鉄地図もこのまま、少しずつ更新されて使われています。2階建てバスさえ健在。切手は白を背景にしたシンプルな構成で、これ以外に、各デザインを賛美する方法はない、と思わせるデザインです。

an appendix / おまけのイラスト

December 7, 2009

16 April 1998, Germany
‘Hildegard von Bingen’

This stamp was used by a friend of mine from Germany and I enjoy this appendix picture on the rim of a sheet.  It is celebrating a Christian mystic Hildegard von Bingen, who lived form 1098 t0 1179.  The picture seems a tapestry and it depicts a garden, as she was known as herbalist, as well as author and composer – one of her music is on YouTube: from album ‘A Feather On the Breath of God’.

この切手は実際に貼られて届いたもので、キリスト教の女性聖人ヒルデガルト・フォン・ビンゲンを記念した切手でした。絵はタペストリーからとられているようで、薬草学に通じていた彼女がハーブ園で描かれています。作曲家でもあった彼女の音楽は再現され聴く事ができます。YouTubeで見つけたのは「A Feather On the Breath of God」からの一曲

over the perforation / 切り取り線の外

December 6, 2009


4 November 1999, Germany
‘Christmas’

A few friends of mine from Germany share similar taste about stamps – they often leave the frame of a sheet uncut from the stamp.  I do  enjoy this bonus illustration and started to look for Christmas cards from Germany.

ドイツの友人たちはよく、切手シートのフチに描かれているイラストをつながったまま貼って送ってくれます。わたしはこのおまけが楽しみで、ドイツからクリスマスカードが届くのを心待ちにしているのでした。

what a stamp design can do / 切手で伝えられること

December 5, 2009

2006Germany001

2006 Germany
200 years of Blind School & 150 years of Nikolaus Care Foundation

2008Germany001

2008 Germany
100 years of Christoffel-Blindenmission

Two years apart of issuing, I am sure they are done by one designer.  The feature of stamps are both related to care for blind people.  For me, those are the finest examples of computer aided design of contemporary stamps – simple, clear to express the theme and they talk to our emotion.

2年の間隔をあけて発行されている2枚で、同じデザイナーが手がけています。盲人のための施設をテーマに、シンプルな構成ながら、見る人に視覚障害について想像をさせ、そのサポートに尽力した人たちの歴史を讃えている。近年、間違いなく切手もコンピューター上でデザインされていると思うけれど、こんな風にコンピューター処理を効果的に使っている例は、実はあまりないのではないかと思います。

wealth of nature / 水。自然の恵み

December 3, 2009

2001Germany003-2

2001 Germany
Water – wealth of nature

Simple and straight forward – why not?  This should looks good on a pale Blue envelope.

シンプルで何が悪い?水色の封筒に貼って手紙を出したくなる。あ、ドイツまで行かないと投函できませんね、、。

Ice Crystals / 雪の結晶

December 1, 2009

2006USA001
2006USA002
2006USA003
2006USA004

5 October 2006, USA
Christmas

Water forms beautiful crystals when the atmosphere becomes minus zero.  This morning, I had to scrape my car before start to drive – I wish I had time to bring my magnifier to see them.  It was a winter morning and I did not have time!  In ‘the iciest web site in the world’, you can see 12 different patterns of ice crystals recorded in 1902 by Wilson Bentley.

By the way, is it only me to think that it would be graphically nicer if the centre of the stamp is centralised to the ice crystals?

Additional note: Wilson Bentley’s original ‘Photomicrograph’ works are recently in auction and some larger iamges are available here ( on 23 Jan 2010 ) .

今朝、路上に停めてある車のフロントガラスがかちかちに凍っていました。水は氷点下で素敵な結晶を作ります。あわてて融かさないでゆっくり観察すればよかった。冬の朝は、なにかと忙しいですね。ちなみに、結晶の形は温度と水蒸気量のバランスで決まるそうです。大阪市立大学のHPより。

それにしても、この切手のちょうど真ん中に結晶のイラストが配置されたらもっと格好良いのに、、、と思うのはわたしだけですか?

追記:1902年にWilson Bentleyが撮影した’Photomicrograph’という手法のオリジナルの写真が最近(2010年1月23日現在)、オークションに出されてこのサイトで見る事ができます。