Archive for the 'Japan' Category

autumn colours from Japan / 日本の秋の色

October 23, 2013

2013Japan001

30 August 2013, Japan
illustration: Hikaru Hatano
stamp design:  Akira Tamaki

One of the recent issues from Japan has arrived and they are carrying a nice evocative smell of Autumn.  They are beautifully illustrated and made a lot smaller ( 21.5mm × 25.5mm ) than normal commemorative stamps – I like their fineness although they are self-adhesive.

2013Japan002
2013Japan003
2013Japan004
2013Japan005

平成25年8月30日発行
野菜とくだものシリーズ 第1集
原画:波多野 光
切手デザイン:玉木 明

野菜とくだものの切手を載せている間に、今の季節にぴったりのシリーズが届きました。日本の秋の香りが漂ってくるようです。普段は好きではないシール式だけど、イラストの精緻さとこの小さなサイズ ( 21.5mm × 25.5mm ) が相まってとても魅力的。友人の梨影(りえ)さんに、この洋ナシの切手が貼られた展覧会の招待状が届いた話を聞いて、ネットでは伝わらない暖かさを運ぶ切手の存在を改めて確認しました。

hair comb / 髪に櫛

September 16, 2013

1974Japan003
*exch. 063  ( limited number )

20 April 1974, Japan
“Finger” ( 1911 ) by Itō Shinsui ( 1898 – 1972 )
Philatelic Week
layout: Hitoshi Otsuka

This paining is showing 20 years earlier fashion than the previously featured stamp.  When the hair style was completed, the comb was often placed in the hair, part of the coiffure decorations.

I visited an excellent exhibition “Origins of the Afro Comb” at The Fitzwilliam Museum in Cambridge and saw many combs made in different materials.  In Japan the customs of showing combs in your hair came to an end around the 1930’s, but in Africa they are still used and expressing identity of their culture.

1974Japan003-2

昭和49年4月20日発行
伊東深水画『指』(明治44年)
切手趣味週間
原画構成者:大塚均

東京生まれの伊東深水は14歳の頃にこの絵を描いているようです。一つ前に載せた小林古径の『髪』はこの絵よりも20年のちに描かれ、妹はそれまでの結われた日本髪からモダンなおかっぱになり、1930年頃に櫛が髪に飾られる風習が絶えて行ったことが見てとれます。

ケンブリッジのフィッツジェラルド博物館で11月3日まで開催されている『Origins of the Afro Comb』はとても面白い展覧会で、木や動物の骨、金属などのいろいろな素材で作られた6000年前からプラスティック製も加わった最近の櫛までが展示され、アフリカの歴史や文化を世界に示すツールとして櫛が今も髪に飾られている様子が紹介されています。

combing hair / くしけずる

September 13, 2013

1969Japan012
*exch. 062 ( one mint only )

20 April 1969, Japan
“Hair”  (1931)  by Kobayashi Kokei ( 1883-1957 )
Philatelic Week
layout: Hideo Hasebe

This was the first Japanese stamp featuring a painting of a topless female.  The artist Kobayashi Kokei was living in London between 1922 – 1923, where he copied Gu Kaizhi‘s “Admonitions Scroll‘ exhibited at the British Museum.

In this piece, he painted very delicate hair lines and the younger sister combing it, as well as depicting the fashion colours of 1930’s Japan.  His house was planned by Isoya Yoshida and it is reconstructed next to his museum in Jōetsu City.

昭和44年4月20日発行
切手趣味週間
小林古径画『髪』(昭和6年)
原画構成者:長谷部日出男

女性の上半身裸が初めて日本の切手になったのは1969年です。画家の小林古径は1922年から翌年までロンドンに住んでいて、大英博物館で展示されていた顧 愷之(344-405)の作品「女史箴図巻」を模写して線描の練習をしたそうです。

この作品は、線描での簡潔な描き方とシンプルな色合いが綺麗で、昭和初期の衣服や色合いが美しく描かれています。吉田五十八によって設計された小林古径邸は、新潟県上越市に移設されているらしく、いつか見に行きたいなぁ。

staying cool / 納涼図

August 23, 2013

1978Japan009
*exch. 061

3 March 1978, Japan
Staying Cool under the arbour of evening glory
by Kusumi Morikage  (c. 1620–1690)
2nd National Treasure Series
layout: Saburo Watanabe

In the past at the height of summer, Japanese went outdoors to enjoy the cool air.  This is no longer possible, as no cool air is breezing through town since the exhaust from the air conditioners are out onto the streets.

This painting is regarded as the most subtle national treasure and it depicts a family sitting under a trellis.  The original shows that someone added the Yukata on top of husband’s body, but the wife was left as she was.  It is interesting to know that the female topless was fine at that time.

昭和53年3月3日発行
第2次国宝シリーズ 第8集
久隅守景画『夕顔棚納涼図屏風』(17世紀)
原画構成者:渡辺三郎

今度は「のんびり涼しそうな」情景の切手です。

この原画は日本一地味な国宝と言われているそうです。切手になっても地味ですが、よく見ると、家族三人が葉の茂った棚の下で涼んでいる、なんだか楽しそうな光景なのでした。

面白いのは、拡大図を見ると、ふんどし一丁でくつろいでいた夫には後に衣が描き足されたのに、上半身裸の妻はそのままです。誰かに配慮して加筆した人にとって、女性のトップレスはOKだったのですね。

slight variation / バリエーション

April 19, 2013

1965Japan002
*exch. 060

17 May 1965, Japan
Centenary of International Telecommunication Union
design: Yoshiomi Higashikadoi

Issued for the same theme of telecommunication as the previous two stamps from Ceylon, Brazil, France and British.  A Japanese stamp designer had taken guidance from the ITU a little straight, and made minor changes – somehow this modest stamp appeals to me, it’s charming.

If you look at the little detail of the electrical Insulators, and find slight differences in shape between each country – you might share an odd passion on ‘Insulator watchers’ – I am one of those proud Otaku.

昭和40年5月17日発行
国際電気通信連合( ITU )
デザイン:東角井良臣

続けて掲載しているセイロンブラジルフランス、そしてイギリスからの切手と同じく「国際電気通信連合の百年」を祝う切手です。連合が発行したデザインのガイドラインに沿っているけれど、少しだけ変えた中央の地球と背景の空に浮かぶ星が、この切手を愛らしくしているみたいです。

電信柱からひょろっと飛び出ている絶縁体の形が国ごとに少し違うことに気付いたあなたは、、、ガラスのでも陶器のでもがいしを見るとつい欲しくなってしまう、わたしと趣味を同じくするがいしファンですね。

electrical telegraph / 電信機

March 17, 2013

1954Japan001

13 October 1954, Japan
75th Anniversary of Admission to ITU
designer: Yutaka Yoshida
engraver: Tsuneo Kasano

After the Croatian QR code stamp, I remembered this one, in a similar layout with mysterious lines and dots.  The centre picture is an early electrical telegraph receiver.  In the top bar, between two small squares, are Japanese Morse code, which says ‘ko ku sa i’, which means ‘international’.

Although there is a similarity in the first impression between this and the QR code stamp in the previous post, this one has far higher density in its stamp design.  I admire this old ‘stampness’ and joy of magnifying.

1954Japan001-2

昭和29年10月13日発行
国際電気通信連合(ITU)加盟75周年記念
デザイン:吉田豊
原版彫刻:笠野常雄

白地に赤のQRコード切手を見て思い出したのが、これです。小さな四角の配置が似ているし、フチを囲んでいる不思議なコードも前時代のQRという感じ。中央は電気通信レシーバーで、上のフチの中は日本語モールス符号で「こくさい」と読めます。たぶん、他の3種類のフチにあるコードで「電気・通信・連合」と言っているのでしょう。

ぱっと見の印象は似ていても、小さな紙面に詰まった情報の密度にQRコード切手とは雲泥の差があって、やっぱりわたしは丁寧にカリカリと彫られた59年前の「切手らしさ」がとても好きみたいです。拡大して、うっとり。

追記:
2012年10月に日本郵趣協会から発売された『ビジュアル日本切手カタログ vol.1』に、この図案のフチを囲む記号が説明されています。左が「キネン」、右が「デンキ」拡大している下は「ツウシン レンゴウ カメイ 57 シウネン」と右から読むようです。

microphone and TV / マイクとテレビ機器

September 29, 2012

15 November 2001, Japan
50th Anniversary of Private Commercial Broadcasting
design: Akira Tamaki

In the early times of TV news broadcasting, the microphone was prominent – although news-readers are no longer talking to microphone these days, it being hidden or at least discreet.

I like this almost stoic stamp showing early TV equipment, together with the shape of a TV screen in the three primary colours, and the old style ending title of a program.  In my memory this shape of TV screen is familiar, but current TVs are all rectangular with a lot more width than height – cinema proportions, almost.

平成13年11月15日発行
民間放送50年
デザイン:玉木明

初期のテレビ放送ではニュースキャスターもマイクロフォンを前に話していましたよね?ピンマイクと無線レシーバーがある今は、もうテレビ画面に写らなくなりました。

ほとんど「禁欲的」と呼べそうなデザインのこの切手は、レトロなマイクとかつてのテレビ画面の形を描いていてお気に入りの一枚です。額面の入っている一番下の画面は、かつて放送終了後に流れていたエンディング・タイトルの印象を再現したとか。こののちに、ざーっと砂の流れるような画像と音に変わって、うたた寝から目覚めていたのでした、、、。

automated / 全自動化

May 17, 2012


*exch. 059  ( limited number )

14 March 1979, Japan
Completion of Automated telephone
design: Minoru Hisano

When I bought my first telephone for my flat in Tokyo in 1989, the shape of telephones had changed since the 1960s.  The rectangular body with slim hand set on one side, with ten keys – it had message function already, but the length of message was limited by the small cassette tape…  23 years ago!

This simple stamp from Japan is telling that telephone connection was automated already in 1979 – ten years earlier than my ten-key telephone era.

昭和54年3月14日発行
全国電話自動化完了
デザイン:久野実

自分の部屋に初めて電話を引いたのは東京で就職した1989年でした。ジーコロとダイヤルを回すタイプの電話機はもう売られていなかったと思います。買った電話はグレーの長方形で、受話器もスリムでマットな質感でした。小さなカセットテープが入ってメッセージを録音できたあの電話は、23年前の最先端でした。

「電話の自動化」が具体的にどういう事なのかいまいち分かっていないのですが、1979年には国内向けの「電話交換手」という職業が消えた、ということですよね?

opened envelope / 封筒からナンバー君

March 22, 2012

1 July 1972, Japan
Postal Code campaign
design: Katsutoshi Hioki

I like to see envelopes on a stamp – especially when it is opened and shows its coloured lining!

1 July 1973, Japan
5th Anniversary of the Postal Code
design: Takao Yamanouchi

These stamps were promoting the newly introduced postal code for machine sorting.  ‘Mr. Number’ was a known character at that time – I remember the paper cut-out of this figure was floating in my local post office.

上:昭和47年7月1日発行
郵便番号宣伝(5次):封筒とナンバー君に数字
デザイン:日置勝駿

下:昭和48年7月1日発行
郵便番号宣伝(6次):伸びゆく樹木とナンバー君
デザイン:山野内孝夫

封筒が描かれた切手がなぜか好きです。開かれて色つきの裏紙が見えていたりすると、とても嬉しくなるのでした。

この2枚は新しく導入された郵便番号を宣伝するための切手です。この頃から、機械での分類が始まったのですね。厚紙から切り出されたナンバー君が郵便局の天井近くでゆらゆらしていたのを憶えています。

courier bird 2 / 運ぶ鳥 2

March 19, 2012


*exch. 050

20 June 1977, Japan
Centenary of Admission to Universal Postal Union
design: Katsutoshi Hioki

I found another stamp with birds, carrying messages.  The rectangular shape in the middle is a post box – I noticed that Red post boxes are not universal.  This map shows the different colours of post boxes around the world – but for me, having lived in Japan and now living in the UK, post boxes have always been red!

The design of this stamp looks nicely dated and the shape of this post box is evocative of that time, in a similar way that I remember ‘Mr. Number’ of these stamps at the edge of my memory.

昭和52年6月20日発行
万国郵便連合加盟100年記念
デザイン:日置勝駿

ポストの周りを舞う鳥がピンクの封筒をくわえている、しんみりとレトロな図柄。35年前の切手と思うとうなずけますね。以前に載せた「ナンバー君」切手にも出てくるこのポストは、この頃から登場したようです。

中央にあるのがポストなのは日本人なら誰でも分かるし、きっとイギリス人にも分かると思うけれど、実は世界のポストはこんなにいろいろな色で設置されているのですね。フランスとフィンランドの黄色ぐらいしか憶えていないのだけれど。

deliver your wish / 気持ちを届ける

March 14, 2012

2011Japan005
2011Japan003
2011Japan001
2011Japan002
2011Japan004

21 June 2011, Japan
Charity for East Japan Earthquake Disaster
design: Akira Tamaki

It has been a year since the Tohoku Earthquake happened on 11 March 2011.  There are still a lot of people living in temporary housing, and the debris of towns and cities washed away by the Tsunami are still piled beside the roads in many areas. The nuclear power station is still in the cooling down stage before sealing it off.

This set of stamps were issued to raise emergency support for the struck area, prepared within three months after the earthquake – I guess that was very quick compared to the normal process of issuing stamps.  The design is the reflection of the wish of many Japanese at that time – willing to deliver a message that we are thinking of people who lost their loved ones and their homes.

There was a charity concert in London last Sunday 11 March, to raise continuous support for Tsunami orphans.  Music has a strong power to share, and unites this supportive wish.  I was moved by slides which showed people around the world giving their encouragement to Japan after the tragedy.

平成23年6月23日発行
東日本大震災寄附金付
デザイン:玉木明

震災からはやくも一年。あの頃は「デザイナーはこんな時に、どんな役に立てるのか??」と毎日考え込んだけれど、そんな思いも日々の忙しさにかき消されていた、そのことを考えたここ数日でした。まだまだ復興の道のりは長く、福島の逼迫した事態に触れた天皇陛下のお言葉がニュースでは編集され、原発反対の人間の輪は警察に阻まれる現実。遠くから見て、やるせない気持ちになった週末でした。

この切手は震災から3か月で発行され、被害者の救援への寄付金を募りました。デザインが抽象的すぎるのでは?震災と津波で失われた美しい風景や被災各県に伝わる伝統文化などを題材にしては?という意見も読みました。たしかに、そういうリサーチに時間をかけてじっくり作られた切手は今後、被災地へのサポートが忘れられそうな頃に必要になってくると思いますが、今回はスピードが肝心だったので、まずは暖かい気持ちにさせてくれる切手に拍手を送りたいと思います。

追記:切手の博物館で開催された『愛の切手展』でこの切手が紹介されたようです。東京の友人が、デザイナーのコメントが載っているリンクを送ってくれました。「一枚でも多く売れてほしい」という願い。なるほど。

print method and motif -2 / モチーフと印刷-2

February 8, 2012


1 July 1966 (top) and 1 September 1969, Japan
Firefly Squid and Moss Balls
definitives

These two stamps are showing gleaming squid and ‘Marimo’ Moss Balls, both in the water.  The coarsely finished paper and 2-3 coloured Gravure printing are cost effective and matching very well to the motifs – translucency of squid and reflected light on fish and delicate surface of the Moss Balls…  Spot-on job!

上:昭和41年7月1日発行
下:昭和44年9月1日発行
普通切手

2枚とも水中の、ホタルイカとマリモの描かれています。ざらっとした紙の質感に2~3色で重ねたグラビア印刷のけっして高価ではない手法ですが、濃淡の調整が細やかで、ホタルイカの少し透けている質感や、マリモの表面の細かな水泡と魚の背が水上からの光を反射させている様子などが巧みに表現されています。丁寧な仕事です。

year of the Dragon / 祝辰年

January 2, 2012


1 November 1971, Japan
Government Printing Works Centenary
‘Ryu-ko zu (Dragon and Tiger)’ 1895
by Hashimoto Gahō ( 1835-1908 )
tonal-engraving
layout: Kyohei Maeno

The year of the Dragon has started ( at least in Japan yesterday, so I follow this one. )  I wish you all have a fruitful year – we should really prove that our happiness is not controlled by the unstable situation of the world’s finances.

These stamps, a set of two, were issued to celebrate 100 years of stamp and banknote printing.  So, they are naturally representative of what they can do best for this kind of process.  Surely they took time to do the details of the waves.  I have to look up what ‘tonal engraving’ could be – if I magnify, it seems the tone is made by lines and dots together.

Paper as well, seems a little special for this printing.

新年おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくおねがいします。

昭和46年11月1日発行
政府印刷事業100年記念
橋本雅邦画『竜虎図屏風』(明治28年)
印刷:階調凹版
原画構成者:前野京平

昨年は日本にとっては試練の年でした。エネルギー政策がなんの展開も見せないまま、年を越してしまいました。ヨーロッパでは金融問題が今年も続き、ここイギリスも引き続きあおりを受けそうです。でも「金融事情だけが自分の幸せを左右するのではないよね」と、年末に思えるような実りの多い年にしたいものです。

さて、年頭を飾る竜モチーフの切手は1971年に政府の印刷事業100年を祝ったもので、さすがに気合いの入った切手です。虫めがねで拡大すると線と点の両方が見えるのですが、この「階調凹版」という技法について知っている方はぜひその詳細を教えてください。わたしがよく辞書代わりに使っている「お札と切手の博物館・図録」にもこの技法についての解説が載っていないのです。

紙も普通の切手と違う和紙のような柔らかな質感です。

追記:この印刷技術に関して、友人が内藤陽介さんのブログにしっかり説明があることを教えてくれました。これは、日本の印刷局が開発した、グラビアと凹版印刷の組み合わせによるものだったのですね。素晴らしい!リサーチをしっかりされている先人(というか、専門家ですが)の書かれたものを、もっとちゃんと読んで勉強しよう、、、と思いました。

Oak leaves and a cat / ナラの上の『黒き猫』

November 8, 2011

1979Japan006
*exch. 049

21 September 1979, Japan
‘Black Cat’ (1910) by Shunso Hishida (1874-1911)
layout: Yoshiaki Kikuchi

The cat is sitting on an Oak tree – we are more familiar with straight Oak trees, but sometimes it is bendy and provides a good place for a cat.

The painter Shunso Hishida started to bring innovative techniques into traditional Japanese painting around 1900.  He traveled to India, America and Europe between 1903-05, after which he even tried pointillism – but the Japanese painting authorities did not accept him at that time.  It is a pity that he died young and did not try to stir up the artistic circles further.

昭和54年9月21日発行
菱田春草画『黒き猫』(明治43年)
近代美術シリーズ第3集
原画構成者:菊地吉晃

オークは木材用のものはまっすぐですが、こんなに曲がった育ち方をすることもあるのですね。

明治33年頃から輪郭線を使わない画法を試していた夭折の画家菱田春草(明治7-44年)は、岡倉天心と一緒にアメリカとヨーロッパを旅し、帰国後には点描で日本画を描くことを試したようです。「ジャポニズムの影響を受けて始まった」とされる印象派の作品に触れ、その革新に刺激されたのだろうか?と推測するのも面白いです。

looking at the stars / 星空を見上げる

October 22, 2011

1 November 1978, Japan
Tokyo Astronomical Observatory Centenary
design: Kanji Takeara

I received a lovely postcard from Japan and this stamp was used.  I remember when this stamp came out – I was 12 years old, just after moving from a small town to the big city of Hiroshima, where I realised that I couldn’t find any stars in the sky.

Now I live on the edge of metropolitan London, but above the forest here there are more stars to be seen.  We had clear blue skies for last few days, similar to Japanese autumn sky, and I’ve been enjoying real stars, as well as the ones on this stamp.

昭和53年11月1日発行
東京天文台100年記念
デザイン:武荒勧嗣

数日前に、この切手が貼られた素敵な葉書が届きました。12歳だったわたしは家族とともに山口県の小さな町から都会の広島に引っ越し、あれ、夜空に星が見えない、、、と思った年に出た美しい切手。

今はさらに大きな都市であるロンドンの端っこに住んでいて、でも近くに森があるので、その方角を向くと広島よりは星が数えられます。特にここ数日は日本の「天高い」秋の空のような抜けるような青空が続き、夜空を見上げて楽しんでいます。

追記:このポストの後に見つけたとっても楽しいブログ『科学切手の世界』の『日本にもあるぞ科学の切手』によりますと、この切手に描かれているのは岡山天体物理観測所の188cm反射望遠鏡で、その背景の空にはオリオン座が。そして「ペテルギウスもちゃんと赤っぽくなってます。」、、、確かに!わざわざ印刷を一色(ひと工程)増やして、この効果が作られている!?

girl scout / ガールスカウト

August 3, 2011

1971Japan004

26 July 1970, Japan
50th Anniversary of Girl Scouts Movement
design: Takao Yamanouchi

I didn’t know the three-fingered salute of girl scouts until seeing this stamp.  Always I admire cool girls who can make strong knots and make fire in the field with a practiced hand.  If I knew this uniform, I could have been a member straight away, too…

昭和45年11月1日発行
ガールスカウト運動50周年記念
デザイン:山野内孝夫

ずっと昔から、ローブの結び方を知っていたり手際良くたき火をおこしたりできる女子に憧れてきました。このユニフォームを子供の頃に見ていたら、きっと「ガールスカウト入りたい!」と挙手していたに違いない。

energy recycling / エネルギーリサイクリング

March 30, 2011

1981Japan002

1 August 1981, Japan
Energy Recycling
design: Hideo Toyomasu ( competition winner )
layout: Yoshiaki Kikuchi

Another stamp in the same set as the previous post, ‘save energy’.  When this stamp was issued, energy recycling did not yet mean ‘renewable’ in Japan, where the mainstream of energy discussion was around building more and more nuclear power plants.

Now, after the tsunami has made the cooling system of the Fukushima power plant disabled, people started to discuss the dangers of having 54 nuclear power plants on the edge of tectonics – and the 300 year long problem of how to keep nuclear waste safe.  I am shocked myself how I did not pay attention to the decommissioning of nuclear power plants, until this large scale distruction. This is going to be a problem all over the world – 531 existing and under construction plus on-going plans of nuclear power plants, if the buildings are not standing there for ever.

昭和51年8月1日発行
省エネルギー
原画:豊増秀男(公募から採用)
レイアウト:菊地吉晃

一つ前に紹介した『省エネルギー』とセットで出された切手です。原子力発電所の建設がどんどん進んでいた1981年、「エネルギー・リサイクリング」はまだ継続可能なエネルギー源のことではなく、発電余熱の有効利用とか、そういう事だったと思います。

地震と津波で福島第一原子力発電所の操業を止めるまで、原発は安全だと言われているけれど本当に?という疑問を持たなかった。今になって、どうやって原子炉を止めるかとか建て屋の放射能汚染がどれくらい残るのか、放射性廃棄物をどう管理するのかなどを知って愕然としています。300年間どこか隔離された場所にしまっておかないといけないような物が、何百万本ものドラム缶に入って、日本のどこかにある。日本だけでなく、世界中の435基の原子炉から同じような廃棄物が出ていて、まだ100基近くが建設中だったり計画されていたりする事実。世界中で、節電しないといけないんだよね、本当は。

save energy / 省エネルギー

March 23, 2011

1981Japan003

1 August 1981, Japan
Energy Saving
design: Sakae Maejima ( competition winner )
layout: Fumito Otani

It is not well broadcast abroad that in most of Tokyo people are having planned power cuts, up to 3.5 hours a day.  Many shops are open with reduced illumination, as well as in stations.  They must have a difficult time, even if they expect the black out they have to build their life around it.  But there are some positive comments on their situation – one found that the stars are so beautiful when the street lamps are out, another thought a restaurant was nice and intimate with a table lamp.

I thought I could find several stamps about Energy Saving, but found only a set of two, which were issued in 1981, just after the second oil crisis.  Since then people forgot to think about it for long time and power plants were built to sustain our wasteful habits.

昭和51年8月1日発行
省エネルギー
原画:前島栄(公募から採用)
レイアウト:大谷文人

首都圏の計画停電でたくさんの人が交通の乱れなどを体験している様子は、ここ英国のメディアでほとんど取り上げられていません。きっと毎日の生活で、細かく不便なことがたくさんあるだろうと思います。そんな中でも「店や駅もこれくらいの明るさで充分、今までがエスカレートしすぎだった」とか「街灯の消えた空にびっくりするほどたくさんの星が見えた」というようなコメントを見かけると、日本はこの困難を抜けた時にきっとより良い場所になる、と思えます。

省エネルギーに関する切手はきっとたくさんあるだろうと思ったら、日本ではこの1981年のセットだけでした。それ以降はバブルに突入し、だれも「ビルの広告明るすぎない?」と言わなくなった。そして、工業を促進して明るい夜を支えるために、発電所が建て続けられた。環境問題への意識が高まったここ数年にも、省エネルギーに関する日本の切手は見つからず。それは正直、驚きでした。

falling on one’s bottom / すってんころりん

January 8, 2011

1977Japan007
*exch. 048

25 March 1977, Japan
Animal wrestling on ‘Choju-jinbutsu-giga‘ ( 12-13 Century )
layout: Saburo Watanabe

‘Choju-jinbutsu-giga’ means ‘Animal-person Caricatures’, drawn by unknown artists at a temple in Kyoto, between the 12th and 13th century.  This set of scrolls are regarded as the first Japanese manga.

In this scene, a rabbit is thrown by a frog in sumo wrestling, and not just the frog audience, but also the defeated rabbit are laughing.  I remembered this stamp when I slipped and fell on my bottom on the stairs of a friend’s house a few days ago.

昭和52年3月25日発行
『鳥獣人物戯画』(平安時代末期 – 鎌倉時代初期)
第2次国宝シリーズ 第3集
原画構成者:渡辺三郎

お正月の3日に友人宅の階段ですべって尻もちをつき、まぶたに火花が飛び散りました。その時に思い出したのがこの切手。

『鳥獣人物戯画』の一場面のうさぎの表情が大好きです。こんな風に、すってん転んでもわははと笑っていられるような、そんな一年になったらいいな、と、、。

shrimp, prawn or lobster? / エビ問題

December 14, 2010

1966Japan001
*exch. 047

31 January 1966, Japan
Japanese spiny lobster
original paint: Eizo Kato ( 1906 – 1972 )

When this stamp was issued, we were not aware of the impact of the commercial fishing on the ocean environment.  Recent researches are revealing the scale of destruction and I was shocked to watch ‘The Death of the Oceans?’ presented by David Attenborough.

This is the Japanese spiny lobster and they seem ethically OK.  But smaller ones, prawns or shrimps are more problematic.  Shrimp trawling causes a lot of bycatch.  According to Greenpeace Seafood Red List, there are 10 kgs of bycatch for 1 kg of shrimp, and endangered species, such as sea turtles, are often caught.  Prawns and shrimps are largely exported to Japan, USA and Western Europe.

Do we keep enojoying Dim Sum at a reasonable price in traditional Chinese restaurant or look for a MSC certified restaurant and pay a bit more? – Although I am used to choose vegetables and meat ethically, this is not an easy question to ask myself.

昭和41年1月31日発行
魚介シリーズ
原画:加藤栄三 ( 明治39 – 昭和47 )

この切手が発行された時にはまだ、漁業が環境に与えている影響についてほとんど議論されていなかったと思います。最近、デーヴィッド・アッテンボローのBBCのドキュメンタリー『The Death of the Oceans?』を観てショックを受けました。人口の増加と漁業技術の進歩、寿司が世界中で好まれるようになったこと、、、原因はたくさんあるけれど、ともかくこのまま続けると海の生態系はずたずたになってしまう。

この切手に描かれているイセエビは、たまにしか口にしないけれど、さほど問題ではないようです。もう少し小さめのエビ、アジアの海で底網で収穫されるタイプが環境に深刻な影響を与えています。1キロのエビを穫るために他の生き物が10キロもトロール網にかかってしまうのだそうです。その網には、絶滅の危機にある海ガメもかかってしまう。そして、エビは遠く日本やアメリカ、ヨーロッパなどの消費地に輸出されます。

今までのように中華街で安く美味しい飲茶を食べ続けるか、それともMSCに認定された別のレストランで(ある?)少し高い料金を払うか?卵や肉、野菜などをサステナブルな売り手から買うことには慣れてきたけれど、エビ問題にはちょっと困っているのでした。

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 3,674 other followers