Archive for May, 2009

Maxipes Fik / 育ちすぎ

May 12, 2009

2001CzechRepublic001

30 May 2001, Czech Republic
illustration by Jiri Salamoun

Based on a illustrated children’s book titled ‘Maxipes Fik’, a story of puppy which is grown too soon too large and causes trouble.

子犬がどんどん大きくなって騒動を巻き起こす話の『Maxipes Fik』という絵本からのイラスト。自転車が小さく見えます。

Velocipede / 自転車のルーツ

May 11, 2009

1 October 1983, France
Pierre and Ernest Michaux’s Bicycle
design and engrave: J. Delpech

Issued for centenary of death of Pierre Michaux, who is regarded to be father of pedal-driven bicycle, together with his son Ernest.  Around the same time, Frenchman Pierre Lallement and Scotish Kirkpatrick Macmillan had invented simillar mechanism – Velocipede.  After this era, bicycle was developed to  ‘Ordinary’, which has large front wheel to reduce pedaling speed.

それまで2つの車輪にまたがって地面を蹴っていた乗り物にペダルを初めて考案したピエール・ミショーの没後100年を記念して発行された切手です。息子のエルネストも描かれています。ほぼ同じ頃、もう一人のフランス人ピエール・ラルマンとスコットランド人カークパトリック・マクミランも同じ発明をしたようで、この頃の自転車をベロシペードと呼びます。この後自転車は、ペダル回転数を減らす目的で、前輪の大きなオーディナリーへと発展していきます。

大阪府堺市の自転車博物館HPより『自転車の歴史』

steel kettles / 鉄の茶瓶

May 8, 2009



*exch.003 & 004

8 August 1985 Japan

Traditional Arts and Crafts Series.  Photogravure with engraving depictis refine pattern on kettles, called Nanbu-Tekki, made in Iwate prefecture of North Eastern Japan.

岩手県の産の南部鉄器が描かれた、伝統工芸品シリーズの第5集。グラビアに凹版印刷を重ねて精緻な造形と質感を描き出しています。迫力の鯉のディテールと光と影のようすを拡大してみました。

wild cat or tiger? / 猫それとも虎?

May 7, 2009

1983Korea001

1983 Korea

This was the first stamp I bought for purpose for collection, when I traveled to Seoul in 1991.  Graphically modified beautiful stripy wild cat – in fact, it is a tiger – had its origin from folk painting of Korea.

コレクションの目的で買った最初の切手です。1991年にソウルのおみやげ店にて。凹版印刷のインクの盛り上がりがはっきり見える精緻な図柄と、少しだけずれた色版が愛らしい。トラかヤマネコか — 実は韓国の民芸絵画に描かれた虎でした。

holly square / クリスマスの飾り

May 6, 2009

1992Netherland001
1992Netherland002

30 November 1992 Netherlands
‘stylized Christmas rose’
design by Gielijn Escher

Crispness of frozen air at Christmas time.
寒い国のクリスマスの緊張感が表れている気がします。

Letter Writing Day / 手紙を書こう

May 5, 2009

1998Japan002
1998Japan001
*exch.001 & 002

23 July 1998 Japan
Letter Writing Day
illustration by Dick Bruna

Simple and heart warming.  They certainly make you feel to write to someone.

ブルーナのイラストってシンプルであたたかい。貼って手紙を出したくなるデザインです。

pheasant walk / キジ歩き(走り?)

May 4, 2009

1997China001

5 May 1997 China
Rare Birds  ‘環頚雉’
design: 曽孝濂 & Inga-Karin Eriksson

I like pheasant, the way their tails bob around as they run cross the road.  Somehow I never see them flying.

This stamp was a joint issue between China and Sweden, on theme of rare birds.  Two stamps were issued and this one is depicting Swedish ‘Common Pheasant’.  Swedish stamps of same design has C. Slania’s name printed.

イギリスの田舎でサイクリングしていると、たまにキジが道を横切る。なぜか飛ばずに走って逃げるのだけど、その時に尾が上下に揺れるのを見るのが楽しいのです。

この切手は中国とスェーデンの合同発行で、同時に2枚出されました。スェーデンの切手には凹版の彫り師スラニアの名前が記されているようです。この美しさは、スラニアの技だったのですね。もう一枚の切手も、手に入れたい。

追記:のちに、これは絶滅危惧種だとわかったので、カテゴリーに追加します。

City for all/ すべての市民のための

May 3, 2009

1990Denmark001

5 October 1990 Denmark
Fredericia / City for All
design: K. Bassford
engrave: A. Kühlmann
Intaglio and embossed

A neat graphic and Braille express accessibility of Fredericia,  a town in the eastern part of the Jutland peninsula in Denmark.

きりりとしたグラフィックと点字の組み合せでかつては軍事の要衝だったフレデリシアが公平な街であることを表現しているようです。ちょっと行ってみたくなる。

Industrial Art / 工芸美術

May 2, 2009

Denmark1990002

15 February 1990 Denmark
Museum of Industrial Art
engrave: A. Kühlmann
Intaglio

It must had been made of Silver and Ebony.  I have to visit this museum, Kunstindustrimuseet.
銀器が丹精に描かれた切手。この工芸博物館を訪れてみたくなります。

Sweet world of postage stamps / 甘い匂いの切手

May 1, 2009

2001Switzerland001

9 May 2001 Switzerland
design: R. Shraivogel and Y. Netzhammer

If you rub surface of this stamp, sweet chocolate scent is released.  Foil paper wrapping print is fantastic if you buy a sheet.

切手をこするとチョコレートの甘い香りが漂います。シートで買うと周囲がアルミ箔の包みで囲われ、素敵なのですが、値段が高くなるので諦めました。