Posts Tagged ‘2000′s stamp’

design-it-yourself / オリジナルを作る切手

October 7, 2013

2003UK046
2003UK048
2003UK047
2003UK045
2003UK052

25 March 2003, United Kingdom
Design-It-Yourself ‘Fruit and Vegetables’
designer: Johnson Banks
photographer: Kevin Summers

2003UK059

I am not a fan of self-adhesive stamps normally, but for this set it is appropriate and a great joy to have a lots of sticker parts to choose from.

The only one restriction is not to hide the Queen’s silhouette and 1st class value.  So, the results are my designs, except Mr. Potato, which was one of the examples by the designer.

In 2010 Finland issued a bad copied version of this series – not as cool as this British original design.  What’s going on at the Finnish Post??

2003UK046-2
2003UK048-2
2003UK047-2
2003UK045-2
2003UK052-2

「Design-It-Yourself 」というテーマでシール切手に付属して顔や帽子などのパーツのシールを足してオリジナルな切手を作るシリーズです。女王の肖像とファーストクラスの額面を隠さないよう、という注意書きつき。

普段はシール式の切手が好きではないのですが、シールだから簡単に出来ることでこんな風に遊べたら楽しい。顔パーツを足した切手たちは、じゃがいも君以外はわたしのデザインです。

2010年にフィンランド郵便がこのシリーズのコピーを発行したのには驚きました。しかもイギリスのオリジナルよりダサい。デザインを売りにしている国の郵政が、何をしてるんだ〜?

finally summer / やっと来た、夏

July 16, 2013

2007UK024
2007UK025
2007UK026

15 May 2007, United Kingdom
Beside the Seaside
design: Phelan Barker

Finally we have summer here in the UK for the last 7 days.  Blue sky! Ice cream!!  Our hydrangea has survived a long cold spring and is just starting to bloom now.

The negative side of summer here is; melting roads, steaming Underground and buses and expanded rails – all making our travels nasty…  I thought about beaches, but have not been there yet.

なんだかずっと寒かったのに、一気に暑い夏になりました。急だなぁ、それにしても。ともかく、青い空とアイスクリームを楽しむ日々は嬉しい。庭のアジサイもやっと咲きはじめたところです。

ところで、イギリスは暑さに弱いのです。地下鉄やバスは冷房がないのでものすごく蒸し暑く、道路は舗装が溶けてぷちぷちと泡を出し、レールが伸びて列車が遅れ、、。浜辺のことを考えないでもないけれど、風の通り抜ける家でじっとしているのが、じつは一番涼しいのでした。

communication tools / 通信ツール

March 6, 2013

2000Korea001

2000 Korea
‘Cyber Korea 21 Century’

It was three months ago, on 3 December 2012 – the morning radio program was interviewing a man, a former researcher for Vodafone, who had sent the world’s first text message to a mobile phone in 1992.  The program was celebrating the 20th birthday of SMS.

This stamp shows the communication tools in 2000.  After only 13 years, we rarely see this type of telephone handset these days, handle CD format data less and less, and also the mouse has evolved.  The appearance of physical products don’t stay long, but “@” has been surviving well and we will keep it for a while.. won’t we?

ほぼ3か月前の昨年12月3日、朝のラジオで、20年前に世界で初めて携帯電話へのSMSを送った英国人がインタビューされていました。テキストメッセージを使わない生活はもう想像できないぐらいですが、そういえば今ほど頻繁に使うようになったのはここ4〜5年ですよね。

この切手は2000年に発行された「21世紀のサイバー韓国」。まだ13年しか経っていないのに、こんな形の受話器はもうほとんど見ないし、CDも以前ほど使わなくなり、マウスの形すら進化しています。@マークだけは生き残っていて、これだけはもうしばらく使いそうですよね?そうでもない??

nyoro nyoro / にょろにょろ

January 7, 2013

2008UK014

11 March 2008, United Kingdom
St. Patrick‘ in a sheet of Celebrating Northern Ireland
illustration: Clare Melinsky / design: Silk Pearce

Kune kune is mostly for a single object swaying or winding.  When more than one object are together going kune kune – that is nyoro nyoro!!

The third stamp of this year is from the UK, showing St. Patrick – with three snakes nyoro-nyoro-ing behind columns!  In the legend, St. Patrick was attacked by snakes when he was doing his ’40 Day Fast’ and he chased them into the sea and banished all snakes from Ireland…  Well, modern research tells us different reasons why no snakes are found on the island.

「くねくね」している生き物が集まって一緒に動いている様子が「にょろにょろ」ー という定義をしてみました。そんな感じがしませんか?

2013年の3枚目の切手はイギリスから、北アイルランドの聖人パトリックを描いたもので、背後ににょろにょろと3匹。伝説では、聖人が断食の行をしている時にヘビに襲われ、彼がヘビたちを追いつめて海に落としたのでアイルランドにはヘビがいない!のだそうです。けれど、アイルランドやグリーンランドは南半球のニュージーランドや南極大陸と同じようにもともとヘビが生息していないらしい。海を渡れなかったのですね。

sitting on a goose / 150歳を記念して

November 27, 2012

13 November 2008, Germany
Nils Hogersson on Goose
150th birthday of Selma Lagerlöf
illustration: Wilhelm Schulz

Another stamp to feature a scene from “The Wonderful Adventures of Nils”, and this is celebrating the 150th birthday of Swedish author Selma Lagerlöf.  This popular story for children was published in 1906.

I saw a group of birds in a V-shape, traveling towards the South of Tokyo, beside the Tama River.  I imagined sitting on one of them again, thinking that mountains, coastlines and rivers must be the guides for their long journey – but how do they remember all of those?

セルマ・ラーゲルレーヴの生誕150年を記念したドイツの切手にも『ニルスの不思議な旅』のひとコマが描かれています。原作の発表は1906年。このイラストが、その当時にすでに使われていたものかどうかは不明。

先日多摩川の河川敷にて、南に向かうV字編隊の渡り鳥を見ました。またもや、鳥の背に乗る小さな男の子の気分で「空の上から見る、川の描く地形は彼らのナビに違いない、、でもどうやって記憶している?」と想像をたくましくしたのでした。

microphone and TV / マイクとテレビ機器

September 29, 2012

15 November 2001, Japan
50th Anniversary of Private Commercial Broadcasting
design: Akira Tamaki

In the early times of TV news broadcasting, the microphone was prominent – although news-readers are no longer talking to microphone these days, it being hidden or at least discreet.

I like this almost stoic stamp showing early TV equipment, together with the shape of a TV screen in the three primary colours, and the old style ending title of a program.  In my memory this shape of TV screen is familiar, but current TVs are all rectangular with a lot more width than height – cinema proportions, almost.

平成13年11月15日発行
民間放送50年
デザイン:玉木明

初期のテレビ放送ではニュースキャスターもマイクロフォンを前に話していましたよね?ピンマイクと無線レシーバーがある今は、もうテレビ画面に写らなくなりました。

ほとんど「禁欲的」と呼べそうなデザインのこの切手は、レトロなマイクとかつてのテレビ画面の形を描いていてお気に入りの一枚です。額面の入っている一番下の画面は、かつて放送終了後に流れていたエンディング・タイトルの印象を再現したとか。こののちに、ざーっと砂の流れるような画像と音に変わって、うたた寝から目覚めていたのでした、、、。

Diving / 飛び込み

August 11, 2012

2009UK033

22 October 2009, United Kingdom
Olympic and Paralympic Games 2012
designed by Julian Opie ( born 1958 )

During this Olympic games I watched several sports which I was not familiar with.  One of them was Diving – throw oneself from a high board, perform acrobatic rotations or twists within a second or two and enter the water with minimum splash… the TV cameras showed great details of control of muscles in the air.

My first feature of a stamp on London 2o12 Olympic Games is designed by an artist, Julian Opie, who is good at capturing flexible movement of the human body.

大企業の過剰コマーシャルにはうんざり、と思いつつも、これだけ盛り上がるとやっぱり観てしまうオリンピック。普段あまり目にしない競技で思いのほか楽しんだのは「飛び込み」です。特に、細やかな筋肉の動きがあちこちから狙う望遠カメラで仔細に映し出され、飛び込み台の高さを実感できるのもおもしろかった。選手たちが揃って男前だった、というのもありますが、、、。

という訳で、今年のオリンピックを取り上げた切手として、最初にジュリアン・オピーのこの一枚を紹介します。たくさんの選手を観たのちに、この線描は良くしなやかな動きをとらえているなぁ、と感心したので。

Bravo Wiggo / 初の英国人ツール勝者

July 24, 2012

16 July 2002, UK
17th Commonwealth Games, Manchester
design: Madelaine Bennett

Bradley Wiggins has become the first British winner in the history of the Tour de France.  It was really exciting to watch him winning the individual time trial stage on day 19 – even when he knew he was the winner of the Tour, he did not stop pushing his bike faster!

This stamp is showing the Team pursuit, in which Wiggins won the silver medal at the Commonwealth Games, held at his home ground of the Manchester Velodrome.  I am just imagining one of the three racers might be Wiggo.  His career was built step by step since that time, adding mountain climbing skills on top of his talent in the time trial – a sport of solitary effort.  After all of those endless trainings, team work and physical and psychological support, he has been drawn as a Bicycle Saint by howies!

イギリス人初のツールドフランス優勝者になったブラッドリー・ウィギンズ。19日目のタイム・トライアルでは、もう勝者だと分かっているのに全力で駆け抜けてステージ優勝までして、ノリにのっている感じでした。

この切手で使われているのはウィギンズが頭角をあらわし始めた約10年前の団体追抜競技( Team pursuit )の写真です。2002年コモンウェルスゲームズで英国は銀メダルを穫ったので、写っている選手の一人がウィギンズだったとしても不思議はないです。もともとトラック競技のタイムトライアルに強かったウィギンスは、ロードレースに必要な坂道でのスキルを少しずつ身につけ、チームメートに助けられ、32歳にしてツールの勝者となりhowiesのTシャツではとうとう聖人に!

paralympic games / パラリンピック

June 25, 2012

22 October 2009, United Kingdom
Olympic and Paralympic Games 2012
Paralympic Games: Equestrian
design: Andrew Davidson

In busy London, Wimbledon has started today.  Then it’s 31 days to Olympic games and 64 days to Paralympic games…  My studio is located on the edge of the ‘Olympics event zone’, and the area is dedicated for authorised staff car parks.  It is easy to imagine that total chaos is coming soon!

Three related sets of stamps were issued for the Olympic games since 2009 – less than half of them I like.  Then I realise that the ones I like are mostly for the Paralympics.  So, I started to look up the details of sports in those games.  In the Equestrian events, people who started this sport for rehabilitation from Cerebral palsy will exhibit their developed skills, for example.

Not just for top elites of pro sports or mere nationalism, it will be very interesting to watch the results for people with a different type of motivation.

Paralympic Games: Archery
design: George Hardie

今年のロンドンはイベント続き。今日からウィンブルドン、31日後にオリンピックの開催、64日後には同じ会場でパラリンピックが行われます。わたしの仕事場周辺は「オリンピック・イベントゾーン」と名付けられ、先週末から関係車両の路上駐車区域になりました。通勤に時間がかかりそうな、、、。

オリンピック関連の切手は今までに3セット出されていますが、心おどるような素敵なのはまだ出ていないのです。そしてよく見ると、気に入っているのはほとんどパラリンピックの切手でした。そこで始めて、パラリンピックについて何も知らないことに気付いて、競技ルールや参加資格を読んでみました。たとえば、馬術競技は脳性麻痺のリハビリのためにこのスポーツを始めた人や、日常的に車いすを使う人たちが参加します。

スポーツ界のエリートが繰り広げるパフォーマンスや愛国心とは対照的な、もっと個人的なストーリーをパラリンピックでは観ることができそうです。

national celebrations / 国家的お祝い

June 2, 2012

18 April 2006, United Kingdom
80th Birthday of Queen Elizabeth Ⅱ
design: Sedley Place
photo: Enschedé

We are in the four days National holidays to celebrate the Queen’s Diamond Jubilee – 60 years since the coronation.  Many shops in town have window displays dedicated to this event and the radio is playing pieces of music written for historical monarchs and the Royal family.  It is a bit too much for me, this National feature of the flags and crowns in town!

But I like the Queen and stamps with her portrait or silhouette – hoping not to lose her for many years to come – this is my celebration of the Jubilee.

I especially like the Queen’s sunny smile (1972) on top – and both young (1951) and mature (2001) charming smiles.  As they feature the Queen’s portrait, they have no silhouette as you normally find on British stamps.

This link is showing 60 pictures of the Queen since 1953.


女王の戴冠60年を祝う4連休が始まりました。街ではたくさんのパブや店がお祝いの飾り付けをして、ユニオンジャックがひらひら舞い、王冠モチーフがショーウィンドーに飾られています。ラジオでも朝から歴代の君主に捧げられた曲がかかり、、、過剰なお祝いムードに少し食傷気味。

でも女王は好きだし、女王の肖像やシルエットの入った切手がすっかり当たり前になっていて、もう少しこのままがいいな、、と思うので、このポストで個人的にお祝いします。

このシリーズは6年前に、女王の80歳の誕生日を祝って発行されたものです。1972年(46歳)のサングラスでおおらかに笑っている女王が一番のお気に入り。1951年(25歳)と2001年(75歳)の50年を経てもチャーミングな笑顔も素敵です。

このBBCのニュースで女王の戴冠から現在までの写真がスライドショーになっています。

oxidized silver love / いぶし銀の♡

February 13, 2012


*exch. 053 ( one mint only )

6 February 2001, United Kingdom
Love
design: Springpoint Design

Since I arrived to Tokyo last week, I have been seeing a lot of ‘hearts’ floating in window displays, on greeting cards, balloons attached to temporary chocolate stands – yes, St. Valentine’s Day! Here in Japan, 14 February is a big day, when women are able to express their love to men with a package of chocolate.  In fact, a lot of little ribboned boxes are given to male colleagues, male teachers, fathers, grandfathers and even sons.

I admit that those bubbly hearts cheer up this cold winter towns, and also make you to think about delivering your love.  But I think that love can be expressed every day, not necessarily with floating pink hearts, but with something subtle and blended into your daily life – something like in this oxidized silver.

This is my favourite set with hallmark letters on sliver and nice patina.




*exch. 054
*exch. 055 ( one mint only )
*exch. 056 ( one mint only )

Thanks
Welcome
Cheers

明日はバレンタインデー。赤やピンクのハートがあちこちにディスプレイされている光景を久しぶりに見ると懐かしく、中学や高校の頃はこの時期に本当に緊張したよなぁ、、、と遠い記憶がよみがえったりしています。この寒い中、街がハートでにぎやかになるのも悪くないけれど、なんだがふわふわしている。この切手のようないぶし銀のほうがしっくりくる大人のハートもあるんじゃないかな、と思ったのでした。

このグリーティング切手のシリーズは銀をはじめとする貴金属細工の加工メーカーや品質保証の刻印を模して文字を並べたもので、遊びごごろのある文字の配置と使い込まれた銀器の質感がかっこいい、お気に入りのセットです。

「あなたを大切に思っています」という気持ちは、刻印のようなひかえめな表現でいいから、毎日の暮らしで折りにふれ伝えるのが一番ではないかな、と近ごろ思うようになりました。

Rabbit out of Hat / 手品うさぎ

December 27, 2011

15 March 2005, UK
‘Centenary of the Magic Circle’
design: G. Hardie and Tatham Design

I met a Japanese magician this summer, who told me about the Magic Circle, where he performed sometime ago.  I remembered the story now, because I found this set of stamps, which are celebrating the Magic Circle’s 100 years.

Following their tradition with a top hat and a tailcoat, these pop designs recreate nice visual illusions within small stamps – pity you cannot rub digital images, but I feature one which I scratched with a coin.




I have ‘head’ of the coin, not ‘tail’.

The year of the rabbit is ceasing in four days.  I have this feeling that a year gets shorter and shorter – is it proving the fact that I am getting older faster!?

この夏東京で出会ったあるマジシャンが、ロンドンにあるマジック・サークルで公演した時のことを話してくれたのを、この切手のタイトルを探していて思い出しました。そのマジック・サークルの100年の歴史を2005年に祝っていたのでした。

燕尾服やシルクハットという伝統も描きながら、デザイナーはこの小さな切手で出来る紙面トリックをいろいろな手法で試していて面白いです。画像をこすってもらうわけにいかないので、わたしがコインで引っ掻いたのちの画像も載せます。

うさぎ年もあと4日で新しい年に変わります。なんだか、一年がどんどん短くなっていくと感じるのは、わたしの加齢が加速しているのか!?とちょっと焦る年末なのでした。

spaceship interior / 宇宙船内部

November 1, 2011

2004Belgium004

4 November 2004, Belgium
Explorers on the Moon‘ by Hergé, 1954

I like this interior colour – Hergé must have been influenced by his contemporary designers, such as Jean Prouvé.  Design details for light weight structures and round corners of drawers, dots on the floor… they all are reflecting the atmosphere of that time.

Why do I categorise this in ‘kawaii/cute’? – the back view of Snowy… his skinny neck is so cute!

月世界探検』に出てくる宇宙船のインテリアの色合いが好きです。作者のエルジェは、間違いなくジャン・プルーヴェなどの同世代を生きたデザイナー達の仕事に影響を受けていたと思います。軽量化のための穴、角の丸い引き出し、床の丸い模様など、どれも時代の空気を感じさせてくれます。

そして、スノーウィーのほっそりした首の後ろ姿がかわいいので「kawaii」カテゴリーに。

Tintin 3D / 立体タンタン

October 30, 2011

2004Belgium002
2004Belgium003

4 November 2004, Belgium
clay figure, sketch and illustration by Hergé (1907-1983)

In fact Hergé worked on 3D films and made clay figures for ‘Destination Moon‘ in 1953 and ‘Explorers on the Moon‘ in 1954.  The sketch shows his detailed design for that evocative Red & White checkered spaceship.

Then the Belgium post released a set of stamps which shows his Black & White stop motion animated film of 1947, based on his illustrated book of ‘The Crab with the Golden Claws‘ of 1941.

So – it’s not hard to think that he imagined quite a detailed ’real’ version when Spielberg told him his ideas about filming Tintin.  Was the concept of digital 3D indicated at that time already?

2004Belgium006
2004Belgium005

タンタンの原作者エルジェはかなり初期から、絵本のフォーマットを越えて先に進むことを考えていたのですね。この2004年の切手には、1953年の『めざすは月』と1954年の『月世界探検』のために作られたフィギュアが作者とともに載っています。宇宙船の詳細なスケッチにも、立体的な世界を構想していた跡がみられます。

そして今年、たぶん3D映画化にあわせてベルギー郵便から発売された切手シリーズには、1941年にすでに作られていたストップ・モーション撮影によるアニメ映画『金のはさみのカニ』の一コマが。白黒でしっかり影が出ていて、雰囲気があります。

彼が亡くなる前にスピルバーグが訪れて「実写タンタン」の構想を伝えた時、エルジェとスピルバーグはデジタルによる3D化の可能性も話したのでしょうか?

run to a cinema? / タンタン3D?

October 25, 2011

2000France001

11 March 2000, France
Tintin and Snowy
illustration by Georges Rémi ‘Hergé’

Yesterday and today are the world premiere of ‘The Adventure of Tintin – 3D‘ – the movie is shown in the cinema from tomorrow.  I watched YouTube clip of the trailer, also the channel 4 feature… well, rushing to a cinema?  Ummm… I realised that I am a fan of those distinctive black line drawings and well-chosen colour compositions.  I am not sure if I am keen to watch the 3D.  Is it a too conservative opinion?  Should it be good because it is directed by Steven Spielberg?

昨日と今日がワールド・プレミアで、明日から公開される『The Adventure of Tintin – 3D』。さて、映画館に走るべきなのか?トレイラーとチャンネル4のニュースまで観たけれど、スティーブン・スピルバーグがタンタンを「ティンティン」と発音するのにいちいちひっかかって困りました。タンタンだもん!そして気付いたのです。わたしはあの黒い線描とマットな着色が大好き!ということに。3Dなぁ、、、こんな困惑は保守的すぎますか?

big appetite in autumn / 食欲の秋

October 6, 2011

2005Sweden003
2005Sweden002
2005Sweden001

10 March 2005, Sweden
Europa / Gastronomy
design: Jenny Halling Sjostedt

There is a saying in Japan that your appetite grows in autumn.  Yes, I have eaten a lot in Istanbul last week and now here in Tokyo.  My appetite will be more developed in Hiroshima in the next week, then I will start to miss my everyday meal in London.

This is the third radish stamp in my collection.  In Europe, now is the time to make preserved food, the grace of forest.

食欲の秋、というのは本当だなぁと思います。どうしてこんなにお腹が空く?と不思議になるほどです。仕事をしていたらお腹が空いて当然だけど、なんにもしていない移動待ちの半日とか、そんな生産的でない夕方にもぺこぺこにお腹が空くのはちょっと理不尽な気がする。

赤カブを描いた切手がもう一枚ありました。スウェーデンの秋の味覚と保存食作りの切手。ヨーロッパでは秋の味覚は大事に保存され冬を越す食料になります。

100 years scouting / ボーイスカウト100年

August 14, 2011

27 April 2007, Switzerland
Centenary of Scouting
design: Marc Waller

Another triangular stamp – in the shape of a tent.  I would imagine that in the early time of scouting, boys and girls were not together in a tent!… now they are happily on one site and enjoying new freedoms.

Each face pictured here remainds me someone I know – it is strange, though.

三角切手をもう一枚。図柄はちょっとあか抜けないけれど、テントの形の見立てが面白いと思います。100年前はきっと男子と女子は厳格に活動が分かれていたのだろうけれど、、、今はさすがに、男子と女子、いろんな人種が交流しているよ、と切手で訴えている感じもあり。

それにしても、描かれているどの顔もわたしの知っている誰かと似ているのが、、、変な感じです。

coastlines 2 / 海岸線 2

April 22, 2011





19 March 2002, UK
‘Coastlines’
Photography: Richard Cooke

Another five stamps complete the set.  Again, a variety of coastlines are shown – characteristic chalk cliffs, sunbathing people on beach, beach huts lined up, sailing boats, and a coast road alongside old mining industry.

Although I am not a great fan of stamps with photography, I have to admit photoraphy has the power to stop a moment and show us documentary fact.

この「海岸線」切手は10枚で1セットです。残りの5枚も載せます。切り立った石灰岩の崖、ビーチで日光浴する人たち、海辺の小屋が並ぶ海岸、浅瀬を迂回するボート、古い採鉱跡地。

写真が使われた切手はどちらかというと好みではないのですが、写真は「瞬間を切り取って」事実をみせてくれ、自分の住んでいる地球のことを教えてくれることに改めて気づきます。

coastlines / 海岸線

April 17, 2011





19 March 2002, UK
‘Coastlines’
Photography: Richard Cooke

Coastlines are cultural interfaces between ‘native’ and ‘overseas’.  This set of stamps with aerial photos around the British Isles are showing geographical fact and the lives of people, who protected their land from invaders, the ports for importers and fishermen to bring food, as well as the farmers working on flat land.

This series of satellite photos from the New York Times show us that the Tsunami has taken thousands of lives from the East coast of North Japan, and had destroyed history and culture alongside a long section of the coastline.

海岸線は単に海と陸の境界線というだけでなく、海を越えて人がたどり着く場所であり、攻めて来る敵から土地を守る人びとの戦いの歴史があり、物資が運びこまれ食料の魚が集まる港、平坦な海岸沿いには農家が作物を植えて、、、と、この切手の航空写真を見るだけでも豊かな文化が育まれる場所だということがわかります。

ニューヨーク・タイムズに掲載されたこの衛星写真は、津波が一瞬にしてたくさんの命を奪い、同時に海岸沿いに豊かに育まれていた歴史や文化をめちゃくちゃに壊していったのだ、という事実をわたしたちにつきつけます。

hazardous? / 体に害?

February 15, 2011

2000Israel001

2000 Israel

Finally, the power of the people removed the Egyptian President.  Israel, which is sharing a border with Egypt is concerned about the future of its neighbouring countries.

This stamp was issued 11 years ago, not concerning the communication and networking which mobile phones are offering now, which are contributing towards change, but rather the so-called ‘micro wave effect’ to your brain, I guess.  It was discussed for a while, but we all forgot about it by now, didn’t we?

親イスラエル派だったムバラク大統領がとうとう退陣し、隣国イスラエルではエジプトの今後の動きと、近隣国の追随を気にかけているようです。

11年前に発行されたこの切手は、今回の政変のようなソーシャル・ネットワーキングでの結束やコミュニケーションの力を懸念したのではなく「電子レンジに頭をつっこんだみたいな」と表現されていた脳への影響などに警告を発しているものと思われます。携帯電話のない生活が想像できない今となっては、みんな忘れてしまってますよね?

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 3,585 other followers