Archive for the 'Germany' Category

bugle horn and horse / 馬と角笛

February 4, 2014

1958Germany001

1 April 1958, Germany

The Chinese calendar had just turned the year of the Horse – so, I am still featuring more stamps with horse.

This German stamp is depicting the early postal service man on horse, who is blowing a bugle horn to ask if anyone has a letter to be delivered to a remote place.  The horn became an icon of the postal services.

あっと言う間に2月ですが、中国の暦も数日前に馬年になったところで、引きつづき馬の切手です。

このドイツの切手は、馬に乗った配達夫が角笛を吹いて近隣の人たちに「遠方に届ける手紙はありませんか〜」と呼びかける様子を描いています。この角笛は、初期の郵便事業の象徴でもありました。

year of horse started / 午年、明けました

January 3, 2014

1969Germany001

6 February 1969, Germany
for the youth: Horses
Thoroughbred / Draft horse / Pony / Warmblood

Happy New Year to you all!

2014 is the year of the Horse. The sexagenary cycle is completed with 12 animals and my icon of the zodiac is horse – I was born 48 years ago.  That year was a little special ‘Fire Horse‘ and birthrate of the year in Japan was 25% decreased than the year before.

During the last month, I read a book titled “What on Earth Happened?” and learnt how significant the domestication of horse was in the ancient world.  Horses were used to plough fields, to communicate with speed and to fight in wars.  I have more than 80 stamps with horses depicted and I am featuring several of them in coming posts.

First set is from Germany and from the top, I would nickname them form the top ‘sublime horse’, ‘heavy horse’, ‘friendly pony’ and ‘speedy horse’.

1969Germany004
1969Germany003
1969Germany002

2014年、あけましておめでとうございます。

48年前のひのえうまに生まれたわたしは、年女です。出生率が25%も低かったこの丙午について英語で説明するのは時間がかかりますが(笑)、八百屋お七が生まれた(?)とされる1666年はロンドン大火の年と知った時には、妙な因果を感じました、、。

年末にほぼ3週間かかって読み切った『137億年の物語』という本で、昔の人が馬を家畜化したことが、どれくらい歴史にインパクトを与えたか、ということを学びました。畑を耕し、情報や商品を速く運び、戦争で優位に立つために使われた馬。そんな歴史を通して、馬は人から愛されたり神格化されたりしたのですね。数えたら80枚以上の「馬の切手」を持っていたので、いろいろな角度から紹介していきたいと思います。

まずはドイツからの4枚セット。上から順に「神々しい馬」「働く馬」「仲良しポニー」「速い馬」という印象でしょうか。

kune kune / くねくね

January 6, 2013

1971Germany001

5 February 1971, Germany
‘Children’s Drawings’

In the Japanese language there are a lot of onomatopoeia terms to express movement, condition and feel of a material or its surface.  Kune kune is one of them – it means a road is winding or something sways, as in this stamp depicting a snake!

「くねくね」「のっしのっし」「ねばねば」など日本語には擬音語が多いけれど、似たような表現は英語の日常会話ではほとんど使われません。ふと口をついて出てくる擬音語が想像をかきたてることがあるようで、よく面白がられるのでした。音とビジュアルのサンプルとして、このブログで使ってみることを思いつきました。

sitting on a goose / 150歳を記念して

November 27, 2012

13 November 2008, Germany
Nils Hogersson on Goose
150th birthday of Selma Lagerlöf
illustration: Wilhelm Schulz

Another stamp to feature a scene from “The Wonderful Adventures of Nils”, and this is celebrating the 150th birthday of Swedish author Selma Lagerlöf.  This popular story for children was published in 1906.

I saw a group of birds in a V-shape, traveling towards the South of Tokyo, beside the Tama River.  I imagined sitting on one of them again, thinking that mountains, coastlines and rivers must be the guides for their long journey – but how do they remember all of those?

セルマ・ラーゲルレーヴの生誕150年を記念したドイツの切手にも『ニルスの不思議な旅』のひとコマが描かれています。原作の発表は1906年。このイラストが、その当時にすでに使われていたものかどうかは不明。

先日多摩川の河川敷にて、南に向かうV字編隊の渡り鳥を見ました。またもや、鳥の背に乗る小さな男の子の気分で「空の上から見る、川の描く地形は彼らのナビに違いない、、でもどうやって記憶している?」と想像をたくましくしたのでした。

be kind to animals / 動物に思いやりを

February 4, 2012


4 February 1972, Germany-Berlin
prevention of cruelty to animals

It is sad to find a Hedgehog beside the road, killed by a car accident.  They move so slowly, but sometimes they must be desperate to cross the road – for food or because they heard a lovely voice from the other side the road?

When we cycle in the countryside, we sometimes see a group of deer jumping across the road.  Once we saw a huge stag with great antlers which was killed by a car accident.

This set of stamps are suggesting people be a little more considerate in their living area.

ハリネズミが車にはねられて路上で死んでいるのをたまに見かけます。あんなにゆっくりしか動けないのに、この道を渡ろうとしたのはよっぽどのことだろう、、と想像するのです。食べ物がこちら側になくなったか、メス(またはオス?)の声があちらから聞こえたか?

田園を自転車で走っていると、たまに立派な角の牡鹿に率いられたシカの群れが道を横切ることがあります。あんな大きな動物でも車にはかなわないことを思うと、彼らの領域に入って行く時は気をつけないと、、と思うのでした。

この切手は、弱い立場にある動物に思いやりを、というキャンペーンでした。

Merry Christmas / メリークリスマス

December 24, 2011

9 November 1973, Germany
‘Christmas’

I worked really hard this December – the busiest ever in the last several years.  Finally today, I have the feeling that I am in a festive break.  I wish you all have a very merry Christmas and peaceful gatherings.

この12月は例年になく忙しく、このブログ更新だけがささやかな楽しみでした。スタッフが休みに入ったあとに展示会の搬出まであって、筋肉痛。やっと今日「あ、クリスマス?」という気分になり。

みなさんも、すてきなクリスマスと年末を迎えられますよう。

autumn leaves / 紅葉:ナラとブナ

November 4, 2011


11 October 1979, Germany
‘Fruits of the Forest’ Oak and Beech

I am enjoying the autumn leaves here in London.  Not just the colours but the sound of them.  One morning I was walking towards the station and heard a strange series of sounds – it was acorns falling, hitting the pavement, rolling down the hill and finally hitting a wooden fence.

This set of stamps shows typical European trees – and reminds me of the sound and smell of a damp forest.

今年の秋は例年に比べても秋が美しい気がします。木々の色だけでなく、音も楽しい。ある朝、駅まで歩く道のりに不思議な連続音を聞いて立ち止まると、それはどんぐりが木から落ちて舗道を打ち、そのまま坂道を転がって民家の板塀を打つ音でした。

この2枚の切手はナラブナの葉と実のようすを描いて、しめった森の匂いと枯れ葉の上を歩く音を思い出させてくれます。

energy saving / ドイツの省エネ

April 5, 2011

1979Germany001

14 November 1979, Germany
‘Energy Saving’

The seven oldest nuclear power reactors are temporarily shut down in Germany after the Fukushima nuclear incident and discussions on the phase-out process is now dominating the debate in the country.

This stamp is from 32 years ago – the length of time that one nuclear power plant can produce energy under the current German law.

I am interested in energy policy from different countries since the Fukushima problem and recalling the landscape of places I have visited in relation to that. For example, you find a lot of solar panels on houses in Belgium, where the phase-out of nuclear power is in place already.

European cities are not keen to have bright adverts or bright lit vending machines in their towns, and appreciate moody candle light for romantic dinners – but a more radical shift is needed on the manufacturing front and everyday life in the nuclear free future.

ドイツで古い方から7基の原子炉が一時停止したこと、それによって隣国からの電力の輸入が始まったことが伝えられています。もともと反原発の世論の強かった国で、シフトが起こるのは必至のようですね。

この切手は32年前の発行。ドイツには32年経った原子炉は止めるという法律が、すでにあります。

大震災後の福島第一原子力発電所の経緯を見ながら、ヨーロッパ各国のエネルギー政策に関心を持つようになり、それが各国のランドスケープの特徴とも関連があることにも思い当たりました。たとえば原子力発電を将来的に廃止することが決議されたベルギーでは、政府からの補助金を使ってたくさんのソーラーパネルが民家の屋根に設置されています。

もともとヨーロッパでは、都市に照明で飾り立てた看板を掲げることを嫌ってきたし、キャンドルの灯でロマンティックなディナーを大事にする伝統がありますが、原子力に頼らない将来を模索する今、もっとラディカルな製造現場や生活の見直しが必要になってくるのは間違いないです。

spring fish / 春告魚

March 1, 2011

1964Germany004

10 April 1964, Germany
‘Herring’

They are in widely sail around North Pacific and North Atlantic.  In Europe, Herring has been called the “silver of the sea”, and its trade has been so significant.

Recently, as a result of their predators such as sharks, dog fish, tuna and cod have been gradually declined, the number of them are retained fine.  So, let’s enjoy this oily fish, deep fried or marinated.

This is my favorite offset/lithography stamp from Germany – delicate Black line on its mouth is so effective from distance view.

1964Germany004-3

「春告魚」というすてきな別名で呼ばれるニシンは、その数で北大西洋の生態系にいちばん影響を与えている魚です。

日本近海での漁獲は1897年のピークを境にどんどん減り、1955年頃にはすでにカナダやロシアからの輸入が大半を占めていたそうです。お正月に食べた数の子も、輸入ものだった記憶が。江戸時代にはニシンの加工のために木が切り倒され北海道で森林破壊がすすむ原因になったり、漁業と環境問題とはいつも隣り合わせなのですね。

この切手はオフセット印刷の美しい例。しゅっと1本入った黒い線が、にしんの口元をきりりと引き締めています。

cycle lanes / 日常の移動手段

January 26, 2011

6 September 1995, Germany
Stamp Day

I was in Köln last week and saw a lots of cyclists like this lady in the centre of the busy town.  Separated cycle lanes are placed between car lanes and pavements all over the town and suburban area.  You can take your bicycle into trams, as well as trains.  With this superb infrastructure, the cyclists are relaxed to move around, less cars and fuel consumption – as a result you become fit, too.  Why not those separate lanes in London??

家具見本市でケルンに行き、車道と舗道の間に作られた自転車専用レーンを行き来するこの切手のようなサイクリストをたくさん見ました。郊外行きの列車はもちろん、町中を走るトラムにも自転車を持ち込める。こんな環境がロンドンにもあれば、もう少し安心して走りまわれるのになぁ。

fluffy animals / ふわふわした動物たち

January 10, 2011

4 April 1967, Germany-Berlin
Youth semi-postals ‘fur animals’
design: Froitzheim

I have posted several rabbit stamps already, recent ones, plus Miffy, Fibonacci number, Rabbit or Hare, White new year and Animal Welfare – rabbits are everywhere and popular animals to be featured on a stamp.

Yes, I found another one.  Simple and lovely series of animals, together with fox, hamster and weasel.  My favorite one is the fox.

ウサギは世界中どこにもいるし、ふわふわして可愛らしいから切手にもよく選ばれるのですね、きっと。昨年までにこのブログでも5度とりあげていました。ミッフィーフィボナッチ数うさぎと野うさぎ純白のお正月、そして1959年の動物愛護切手

もう一枚発見。はっきりとした図柄で色合いが懐かしい、ウサギ、キツネ、ハムスター、イタチのセットです。この中ではキツネが一番のお気に入りです。



Lwówek Śląski town hall / 市庁舎のアーチ

November 19, 2010

1966Germany001

15 June 1966 Germany
Town Hall of Löwenberg Schlesien ( Lwówek Śląski )

The second ‘interior’ feature is another vaulted interior, in a town hall in Poland, which used to be a part of Germany.  This was one of the definitive stamps featuring monumental buildings.  I searched for how old the building could be but failed to find it, apart from this image.

With very fine engraved lines in different thickness and pitches, the depth of the space is depicted in a small definitive stamp.

1966Germany001-3

「インテリア」テーマの2枚目の切手は1966年に発行されたドイツの普通切手。ドイツとの国境近くにあるポーランドのLwówek Śląski市庁舎内のヴォールトがピッチや太さの違う精緻な線の重なりで描かれています。

いつごろに建てられた建築なのかをサーチしたのですが分からず、つい最近この空間が展示会に使われた写真のみ見つけました。

an appendix / おまけのイラスト

December 7, 2009

16 April 1998, Germany
‘Hildegard von Bingen’

This stamp was used by a friend of mine from Germany and I enjoy this appendix picture on the rim of a sheet.  It is celebrating a Christian mystic Hildegard von Bingen, who lived form 1098 t0 1179.  The picture seems a tapestry and it depicts a garden, as she was known as herbalist, as well as author and composer – one of her music is on YouTube: from album ‘A Feather On the Breath of God’.

この切手は実際に貼られて届いたもので、キリスト教の女性聖人ヒルデガルト・フォン・ビンゲンを記念した切手でした。絵はタペストリーからとられているようで、薬草学に通じていた彼女がハーブ園で描かれています。作曲家でもあった彼女の音楽は再現され聴く事ができます。YouTubeで見つけたのは「A Feather On the Breath of God」からの一曲

over the perforation / 切り取り線の外

December 6, 2009


4 November 1999, Germany
‘Christmas’

A few friends of mine from Germany share similar taste about stamps – they often leave the frame of a sheet uncut from the stamp.  I do  enjoy this bonus illustration and started to look for Christmas cards from Germany.

ドイツの友人たちはよく、切手シートのフチに描かれているイラストをつながったまま貼って送ってくれます。わたしはこのおまけが楽しみで、ドイツからクリスマスカードが届くのを心待ちにしているのでした。

what a stamp design can do / 切手で伝えられること

December 5, 2009

2006Germany001

2006 Germany
200 years of Blind School & 150 years of Nikolaus Care Foundation

2008Germany001

2008 Germany
100 years of Christoffel-Blindenmission

Two years apart of issuing, I am sure they are done by one designer.  The feature of stamps are both related to care for blind people.  For me, those are the finest examples of computer aided design of contemporary stamps – simple, clear to express the theme and they talk to our emotion.

2年の間隔をあけて発行されている2枚で、同じデザイナーが手がけています。盲人のための施設をテーマに、シンプルな構成ながら、見る人に視覚障害について想像をさせ、そのサポートに尽力した人たちの歴史を讃えている。近年、間違いなく切手もコンピューター上でデザインされていると思うけれど、こんな風にコンピューター処理を効果的に使っている例は、実はあまりないのではないかと思います。

wealth of nature / 水。自然の恵み

December 3, 2009

2001Germany003-2

2001 Germany
Water – wealth of nature

Simple and straight forward – why not?  This should looks good on a pale Blue envelope.

シンプルで何が悪い?水色の封筒に貼って手紙を出したくなる。あ、ドイツまで行かないと投函できませんね、、。

bicycle evolution in Germany -2 / ドイツ自転車の変遷-2

August 21, 2009

1985Germany-Berlin001
1985Germany-Berlin002
1985Germany-Berlin003
1985Germany-Berlin004

16 April 1985 Germany-Berlin
For the Youth charity stamps

Same time to the previous post, history of German bicycle, Berlin post issued these 4.  Featuring German made machine only, starting from bone shaker by Büssing-Rad in 1868 to 1925 Opel-Rennard racing bike.  Lady’s bike by Jaray-Rad in 1925 looks very odd and I cannot work out how it was peddaled even if  I see picture of it.  It seems most of gentlemen cyclists had moustache in Germany.

昨日の切手と同時にベルリンで発行された自転車の歴史シリーズ。こちらのセットでは1868年のボーン・シェイカー(木のフレームに鉄を巻いた車輪で、名前からしてすごく乗り心地が悪そう)から1925年のレース用自転車まで。1925年のレディース用自転車は、写真を見てもまだどうやってこいだのか謎です。ドイツ人男性はこの時代、みんな髭をたくわえていたようですね。

bicycle evolution in Germany / ドイツ自転車の変遷

August 20, 2009

1985Germany001
1985Germany002
1985Germany003
1985Germany004

16 April 1985 Germany
For the Youth

Evolution of bicycle made in Germany from 1817 Hobby Horse to 1888 lady’s tricycle.

ヨーロッパはどこも自国で自転車の開発が進んだのですね。ドイツでの自転車の進化を描いた4枚の切手は1817年の足で蹴るホビー・ホースから1888年の婦人用三輪車まで。3枚目の自転車は一番ふつうに見えるけれど、ペダルが不思議なサスペンションに繋がっています、、。

Westropa? / ルーペとピンセット

August 1, 2009

Germany1955001
Germany1955002

14 September 1955 Germany
Stamp Exhibition ‘Westropa’

It is guess promoting stamp exhibition, as on green stamp it shows magnifier and there is a pair of tweezers on red one.  Beautiful rhythm of White lines.

白線の強弱が美しいおおらかなグラフィックにまずひかれたのだけど、よく見ると虫メガネとピンセットが描かれています。切手の展示会を記念しているようですね。

look left / 左向けひだり

July 28, 2009

Berlin1968001
Berlin1968002
Berlin1968003
Berlin1968004

2 February 1968 Germany Berlin
‘Wildlife’ Wildcat, Otter, Badger and Beaber

I am not a keen collector of animal stamps, but I cannot resist good designed cat stamps.  There are many cat stamps, but hard to find one I like.  All four in this series are picturesque and graphically good, too.

なぜか猫の切手はデザインが好きになれないものが多い。けれど、これははっきりした色あいと真剣な眼差し、そおっと歩いている感じが大好きです。あとの3枚もそれぞれのコンポジションが美しい。

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 3,585 other followers