Archive for the '-print: intaglio' Category

with a suit of armour / 甲冑をまとって

March 30, 2014

1970Sweden008

6 April 1970, Sweden
Seal of Duke Erik Magnusson
design & engrave: Heinz Gutschmidt

I did not post any stamp for a month and a half – I had been living with a great anxiety about my first long trip to Japan since I had medical treatment last September.  I had my Meningioma, a type of tumour, removed in a long operation. It had been growing for many years just behind of my left eye.  After that I had Gamma Knife surgery, a type of radiotherapy treatment.  When the doctor said I was OK for long flights, I booked my trip to see my family and friends, who had been concerned about me.

Psychological preparation before the departure was more difficult than the bag packing – Anyway, I did make a trip, saw loving people and got back to home.  I could not contact many people who were worrying about me – but it was all I could do to complete this first mission after half a year, without fainting or getting worn-out too badly…  I needed a full suit of armour and a crested horse ( my partner who supported me during this trip ), really.

ひと月半、更新していませんでした。

去年の9月と12月に、長い時間をかけて左目の後ろに育っていた髄膜腫という名前の腫瘍を摘出する手術と、ガンマ・ナイフと呼ばれる放射線治療を受けました。2月初旬に経過も良く長時間のフライトも大丈夫と医師に言われたので、日本で心配していた家族に会いに帰る旅程を立てたのだけど、出発前になっても気がかりな「疲れやすさ」がほとんど改善されていなくて、こんな状態で旅行して大丈夫だろうか?と不安におそわれ、かなり凹み。

ともかく、できるだけ予定に縛られないよう、休みながら移動するように調整しながら、東京ー広島を往復し、ロンドンまで戻りました。心配してくださっていた多くの方たちに、帰国中に会えなかったことが心残りなのですが、、、ともかく倒れたり寝込んだりしないで旅を終えたことをご報告します。今思うと、旅行中はこの切手のような甲冑をまとった騎士のような気分だったなぁ、と振り返りながら。一緒に旅行してくれたパートナーが、同じ紋章をまとった馬だったような、、、。

flower and horse / 花と馬

February 13, 2014

1975Czechoslovakia008

5 September 1975, Czechoslovakia
Biennial Exhibition of Book Illustrations for Children
“Horseman” by V. Munteanu
design & engrave:  J. Schmidt

OK, tomorrow is St. Valentine’s Day – already!  Time flies.  Although I am still featuring horses, yet a flowery one for tomorrow.  But somehow, this horse has eight legs and the man on it has a gun…

Anyway, have a happy Valentine!

あっと気付くともう明日はバレンタインデーです。月日が経つのがとても早い。まだ干支の馬の切手を紹介しているのだけど、少し浮いたデザインの、花に囲まれた馬を。けれど、よく見るとこの馬には脚が8本あって、白い衣の「馬上の人は眉間にしわをよせて銃をかまえている、、、。

ともかく、すてきなバレンタインデーになりますよう。

bugle horn and horse 3 / 馬と角笛 その3

February 10, 2014

1986Sweden002

20 February 1986, Sweden
350th Anniversary of Post Office
designer: G. Österlund
engraver: Z. Jakus

The delivery man is blowing the bugle horn with all his might, and – very rare to see a horse with scary eye.

1986Sweden002-2

郵便事業の350年を祝う切手。配達夫はほっぺをふくらまして思いっきり角笛を吹いていて、、、そしてとても珍しいのだけど、馬の目が怖いです。

bugle horn and horse 2 / 馬と角笛 その2

February 9, 2014

1958Romania001

15 November 1958, Romania
Centenary of First Romanian Postage Stamps
design & engrave: S. Zainea

Celebrating 100 years of postage stamps – and the bugle horn and horse were the main delivery method still at that time.

ルーマニアの郵便切手発行100年を記念する切手。切手が発行され始めた19世紀の中頃も、まだ馬と配達夫の角笛が活躍していたようです。

horsepower mail coach / 三馬力の郵便荷車

January 23, 2014

1971Sweden005

28 September 1971, Sweden
engraver: Czesław Słania

Speed was one of the reasons why horses had been used for transportation, obviously.  So, they were the main motive power for the postal services, too.

This great piece of work by the engraver Czesław Słania shows, the express-speed of a three horsepower wagon with postal horn mark on.  You may hear the creak noise together with the clatter of hoofs.

1971Sweden005-2

荷物や情報を運ぶために馬が使われた理由が、その速さであることは明らかです。手紙を運ぶ郵便事業も、始めは馬脚に頼っていたのでした。

凹版彫刻師のスラニアが手がけたこの切手は、3頭の馬が引っぱって疾走する角笛のマークのついた郵便荷車を描いています。ひずめの音が聞こえてきそうな、馬が地を蹴るスピード感の表現がすばらしいです。

rural landscape and horse / 田園と馬

January 20, 2014

1946Sweden001

8 June 1946, Sweden
Centenary of Swedish Agricultural Show
designer: O. Sköld
engraver: S. Ewert

According to a book titled “What on Earth Happened?”, churches owned horses and cleared a lot of woodland, then rent those reclaimed land to farmers – that was the largest force of destruction of ancient forests in the Medieval Europe.

This Swedish stamp is showing a mother horse and a pony in the agricultural field – it rather looks peaceful now, though.

馬の登場を人間の歴史の重大なターニングポイントに数える歴史の本『137億年の物語』は、中世のヨーロッパで教会が馬を所有して森を開墾し、農地を農民に貸して巨大な収益を上げ、それを元に壮麗な聖堂を建てたことを語ります。

今は平和に見える「馬の居る田園風景」ですが、中世のヨーロッパから森が消えた理由はそこにあった、という説もあるのですね。

ploughing horse / 鋤を曳く馬

January 10, 2014

1994Sweden001
1994Sweden003

17 January 1994, Sweden
North Sweden Horses
designer: L. Hasselberg
engraver: L. Sjööblom

About 6000 years ago, the ancient people started to domesticate horses.  Around 10th century in Europe, people started to use horse powered plough and that helped to speed up cultivation.  Until the tractors were invented in 19th century, horses provided power for agriculture and supported increasing population on the earth.

North Swedish horses have long mane and gentle eyes in these stamps.

およそ6000年前ごろに、馬が家畜化されはじめたようです。そして中国で発明された金属製の鋤(すき)と中東の遊牧民が考案した頸輪(くびわ)が10世紀ごろヨーロッパに伝わり、馬を使って畑を耕すスピードがぐんと上がり、穀物の収穫が増えて多くの人口を支えられるようになった。19世紀にエンジンを搭載したトラクターが登場するまで、馬は重要な動力源だったのですね。

北スウェーデンの馬はタテガミがふさふさで、優しい目をしています。

dark days.. / 昼も暗い、、

December 23, 2013

1953Iceland001

12 February 1953, Iceland
“Reykjabók” manuscript with candle
design: S. Jónsson

It was stormy day today and even at noon I needed a desk lamp to read.  I imagined how dark the inside of a house was before electricity was invented – and even worse in parts further north than here in London.

I found a candle light reading picture on an Icelandic stamp and the rumpled book is a manuscript from 14th century.

今日は嵐の一日で、昼間でもデスクランプを灯さないと本も読めない暗さでした。電灯が発明される以前の、ここよりも北のヨーロッパの冬がどれくらい暗かったかを想像します。

このキャンドル読書の切手は、なんだかよれよれの本が置いてあるけど、、と思ったら14世紀の手書きの本が描かれていました。ランプもその時代のものかな?

winter solstice / 冬至キャンドルナイトは?

December 22, 2013

1970Denmark001

4 May 1970, Denmark
25th Anniversary of Liberation
designer: P. Christensen
engraver: C. Slania

Today is the winter solstice day.  I have been looking for information on ‘Candle Night‘ – a series of campaigns for saving energy by switching off all electric lights between 8-10pm on the summer and winter solstice day.  It seems the campaign was finished in 2012 and is not happening today.  Why??  It’s very nice to spend time with candle light!

This Slania engraved stamp is imitating a wood carved print – primitive and toasty.

今日は冬至。あれ?今年は「100万人のキャンドルナイト」のことをツイッターとかFace Bookで見ないな〜と思ったら、10周年だった去年で終わったのですね。世界的なキャンペーンになって、近年は東京タワーほかたくさんの建物のイルミネーションが消されたのに、どうしてもっと続けないのかな。ろうそくの火で過ごす時間は素敵なのに。

巨匠スラニアが彫ったこの切手は、木版印刷の雰囲気を凹版で再現していて、暖かみがあります。

African intaglio prints / アフリカ凹版切手

September 24, 2013

1962Gabon001
1962Gabon002

1962 Gabon
grapefruit & coconut

Many African stamps have influences from their old suzerain country and many intaglio stamps are made with the influence of French postal history.  In my ‘print: intaglio‘ topic, I featured five African stamps in the last three months.

These stamps are made with a creative sketch style engraving and a radical shape.  They look exotic and seasonal.

アフリカの切手からは、植民地時代の宗主国の影響が強く読み取れます。このガボンからの切手はフランスの凹版切手の影響が強く、「print: intaglio」のここ3か月に掲載した5種類のアフリカの切手もすべて元フランスの植民地の発行でした。

この2枚はスケッチ調の力強い彫刻と三角形のモダンな形のバランスが良く、アフリカらしい風物の切手です。

hair comb 2 / 髪に櫛 その2

September 20, 2013

1947Martinique001

2 June 1947, Martinique ( overseas region of France )
designer: Lemagny / engraver: Achille Ouvré

I looked in my collection for any African hairstyles with combs – not from Africa, but I found this one from the French island of Martinique in the Caribbean Sea.  This lady’s fabric decoration is connected to her hair by a slim comb.

In the exhibition of “Origins of the Afro Comb”, you can learn about modern Afro Combs which are used to celebrate African identity of emancipated slaves in those Caribbean islands as well as in the USA and Europe.

ケンブリッジで観た展示会『Origins of the Afro Comb』に出てくるような櫛が描かれた切手はなかったかな?と探していたら、カリブ海にあるフランスの海外県の島マルティニークから発行されたこの切手がありました。髪に巻かれている布が、細身の櫛で留め付けてあります。

Origins of the Afro Comb』展では、黒人奴隷としてカリブ海やアメリカ、ヨーロッパに連れて来られた人たちの末裔が人権や生活を守る行動を起こした時に、故郷であるアフリカの文化を伝えたスリムな櫛を象徴として使ったことが展示されています。

backstroke / 背泳

August 20, 2013

1965Mali001

1965 Mali
African Games at Brazzaville

One more swimming stamp from Republic of Mali, issued for a celebration of African Games in the capital of Congo.  Another simple intaglio stamp with vivid colours and dynamic movement.

泳いでいる女性の切手をもう一枚、アフリカ北西部のマリ共和国から。コンゴの首都ブラザヴィルで開催された、アフリカ競技会を記念した切手です。これも凹版印刷の色合いがきれいな、さわやかな切手。

beach holidays / 海の夏休み

August 17, 2013

1956Canada002

7 March 1957, Canada
Canada – All Seasons Playground
designer: Laurence Hyde / engraver: Yves Baril

Another visual chill-out from Canada, where I found many cool stamps are from.  The girl is having great time in the water!

1956Canada002-2

I like these crisply engraved single coloured stamps with geometrical expression of water.

1956Canada001

designed by Laurence Hyde / engraved by Silas Robert Allen

「目に涼しい切手」を他にも見つけました。わたし好みの端正な切手を多く発行しているカナダから、幾何学的な波の描き方がクールな単色の切手を2枚。夏休みらしい雰囲気です。

泳いでいる女の子の楽しそうな表情を拡大してみました。

diversity in Tour? / ツールにも多様性?

July 23, 2013

1960Togo001

27 Feburary 1960, Togo
Olympic Games, California & Rome
designer: M. Shamir / engraver: Claude Durrens

The Tour de France 2013 winner Chris Froome is Kenyan-born British and he says that he wishes to inspire young cyclists from Africa.  To celebrate the future diversity in this sport, I feature this mellow coloured yet crisp stamp from Togo.

By the way – it is a terrible choice of picture in the BBC article – is it only me that thinks so?

今年のツールドフランス勝者のクリス・フルームはケニア生まれで、ツールのために特訓したというフランス語のほかに、スワヒリ語も話すそうです。優勝後のインタビューで、自分の姿が若いアフリカ出身のサイクリスト達を元気づけたら嬉しい、と語っています。ツールの未来の多様性を予想して、トーゴから、かりっとした凹版印刷の色がきれいなこの切手を。

それにしても、このBBCの記事に使われているクリス・フルームの写真を選んだ記者のセンスを疑うのはわたしだけ?

in the water / 水の中

July 19, 2013

1962Niger001

29 Jan 1962, Niger
‘Protection of Wildlife’
design & engraving:  Jacques Combet

It has been 10 days since ‘the real summer’ arrived.  The indoor temperature is gradually rising – but last night we had a nice cool breeze and I felt refreshed as if I am dipping myself in the cool water.

This stamp from Niger is showing the water surface as the central horizon and depictes above and below the water with two different green colours.  An African Manatee looks cool and content.

暑い日が10日つづき、冷房のない室内の気温は日増しに上がっています。大きなバケツを買って冷水に足でも浸さないと仕事の能率下がる〜、と思った昨日ですが、夜には涼しい風が吹いて気温が少し下がったようです。

このニジェールからのさわやかな切手は、真ん中が喫水線で区切られ、水中と水上の世界が2色の緑で描き分けられている面白い構成です。水の中で涼しそうなマナティーが、ちょっとうらやましい。

orbit of satellite / 衛星の軌跡

April 29, 2013

1965USA001

6 October 1965, USA
Centenary of International Telecommunication Union

Crisp intaglio stamp from the USA on the same theme as the 1965 ITU – expressing its 100 years progress with Morse code and the tracks of communication satellites.  The Morse code can be read… itu itu itu and itu.  A simple yet well designed stamp, I would say.

同じく国際電気通信連合の百年を祝う、かりっとした凹版印刷のアメリカの切手です。100年間の通信の進歩が、地球を横断するモールス符号と通信衛星の軌道で表現されています。モールス符号でITUが4度くりかえされ、意図と構成のはっきりした明快な切手。あ、でもITUの存在はモールス信号が分かる(または読もうと努力する)人にしか、伝わらないのだった、、。

and satellite transmission / 衛星通信の登場

March 25, 2013

1965France002

1965 France
Centenary of International Telecommunication Union
design & engraving: Albert Decaris

The last stamp which is showing a Telegraph key – this one shows the history of telecommunications, all-in-one.  The aerial in front of the dome is called a Helical antenna, which was built for High frequency radio communications before the usage of satellites.

I like this way to apply the traditional printing method of intaglio, for picturing the historical and the latest technology, together with lots of stars ( and satellites ) in the sky.  Designed by the same engraver as this stamp, one of my top favourites.

電鍵の描かれた切手をさらに一枚。これは国際電気通信連合の百年を記念したもので、モールス機器から当時最新のサテライトまでを網羅しています。右下のドームの前で斜めに立っているのはヘリカルアンテナと呼ばれるもので、衛星が回遊する以前の地球表面上での短波通信に活躍しました。

通信機器の歴史が夜空の星と(はるか彼方のサテライトも)一緒に丁寧に彫られている、こんな凹版切手が大好きです。彫刻師の名前をチェックして、一番お気に入りのこの切手と同じ作者だと分かってにっこり。まぁ、完璧なオタクですか。

electrical telegraph / 電信機

March 17, 2013

1954Japan001

13 October 1954, Japan
75th Anniversary of Admission to ITU
designer: Yutaka Yoshida
engraver: Tsuneo Kasano

After the Croatian QR code stamp, I remembered this one, in a similar layout with mysterious lines and dots.  The centre picture is an early electrical telegraph receiver.  In the top bar, between two small squares, are Japanese Morse code, which says ‘ko ku sa i’, which means ‘international’.

Although there is a similarity in the first impression between this and the QR code stamp in the previous post, this one has far higher density in its stamp design.  I admire this old ‘stampness’ and joy of magnifying.

1954Japan001-2

昭和29年10月13日発行
国際電気通信連合(ITU)加盟75周年記念
デザイン:吉田豊
原版彫刻:笠野常雄

白地に赤のQRコード切手を見て思い出したのが、これです。小さな四角の配置が似ているし、フチを囲んでいる不思議なコードも前時代のQRという感じ。中央は電気通信レシーバーで、上のフチの中は日本語モールス符号で「こくさい」と読めます。たぶん、他の3種類のフチにあるコードで「電気・通信・連合」と言っているのでしょう。

ぱっと見の印象は似ていても、小さな紙面に詰まった情報の密度にQRコード切手とは雲泥の差があって、やっぱりわたしは丁寧にカリカリと彫られた59年前の「切手らしさ」がとても好きみたいです。拡大して、うっとり。

追記:
2012年10月に日本郵趣協会から発売された『ビジュアル日本切手カタログ vol.1』に、この図案のフチを囲む記号が説明されています。左が「キネン」、右が「デンキ」拡大している下は「ツウシン レンゴウ カメイ 57 シウネン」と右から読むようです。

World Meteorology / 世界気象機関

February 8, 2013

1962Taiwan001

23 March 1962, Taiwan
’2nd World Meteorological Day’
designer: Tsai Cheng-lun, Wen Hsueh-ju & Yen Ki-shih
engraver: Pao Liang-yu, Chen Lien-huei & Li Pin-chien

The World Meteorological Organization was established in 1950, as a specialist agency of the United Nations for meteorology, succeeding from the International Meteorological Organization from 1873.  It is no surprise that people tried to share meteorological information from that early time – yet cross-governmental actions towards climate change started a lot later.

Last year I visited Taiwan for the first time, and would love to go back again.  I met a lots of intellectual, diligent and polite people there, and the country has a rich vein of stamps of my favourite type!

1962Taiwan003
1962Taiwan002

気象に関する情報の交換を目的として設立された世界気象機関は1950年にはじまり、その原型は1873年に創立された政府間組織である国際気象機関にさかのぼります。そんな以前から、人々はある場所の気候が地球の別の地域の気象に関係していることに気付いていたのですね。けれど、各国政府が集まって環境に対する取り決めをはじめるのは、もっと後になってからだったのでした、、、。

この切手は台湾からの発行です。台湾には昨年秋に初めて行きました。勤勉で知的なたくさんの人(特に若い女性たち!)と出会い、素晴らしい料理に舌鼓をうち、、、そして、好みの切手もいろいろ見つかってほくほく。また行きたい場所です。

year of the Snake / 祝・巳年

January 3, 2013

1964Finland001

13 June 1964, Finland
General Assembly of World Medical Association
designer: O. Vepsäläinen
engraver: B. Ekholm

Happy New Year to everyone!

2013 is the year of the Snake.  As shown on this stamp, the snake ( or the serpent ) is the symbol of wisdom or medical care – the energy of life in ancient Inca and Indian worship, and the Greek and Roman herald’s wand of Caduceus.  Long, spiral and ‘kune-kune’ as we say in Japanese.  We have to learn from this animal, for endurance of life, avoiding obstacles in a smooth and quiet manner.

明けましておめでとうございます。

巳年の2013年が始まりました。まずはフィンランドから、医療の象徴としてのヘビを一枚。古代のインカ文明やインドでは神々の一員として、ギリシャやローマでは神の使者が持つ杖にからまって、ヘビは生命力や生きる知恵を人々に授ける存在として描かれたようです。今年はヘビに習って、障害物の隙間をするすると静かに通り抜ける練習をしてみようと思います。

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 3,585 other followers