Archive for September, 2009

same picture angle / 同じアングル

September 29, 2009

1977Japan006
*exch.025

1 October 1977 Japan
design: Yoshiomi Higashikadoi

Celebrating the 32nd National Athletic Meet in Aomori – so, behind the racer there are Mount Iwaki and Iwaki River.  It seems Japanese stamp designers really like this angle to depict a bicycle racers – same as 3rd National Athletic Meet and Tokyo Olympic stamp.

昭和52年10月1日発行
デザイン:東角井良臣

第32回国体を記念した切手で、開催地の青森にちなんで岩木山と岩木川が背後に描かれています。それにしても、自転車競技選手の描写にはこのアングルから!と切手のデザイナーはいつも思うようですね。過去に2度発行された自転車の切手、第3回国体東京オリンピックとほとんど同じ角度です。

fund raising for Tokyo Olympic / 東京オリンピック募金

September 28, 2009

1963Japan001

11 November 1963 Japan
Tokyo Olympic Games Fund
designer: Hideo Hasebe
engraver: Senkichi Mizutani

One of 20 stamps issued between 1961 to 1964, for raising fund of Tokyo Olympic Games in 1964.  Comparing the first bicycle stamps from 1948, the quality of picture and printing are far better, although it is not well centred yet, though..

昭和38年11月11日発行
デザイン:長谷部日出男
原版彫刻:水谷千吉

1961年から1964年にかけて20種類発行された東京オリンピック募金切手のうちの一枚。1948年のものに比べ、イラストも印刷の質も格段に良くなっています。

First bicycle stamp from Japan / 日本初の自転車切手

September 27, 2009

1948Japan002

29 October 1948 Japan
National Athletic Meet
design: Katsutoshi Hioki

The first set of stamps on theme of sports were issued in 1948.  This bicycle stamp was one of the second set, celebrating 3rd National Athletic Meeting.  Off centred and dull mono colour print, but showing beginning of hope in rebuilding the country, 3 years after the end of the war.

昭和23年10月29日発行
第3回国民体育大会
デザイン:日置勝駿

日本で発行された初めての自転車の切手です。第3回の国民体育大会を記念した4枚セットのうちの1枚。エッジのはっきりしない単色の印刷でずいぶん中心をはずれてもいますが、戦後3年目で国の再建に拍車がかかっているような、そんなスピード感があります。

tunnel under a strait / 関門トンネル

September 26, 2009

1958Japan001

9 March 1958, Japan
Opening of Kanmon Tunnel
illustration: Ren Fukushima
stamp design: Minoru Kuno

One more stamp from 1950’s Japan. This tunnel is crossing the Kanmon Straits between Shimonoseki, Yamaguchi and Kitakyūshū, Fukuoka in western Japan.  The digging of this tunnel begun in 1939, stopped construction during the war, then started again in 1952.  Japanese government said ‘After War era has finished’ in 1955 and this stamp is also showing the country’s mood.  The tunnel is closed at the moment, repair work after 51 years of usage.  I wonder if you still have to push your bicycle to cross this tunnel for 2.3 miles?

昭和33年3月9日発行
原画:福島廉
切手デザイン:久野実

50年代の日本の切手からもう一枚。関門トンネルの掘削工事は戦前の1939年に始まっていたのだそうです。戦争で中断された工事は1952年に再開され、1958年に完成。1955年には「戦後は終わった」という宣言が出されたそうで、そういう工業発展のムードが出ている切手だと思います。51年を経て、現在修復工事中のようですが、今でも自転車は押して歩くのかな?3.6キロの道のり、押して歩くとけっこう長いよね。

Phoenix and little cloud / 鳳凰と小さな雲

September 25, 2009

1953Japan002-2

12 October 1953, Japan
Prince Akihito returned from abroad
designer:  Ryusaku Nakao
engraver: Yoshiro Kawahara

In contrast to the last stamp issued in the same year, it clearly shows that post office paid effort to make this stamp impressive.  OK, it looks good but was it that important to celebrate the young prince had returend from Oxford University?  Anyway, worth to magnify and enjoy.  My eyes are cought by a little cloud floating near the bottom of the Phoenix.  Yes, it was needed to make graphical balance.

昭和28年10月12日発行
皇太子明仁帰朝記念
デザイン:中尾竜作
原版彫刻:河原義郎

同じ年に発行された電燈の切手とくらべると、郵政省がこの切手には手間とお金をかけたようです。皇太子がオックフォードでの遊学を終えたのは、そんなに記念すべき事だったのね。単色ながら、虫メガネで拡大するとその細かい線描での濃淡を楽しむことができる切手。鳳凰のおしりの辺りに浮かんでいるちっちゃな雲がかわいい。構成上そこに何か欲しかったのですね、きっと。

75 years of electrical light / 電燈75年

September 24, 2009

1953Japan01

25 March 1953, Japan
75 Years of Electrical Lamp
illustration: Takeo Shimada
stamp design: Minoru Kuno

Celebrating innovation and development of electrical light – it seems to me its celebrating peace of being allowed to light up their town and homes, after 8 years from the end of the war.  Blur mono colour print shows the country did not afford to take time and monery on stamps.

昭和28年3月25日発行
原画:島田武夫
デザイン:久野実

電燈の発明と発展の75年を祝う切手。戦後8年にして、ようやく各家庭に明るさのもどった象徴であるようにも見えます。線のあまいボケた単色の印刷が、実用品である切手に時間やお金をかける余裕のなかった復興の時代だったことをうかがわせます。

wood industry in Canada / 製材所

September 23, 2009

1952Canada001

1 April 1952, Canada
Forestry Products of Canada
design: Alan L. Pollock
engrave: Joseph Keller

Simple composition, single coloured stamp depicting factory of wood veneer.

シンプルな単色の切手にベニア工場が描かれています。きりっとして素敵な切手。

tools for everyday / 日常の道具たち

September 22, 2009

1982Canada001
1982Canada002
1982Canada003
1982Canada004
1982Canada005
1982Canada006

19 October 1982, Canada
design: Jean Morin

I like this idea of Definitive stamps are giving spotlight on everyday objects.  Stable Lantern for example, hand made with tin.  Fishins spear remainds me native Canadian’s history, which had been heavily relying upon fish.  Skate blades makes me imagine how North the country is.

普通切手に生活の雑器が描かれていると、その国で毎日の生活が大事にされている印象を受け、嬉しくなります。このカナダの80年代のシリーズには厩のランタン、木製のバケツ、風見鶏、魚を穫っていたヤリ、狩猟のためのデコイ、冬の寒さを想像させるスケートなどが描かれ、かつての生活を想像させてくれます。

Swiss rural landscape – 2 / スイス田園風景その2

September 21, 2009

1973Swiss006
1973Swiss007
1973Swiss008
1973Swiss009
1973Swiss010

1973 Switzerland
design: H. Wetli (5c) and H. Hartmann (others)
engrave: H. Heusser

Another set of 5 stamps, I think they were definitives.  Again dark colour lines are in metallic and this time, composition of White and other colours are wonderful.  My best favorite from this set is the top one, with a human figure in the church tower.

スイス70年代の普通切手をもう一セット。濃い色の線はメタリックなインクできりっと凹版印刷されています。このシリーズは背景の白とイラスト部分の対比がどれも美しい。一番のお気に入りは、教会の尖塔に人が立っている一枚目の切手です。

Swiss rural landscape / スイス田園風景

September 20, 2009

1973Swiss001
1973Swiss002
1973Swiss003
1973Swiss004
1973Swiss005

1973 Switzerland
design: H. Wetli (80c) and H. Hartmann (others)
engrave: H. Heusser

I think they are definitives stamps at that time.  Dark coloured lines are printed with slightly metallic ink.  Beautifully illustrated, original design for a series of stamps.  My best favorite stamp from this five is the second from the top.  Crisp Intaglio engrave lines are worth looking in magnifier.

当時のスイスの普通切手だったようですが、濃い線がメタリックなインクで印刷され、背景の色も美しく、この小さな切手のためにオリジナルで起こされたイラストが素晴らしい。このセットで一番のお気に入りは上から2番目の緑の切手です。カリカリと引かれた凹版印刷の線は、虫メガネで観察すると楽しいのです。

Pingu post / ピングー郵便

September 19, 2009

1999Switzerland001
1999Switzerland002

9 March 1999 Switzerland
Pingu: cray animation by Otmar Gutmann

Yellow horn on their hats.  I did not know until I googled about Pingu, that was fist made in Switzerland and shown on TV from 1986.  I had though they were Scandinavian, but from South Pole!  Their UK website is this.  So, this is again, one of Swiss national pride – although animation was directed by German and voice was roled by Italian.

この切手をここに載せるためにグーグル検索するまで、ピングーは北欧のアニメだと思っていました。スイス製の、南極のペンギンだったとは。というか、今のいままでペンギンは南半球にしかいない、という事実を知らなかった、、、。ピングーの日本のオフィシャルHPはこれです。実はドイツ人がディレクションをしてイタリア人が声の出演をしてるようですが、それでもスイスの国民的キャラクターだったのですね。

http://www.sonymusic.co.jp/MoreInfo/Chekila/Pingu/

post bus / ポストバス

September 18, 2009

1937Switzerland001

5 September 1937 Switzwerland
design: B. Reber

National bus service in Switzerland still carry Yellow horn, mark of postal service, as they were born from the vehicles which were carrying post. Just before the World War, it is impressive that Switzerland produced this high quality stamp, if you compare stamps from other countries.

スイス全土をカバーする国営バスは、今でも郵便局の印の黄色いホーンをサインとして使っています。これは、乗り合いバスのサービスが郵便物を運ぶ馬車のネットワークを使って発達したからだそうです。第二次世界大戦直前の1937年にこんな品質の高い切手を発行したスイスは、はやくに永世中立国を宣言したことを誇りにしていただろうなと思います。

national pride / お国じまん

September 17, 2009

2003Switzerland001

30 december 2003 Switzerland
design: Susanne Perron and W. Mohrle

I am a fan of traditional gum stamps and enjoy licking/watering back of them.  I am against easiness or laziness of self adhesive stamps, as well as its tactile feeling – somehow thick and plastic, aren’ they?  Moreover, it is not nice to remove from envelopes. But if the motief of a stamp is interesting or its design is good, I collect them, put on transparent sheet.

This potate peeler is their National pride in Switzerland and I think it deserves it.  I buy them at supermarket in airport on my way back from Switzerland, because they are the best in this function and very reasonable.  Stamp design is not very good, though.

セルフのりの切手よりも、伝統的な水をつけて貼る切手のファンです。セルフのりのあの「簡単でしょう?」とユーザーに歩み寄り、結果として切手の素敵な質感を損ねてる、あのイージーさが好きになれない。封筒から剥がす時も楽しくないですよね。けれど、描かれているモチーフが好きだったり、デザインがよかったらつい買ってしまいます。

このモチーフはキッチンで愛用している野菜ピーラーです。ピーラーではこれ以上に良いものを見た事がない。完璧な機能性でしかも安い。いつもスイスから戻る時に空港のスーパーで買います。こんな道具が切手になると嬉しくなります。切手のデザインとしてはいまいちですが、、。

wooden stamp / 木の切手

September 15, 2009

2004Swiss001

7 September 2004 Switzerland
design: T. Rathgreb / screen printed

A self-adhesive stamp made of real wood.  Thin sliced Fir, about 0.7mm thickness.  It is so simple that they wanted to make a stamp in Wood, but I am not sure if they really needed this printed pattern, which is hiding natural grain.

0.7ミリの厚さのモミの木で作られた切手。よし、本物の木で切手を作ろう!とシンプルに思いついて作った、という感じですね。せっかくの木目を隠している印刷された白い木目が蛇足なような気もします。やはり切手には紙の質感が一番合っていると思うのはわたしだけでしょうか。

A family on bikes under a tree / 木の下の家族

September 13, 2009

2007Swiss001

20 November 2007 Switzerland
illustration by Christiane and Jacqueline Saugy

Another stamp of tree and bicycle.  Not yet researched what this stamp is about, but illustration is done by traditional paper cut method, depicting a family cycling in wood.

木と自転車の切手をもう一枚。何を記念しているのかまだリサーチできていませんが、伝統的な切り紙の手法で木の下をサイクリングする家族が描かれています。

Tree and a bicycle / 木と自転車

September 12, 2009

1990Japan006
*exch.014

30 March 1990 Japan
The International Garden and Greenery Exposition, Osaka
illustration: Ken Kuroi
stamp design: Motoharu Morita

I have not visited this exposition, but news showed me very opposite image from this calm atmosphere.  So, I did not pay special attention of this stamp until I found a bicycle under the tree.  Nice breeze it seems, but not really nice to ride on grass, though.

平成2年3月30日発行
原画:黒井健
切手デザイン:森田基治

国際花と緑の博覧会を記念した切手。この博覧会を実際には訪れていないのですが、この切手の印象とはとても違うイメージを持っていました。木の下に自転車を見つけるまでは気にも留めていなかった一枚。こういう牧草地のような場所は、実はとっても自転車では走りにくいのだけど、、。

mysterious picture / 不思議な図柄

September 11, 2009

1991France001-2

30 March 1991, France
Philexjunes 91-Cholet
design: Maglione

It seems celebrating a Stamp Show for children in Cholet.  But I cannot figure out meatningful connection between Hoop ( and a stick? ), bicycle and a pigeon ( maybe ) with scary eye.  Colours, sepecially little but strong Orange, and their balance between White is appeal to me more than its meaning.

フランスの西部の街ショレで開催された子供のための切手フェアを記念した切手のようですが、フラフープやその中の女の子が手に持っている棒、自転車、目つきの悪いハトの関連がよく分かりません。3色のグリーンとほんの少しの面積だけれど効いているオレンジ、色面と白のバランスが魅力的なのですが。

Poitou-Charentes / ポワトゥー=シャラント

September 10, 2009

1975France002

5 December 1975, France
Poitou-Charentes
design: P. Lambet, engrave: M. Monvoisin

Another regional stamp, which is from middle-Western part of France, Poitou-CharentesNotre-Dame-la-Grande in Poitiers, sea scape with crest of waves and of course grapes.  It seems they are proud of body of women as well.  Beautiful colour and composition in small stamp face.

フランスのポワトゥー=シャラント地域圏から発行された切手。ポワティエの中心にあるカテドラル、ノートルダム・ラ・グランデシャラント=マリティーム県の海、そしてもちろんぶどうが描かれています。中心の川のような図案には女性の肉体美を讃えるようなモチーフもみられ、フランス的。いろいろな要素が配置されつつ、余白が全体を引き締めています。

Champagne-Ardenne / シャンパーニュ=アルデンヌ

September 9, 2009

1977France001

16 April 1977, France
Champagne-Ardenne
design & engrave: C. Haley

Golden champagne is sparkling out a glass.  One of French regional stamps issued late 1970’s shows the area’s delicacy of Champagne-Ardenne, include wild boar, yacht on a lake and grapes.

グラスからしゅわっと溢れるシャンパン – 1970年代後半に各地域の名の下に発行された切手のうちのひとつ、シャンパーニュ=アルデンヌ地域圏。いのししやヨットの浮かぶ湖、ぶどうなど地域の特産が自由な構図で楽しく描かれた一枚。

French spa / フランスの温泉

September 8, 2009

1988France001

19 November 1988, France
le Thermalisme
design & engrave: J. Delpech

Following theme of yesterday – another stamp of water.  Promoting usage of spas.  I like this beautiful colour mixture of Intaglio print.

水をテーマにした切手をもう一枚。温泉利用を推進する切手のようです。凹版印刷のインクの混じったあたりが美しい効果を出しています。