Archive for the '-energy, environment' Category

one year on / 火山の混乱から1年

April 16, 2011

1947Iceland001
1947Iceland002

3 December 1947, Iceland
Mt Hekla in Eruption
design: S. Jónsson

Just a year ago, people in Europe started to realise that an event of nature can cause great disorder to our modern society.  I was in Milano last year today, looking for an alternative route to get out from Milano – it took 25 hours to get back to London through Euro-tunnel.

This set of stamps are showing an eruption of Helka, one of Iceland’s main volcanoes, in 1947.  The close-up below shows great needle work by the engraver, signed SJ, depicting erupting volcanic ashes both near and far.

Iceland has been supplying most of its required electricity by renewable sources – geothermal and hydro power. And also they are developing hydrocarbon exploration, as they are aiming to be energy-independent by 2050.

1947Iceland001-2

一年前、火山の噴火が飛行機を止め、いつもの便利な生活をあっと言う間にかき乱すことをヨーロッパの人たちは体験しました。わたしもミラノからパリへの夜行列車で眠り、車でリールまで迎えに来てもらって25時間かけてロンドンに戻りました。

この2枚の切手は、同じアイスランドで1947年に噴火したヘクラ火山を描いています。凹版印刷の彫り師が、吹き上がる火山灰が遠くでかすんで地上に降る様子を丁寧に描いていて、火山に対する畏敬の念を感じます。

アイスランドは国内で必要なエネルギーのほとんどを水力発電と地熱発電によって供給しているのだそうです。水素燃料電池の開発や試運転もすすみ、2050年までには化石燃料の輸入もやめエネルギー的な自立を目指している、、。日本の約3割の国土におよそ32万人が住む人口密度の低さだからできる離れ業ではあるけれど、エネルギー政策の先進国と言えるでしょう。

energy saving / ドイツの省エネ

April 5, 2011

1979Germany001

14 November 1979, Germany
‘Energy Saving’

The seven oldest nuclear power reactors are temporarily shut down in Germany after the Fukushima nuclear incident and discussions on the phase-out process is now dominating the debate in the country.

This stamp is from 32 years ago – the length of time that one nuclear power plant can produce energy under the current German law.

I am interested in energy policy from different countries since the Fukushima problem and recalling the landscape of places I have visited in relation to that. For example, you find a lot of solar panels on houses in Belgium, where the phase-out of nuclear power is in place already.

European cities are not keen to have bright adverts or bright lit vending machines in their towns, and appreciate moody candle light for romantic dinners – but a more radical shift is needed on the manufacturing front and everyday life in the nuclear free future.

ドイツで古い方から7基の原子炉が一時停止したこと、それによって隣国からの電力の輸入が始まったことが伝えられています。もともと反原発の世論の強かった国で、シフトが起こるのは必至のようですね。

この切手は32年前の発行。ドイツには32年経った原子炉は止めるという法律が、すでにあります。

大震災後の福島第一原子力発電所の経緯を見ながら、ヨーロッパ各国のエネルギー政策に関心を持つようになり、それが各国のランドスケープの特徴とも関連があることにも思い当たりました。たとえば原子力発電を将来的に廃止することが決議されたベルギーでは、政府からの補助金を使ってたくさんのソーラーパネルが民家の屋根に設置されています。

もともとヨーロッパでは、都市に照明で飾り立てた看板を掲げることを嫌ってきたし、キャンドルの灯でロマンティックなディナーを大事にする伝統がありますが、原子力に頼らない将来を模索する今、もっとラディカルな製造現場や生活の見直しが必要になってくるのは間違いないです。

energy recycling / エネルギーリサイクリング

March 30, 2011

1 August 1981, Japan
Energy Recycling
design: Hideo Toyomasu ( competition winner )
layout: Yoshiaki Kikuchi

Another stamp in the same set as the previous post, ‘save energy’.  When this stamp was issued, energy recycling did not yet mean ‘renewable’ in Japan, where the mainstream of energy discussion was around building more and more nuclear power plants.

Now, after the tsunami has made the cooling system of the Fukushima power plant disabled, people started to discuss the dangers of having 54 nuclear power plants on the edge of tectonics – and the 300 year long problem of how to keep nuclear waste safe.  I am shocked myself how I did not pay attention to the decommissioning of nuclear power plants, until this large scale distruction. This is going to be a problem all over the world – 531 existing and under construction plus on-going plans of nuclear power plants, if the buildings are not standing there for ever.

昭和51年8月1日発行
省エネルギー
原画:豊増秀男(公募から採用)
レイアウト:菊地吉晃

一つ前に紹介した『省エネルギー』とセットで出された切手です。原子力発電所の建設がどんどん進んでいた1981年、「エネルギー・リサイクリング」はまだ継続可能なエネルギー源のことではなく、発電余熱の有効利用とか、そういう事だったと思います。

地震と津波で福島第一原子力発電所の操業を止めるまで、原発は安全だと言われているけれど本当に?という疑問を持たなかった。今になって、どうやって原子炉を止めるかとか建て屋の放射能汚染がどれくらい残るのか、放射性廃棄物をどう管理するのかなどを知って愕然としています。300年間どこか隔離された場所にしまっておかないといけないような物が、何百万本ものドラム缶に入って、日本のどこかにある。日本だけでなく、世界中の435基の原子炉から同じような廃棄物が出ていて、まだ100基近くが建設中だったり計画されていたりする事実。世界中で、節電しないといけないんだよね、本当は。

save energy / 省エネルギー

March 23, 2011

1981Japan003

1 August 1981, Japan
Energy Saving
design: Sakae Maejima ( competition winner )
layout: Fumito Otani

It is not well broadcast abroad that in most of Tokyo people are having planned power cuts, up to 3.5 hours a day.  Many shops are open with reduced illumination, as well as in stations.  They must have a difficult time, even if they expect the black out they have to build their life around it.  But there are some positive comments on their situation – one found that the stars are so beautiful when the street lamps are out, another thought a restaurant was nice and intimate with a table lamp.

I thought I could find several stamps about Energy Saving, but found only a set of two, which were issued in 1981, just after the second oil crisis.  Since then people forgot to think about it for long time and power plants were built to sustain our wasteful habits.

昭和51年8月1日発行
省エネルギー
原画:前島栄(公募から採用)
レイアウト:大谷文人

首都圏の計画停電でたくさんの人が交通の乱れなどを体験している様子は、ここ英国のメディアでほとんど取り上げられていません。きっと毎日の生活で、細かく不便なことがたくさんあるだろうと思います。そんな中でも「店や駅もこれくらいの明るさで充分、今までがエスカレートしすぎだった」とか「街灯の消えた空にびっくりするほどたくさんの星が見えた」というようなコメントを見かけると、日本はこの困難を抜けた時にきっとより良い場所になる、と思えます。

省エネルギーに関する切手はきっとたくさんあるだろうと思ったら、日本ではこの1981年のセットだけでした。それ以降はバブルに突入し、だれも「ビルの広告明るすぎない?」と言わなくなった。そして、工業を促進して明るい夜を支えるために、発電所が建て続けられた。環境問題への意識が高まったここ数年にも、省エネルギーに関する日本の切手は見つからず。それは正直、驚きでした。

shrimp, prawn or lobster? / エビ問題

December 14, 2010

1966Japan001
*exch. 047

31 January 1966, Japan
Japanese spiny lobster
original paint: Eizo Kato ( 1906 – 1972 )

When this stamp was issued, we were not aware of the impact of the commercial fishing on the ocean environment.  Recent researches are revealing the scale of destruction and I was shocked to watch ‘The Death of the Oceans?’ presented by David Attenborough.

This is the Japanese spiny lobster and they seem ethically OK.  But smaller ones, prawns or shrimps are more problematic.  Shrimp trawling causes a lot of bycatch.  According to Greenpeace Seafood Red List, there are 10 kgs of bycatch for 1 kg of shrimp, and endangered species, such as sea turtles, are often caught.  Prawns and shrimps are largely exported to Japan, USA and Western Europe.

Do we keep enojoying Dim Sum at a reasonable price in traditional Chinese restaurant or look for a MSC certified restaurant and pay a bit more? – Although I am used to choose vegetables and meat ethically, this is not an easy question to ask myself.

昭和41年1月31日発行
魚介シリーズ
原画:加藤栄三 ( 明治39 – 昭和47 )

この切手が発行された時にはまだ、漁業が環境に与えている影響についてほとんど議論されていなかったと思います。最近、デーヴィッド・アッテンボローのBBCのドキュメンタリー『The Death of the Oceans?』を観てショックを受けました。人口の増加と漁業技術の進歩、寿司が世界中で好まれるようになったこと、、、原因はたくさんあるけれど、ともかくこのまま続けると海の生態系はずたずたになってしまう。

この切手に描かれているイセエビは、たまにしか口にしないけれど、さほど問題ではないようです。もう少し小さめのエビ、アジアの海で底網で収穫されるタイプが環境に深刻な影響を与えています。1キロのエビを穫るために他の生き物が10キロもトロール網にかかってしまうのだそうです。その網には、絶滅の危機にある海ガメもかかってしまう。そして、エビは遠く日本やアメリカ、ヨーロッパなどの消費地に輸出されます。

今までのように中華街で安く美味しい飲茶を食べ続けるか、それともMSCに認定された別のレストランで(ある?)少し高い料金を払うか?卵や肉、野菜などをサステナブルな売り手から買うことには慣れてきたけれど、エビ問題にはちょっと困っているのでした。

disappointment / 残念

December 22, 2009


2009 Denmark
COP15
design: Faber + Wildschiødtz
engrave: Skov J. (8 DKK) & M. Mörck (5.5 DKK)

It was a big disappointment that COP15 failed to make substantial agreement on anything really positive.

Stamps are designed higly contemporary, human and intelligent, also there were a lots of discussions on environment and sustainability these years – but world leaders aren’t ready yet facing contemporary wisdoms.  Shame.

コペンハーゲンの環境会議は合意を交わせないまま終わりました。この切手のすばらしく今日的なクールさに対し、世界の指導者たちは地球の将来を左右する叡智にたどり着く準備がまだできていなかったことを露呈。まったくもって残念です。

COP15 / コペンハーゲン国際環境会議

December 14, 2009

2009Belgium001
2009Belgium002
2009Belgium003
2009Belgium004
2009Belgium005

2009 Belgium

COP15 has started last week.  I saw more stamps this year, featuring environmental issues.  Hope those little stamps deliver the important message we all have to share all over the world.

コペンハーゲンの国際環境会議が先週はじまりました。今年、環境をテーマにした切手がたくさん発行されたのを見ました。小さな切手に乗せて、メッセージが世界中に届くことを願います。

tidy up, please / 道をきれいに

November 16, 2009


19 Sepptember 1991 Denmark
‘Keep Denmark Clean’
design by J. Hage
engraver A. Kühlmann

To bring a moral standard high – what a task of one small stamp to carry… Whan you see it well, then you realise the play set by the illustrator.  The drawing is made of continuous one line.  Really nice and lifted.

モラルを高め、街からゴミをなくそうー小さな切手が担うプロパガンダとしては重いメッセージではあります。けれど、お姉さんは跳ねてるし、犬のフンだし。しかも、よく見るとイラスト部分は一筆書きで描かれている。軽妙なタッチで軽やかになっているところに惹かれます。

save energy / 省エネ

August 30, 2009

2009Australia001
2009Australia002

2009 Australia
8.30 PM 28. 03.09 Earth Hour

Owl is turning Switch Off and Atelidae is hanging on cord to pull the Light Out.  Straight forward and appearing design to announce this campagne for environmental action.

2009年3月28日に開催された「アース・アワー」を宣伝する切手。上はフクロウで、下はたぶんクモザルだと思うのだけど、、違うかな?すっきりしつつチャーミングな絵柄でメッセージがまっすぐ伝わります。

windmill of New City? / 木造の風車

August 15, 2009

1967Finland003

19 April 1967, Finlan
350th Anniversary of Uusikaupunki in Nystad
designer: O. Vepsäläinen
Recess and Litho

My translator says New City, but yet to search.  It seems celebrating 50 years of a place, where an old wooden windmill is and has Two Fish coat of arms.

翻訳ソフトでは「New City」と訳したのだけど、詳細は不明。風車があって2匹の魚が紋章になっている場所の350周年を記念しているのではないかと思われます。

Wind Turbine / 風車の変遷

August 14, 2009

2007Denmark001
2007Denmark002
2007Denmark003
2007Denmark004

10 January 2007 Denmark
illustration by Bertil Skov Jørgensen
engraver Martin Mörck

This series of stamps must be depicting the history of wind turbine, as traditional windmills must have invented a lot earlier than 1891.  I was impressed by the view of wind turbines built long line in the sea, when airplane approached to Danish coast – as the 4th stamp depicts.  I like this contrast between latest technogoly and traditional Intaglio print.

風力発電の歴史の切手と思われます。風車だったら1891年よりもずっと以前から存在するはずなので。だとすると、1891年にすでに発電を考えていたデンマークは先見の明があったということですね。飛行機でコペンバーゲンに向かうと、到着の直前に海の中にずらっと並ぶ4枚目の切手に描かれている風車に圧倒されます。この最新技術が、伝統の凹版印刷で丁寧に切手にされている、そのコントラストに魅力を感じます。

Bio Energy / バイオエネルギー

July 30, 2009

Denmark2009001
Denmark2009002

7 January 2009, Denmark

Bio Energy and Low Energy Building
Announcing COP-15, held in Copenhagen December 2009
design: Faber + Wildschiødtz
engrave: L. Sjööblom (9 DKK) & M. Mörck (5.5 DKK)

Beautiful graphic design made me bought them first, then I found what the stamps are about later.  What a brilliant storategy to promote important event such as Convention on Climate Change.

美しいグラフィックに魅せられて買ったこの切手。調べると今年の12月にコペンハーゲンで開かれる地球環境の国際会議COP-15を予告する切手でした。この会議をアピールするために企画されたCOP15サイクリングツアーは5月23日に東京を出発したようです。

Watering the earth / 国土に水を

June 2, 2009

1981France001

14 March 1981, France
l’eau
design: Virginie Saura, engrave: C. Jumelet

It makes me smile naturally.
なみなみとした水に囲まれて、微笑んでいる国土がかわいいですね。

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 3,629 other followers