Archive for the '-bicycle & cycling' Category

diversity in Tour? / ツールにも多様性?

July 23, 2013

1960Togo001

27 Feburary 1960, Togo
Olympic Games, California & Rome
designer: M. Shamir / engraver: Claude Durrens

The Tour de France 2013 winner Chris Froome is Kenyan-born British and he says that he wishes to inspire young cyclists from Africa.  To celebrate the future diversity in this sport, I feature this mellow coloured yet crisp stamp from Togo.

By the way – it is a terrible choice of picture in the BBC article – is it only me that thinks so?

今年のツールドフランス勝者のクリス・フルームはケニア生まれで、ツールのために特訓したというフランス語のほかに、スワヒリ語も話すそうです。優勝後のインタビューで、自分の姿が若いアフリカ出身のサイクリスト達を元気づけたら嬉しい、と語っています。ツールの未来の多様性を予想して、トーゴから、かりっとした凹版印刷の色がきれいなこの切手を。

それにしても、このBBCの記事に使われているクリス・フルームの写真を選んだ記者のセンスを疑うのはわたしだけ?

celebration / よくがんばった

July 21, 2013

1957Colombia001

1957 Colombia
7th Tour of Colombia

Today is the final stage of the Tour de France 2013 – post Armstrong ‘clean’ tour as well as the 100th edition.

I have been supporting Nairo Quintana from Colombia since he made his great challenge in the mountain stages.  He won a stage yesterday and became 2nd place in this years Tour.  I always support the small built athletes in any sports – he is 166 cm high, 20 cm shorter than the winner Chris Froome!

Colombia has a long history of cycling as this stamp tells us.  Quintana might be the first Colombian winner of Tour de France in the coming years.

今日はツールドフランスの最終日。アームストロングがドラッグ使用をとうとう認めてツールファンをがっくりと落胆させ「クリーンなツール」が叫ばれてはじめての、そして開催100回目のツールドフランスでもありました。

一週めの登坂ステージでコロンビア出身のナイロ・キンタナがその存在を見せて以来、わたしはこのアメリカ先住民の血を濃くひく風貌のレーサーを応援していました。彼が身長166センチと小柄なのも、近ごろのスポーツ界でめずらしく。優勝したイギリスのクリス・フルームと20センチも差があります。

最終日に彼が総合2位でツールを終えたことを祝って、コロンビアの1957年の切手です。

Lights on the bike! / 自転車にライトを

December 22, 2012

1973Hungary001
*exch. 057 ( one used only )

1973 Hungary
‘Lights on the bike’

Yesterday was the Winter Solstice and from today we have day time getting longer.  Hurrahhh!  But still, it is a rainy, dark, miserable day today.  Grrrrrrh.

In this dark and shallow light season, all drivers have to be very careful watching the road.  Bicycles without lights popping out from side roads are real danger.  Please do fit your bike with the brightest set of lights!

This Hungarian stamp is telling us of the importance of the lights, also depicting the dark European winter very well.

世界が終わらなかった昨日は、冬至でもありました。久しぶりに晴れたこともあって「明日から昼間が長くなる、ららら〜ん」と喜んだのに、一夜明けるとまた暗い朝で、一日中雨。

こんなに暗いイギリスでは、車の運転も慎重にならないといけません。わき道からすっと出てくる無灯火の自転車には、毎度どきっとさせられます。

ざらざらした紙の質感と濃紺の印刷で、ヨーロッパの暗い冬の感じがよく出ているハンガリーの切手。「自転車にライトを!」という呼びかけが切実です。

Sir Paul’s Olympic Games / ポール・スミスのオリンピック切手

September 1, 2012

1 January 2012, Isle of Man
London 2012 Olympic Games
design: Sir Paul Smith

There is another set on the Olympic Games, designed by Sir Paul Smith.

I like the top one the best.  As the designer stated in the presentation pack, they are positive and colourful – but I suspect that he did not take a long time to research and design them, unfortunately…  The in-house design team was perhaps shocked by the colour restriction and smallness of what they had to design – even so, for example, the stamp on Archery issued in 2009 has a similar and better composition.

Anyway, they are cheerful and pleasant if you use them on an envelope and a post card, as their colours are sophisticated.






オリンピックにちなんだ切手が、マン島の発行で1セット出ていました。ポール・スミスのデザイン。

一番上のプールのは、色合いと構図が好きです。「はつらつとカラフルな切手にしたかった」と本人も言っているように、こうやって並べるとさすがに色使いはこなれていると思う。

けれど、時間をかけて真面目にデザインしてないよね、サー・ポール。普段はふんだんに色数を使ってファッションアイテムとかパッケージ、広告などを手がけているインハウスデザイナーが、リサーチもほどほどに、ボスのスケッチを整えてセンス良く色を乗せました、、、という印象。たとえば、最後の一枚アーチェリーは、2009年のパラリンピック・シリーズの一枚のほうが緊張感があってかっこ良いと思う。自転車だって、背景に描かれたベロドロームでの競技用自転車ではないし、サドルをクロップして外すか?という感じ。

でもまあ、封筒に貼って出すにはすっきり綺麗だし、元気よく楽しい雰囲気にはなりそうですが。

Olympics 48 years ago / 48年前

August 8, 2012

1964 Czechoslovakia
Summer Olympic Games in Tokyo
designer: A. Podzemna
engraver: J. A. Švengsbír

Bradley Wiggins, Sir Chris Hoy, Jason Kenny, Laura Trott and Victoria Pendleton… ‘Team Britain’ is producing a lots of Olympic gold medalists in cycling.  The Olympic velodrome is full of spectators everyday, sending huge applause to the athletes.

I like this stamp from Czechoslovakia, on the Olympics from 48 years ago – which was held in Japan.  Carefully planned intaglio engraving with 4 colours.  The 1964 Olympics was a really big thing in Japan, as it was a symbol of reconstruction after the Second World War.  There is an exhibition at the Embassy of Japan in London, ‘TOKYO 1964‘ until 7 September.

連日のようにオリンピックのハイライトを見ているのはトラック自転車競技。なぜいきなりチーム・ブリテンはこんなに強くなったのか。層の厚いトレーナーだけでなくカウンセラーも精神面をサポートしているようで、それも理由なのかもしれませんが、選手たちがインタビューで話しているように、観客の大声援にも支えられているのですね。

この切手は1964年の東京オリンピックの自転車競技を描いたチェコスロバキアの切手。ピンクのグラデーションが画面を引きしめつつ、愛らしい図柄です。今、ロンドンの日本大使館では『TOKYO 1964』と題した48年前のオリンピックにまつわる展示が行われています。

Bravo Wiggo / 初の英国人ツール勝者

July 24, 2012

16 July 2002, UK
17th Commonwealth Games, Manchester
design: Madelaine Bennett

Bradley Wiggins has become the first British winner in the history of the Tour de France.  It was really exciting to watch him winning the individual time trial stage on day 19 – even when he knew he was the winner of the Tour, he did not stop pushing his bike faster!

This stamp is showing the Team pursuit, in which Wiggins won the silver medal at the Commonwealth Games, held at his home ground of the Manchester Velodrome.  I am just imagining one of the three racers might be Wiggo.  His career was built step by step since that time, adding mountain climbing skills on top of his talent in the time trial – a sport of solitary effort.  After all of those endless trainings, team work and physical and psychological support, he has been drawn as a Bicycle Saint by howies!

イギリス人初のツールドフランス優勝者になったブラッドリー・ウィギンズ。19日目のタイム・トライアルでは、もう勝者だと分かっているのに全力で駆け抜けてステージ優勝までして、ノリにのっている感じでした。

この切手で使われているのはウィギンズが頭角をあらわし始めた約10年前の団体追抜競技( Team pursuit )の写真です。2002年コモンウェルスゲームズで英国は銀メダルを穫ったので、写っている選手の一人がウィギンズだったとしても不思議はないです。もともとトラック競技のタイムトライアルに強かったウィギンスは、ロードレースに必要な坂道でのスキルを少しずつ身につけ、チームメートに助けられ、32歳にしてツールの勝者となりhowiesのTシャツではとうとう聖人に!

vintage cyclist / ヴィンテージ・サイクリスト

July 7, 2012

2 August 1952, Czechoslovakia
‘Physical Culture Propaganda – Cycling’
designer: V. Šprungl
engraver: J. Goldshmied

I joined a vintage cycling event in Belgium last weekend, named Retro Ronde.  About 5oo cyclists had gathered from all over the world – with their bicycles older than 30 years and matching clothes to one’s bike age.  It is a well-organized event, scenic route and snack stops, also tasty beer and dance with a swing band after you finish the ride.  I rode for 40km on my bike from 1970s, my partner did for 70km on his 1950s bike, both French made.

Many of the bicycles in Retro Ronde are 1950s to 1960s racing ones, so the suitable clothing is similar to what this stamp is showing.  But if you look at this stamp closely – the bikes are for track racing with no brakes or mudguards fitted.  The stamp designer seemed to put track racers in a piece of a rainy road…?

先週末はベルギーで、ヴィンテージ自転車で田園を走る「レトロ・ロンド」に参加しました。30年以上古い自転車に乗り、自転車の年代と揃ったコスチュームで参加、というのがルールです。わたしは1970年代フランス製で、世界中から集まるヴィンテージ自転車ファン500人と一緒にスタートして40キロを走りました。

レトロ・ロンドにはたくさんの1950年代から1960年代のレース用自転車が集まっていて、それらにふさわしい服装はまさにこのチェコの切手に描かれている感じです。けれど、この切手をよく見ると、自転車はトラック・レース用の泥よけやブレーキのないタイプ。なのに、レーサーたちは雨に濡れた山路を走っている、、、?

young racer / 若いレーサー

July 4, 2012

30 May 1996, Slovakia
‘Round Slovakia’
designer: Róbert Brun
engraver: Martin Srb

The Tour de France started last Saturday. A young racer from Slovakia, Peter Sagan, has won two stages in the first four days.  He was born in 1990, a year after the Velvet Revolution dissolved the Communist country Czechoslovakia to form the Czech Republic and Slovakia.  Slovakia joined the EURO zone in 2009.

As cycling was popular in Czechoslovakian times, the new-born country has succeeded in this tradition of cycling.  This stamp from 1996 is showing their enthusiasm for the sport – pedaling very hard!

ツール・ド・フランスが先週末に始まりました。まだ4日目ですが、そのうち2ステージをすでに制しているペーター・サガンスロバキアの出身で1990年生まれ。チェコスロバキアが共産圏を脱して民主国家になったのちに生まれた世代です。スロバキアは3年前からユーロ通貨圏にも入りました。

旧チェコスロバキアでは自転車競技が盛んで、それを引き継いでスロバキアもこんな切手を発行しています。肩に力が入り、前かがみでペダルを踏む選手!まさにゴール前、総身の力を込めている姿。

five continents / 五大陸

March 3, 2012

1984 Czechoslovakia
Summer Olympic Games in Los Angeles

The five colours of the Rainbow Jersey – Blue, Yellow, Black, Green and Red – are representing five continents.  And yes, I finally realise that they are the same colours to make Olympic symbols, which was designed in 1912.  Now I learnt that each colour represents Europe, Asia, Africa, Oceania and North & South America in that order.

This stamp shows a track race, nearing the finish – the sprinter in front is a little behind the other – but for sure, he will be the winner as the other racer is distracted by the speed of the guy in the Czech national jersey.

マイヨ・アルカンシエルの5色がオリンピックシンボルの5色と一緒だということに、今ごろ気付きました、、。青、黄、黒、緑、赤の五色はその順にヨーロッパ、アジア、アフリカ、オセアニアと南北アメリカを表す、と英語版ウィキペディアにあるけれど、日本語版では「どの色の輪がどの大陸をあらわしているかという意味はない。」と書かれている、不思議。アジアが黄色って!?と抗議する人がいるとも思えないのですが。いるのかな。

この切手はチェコ代表選手がトラック競技のゴールを競っている図柄です。チェコ代表はこの時点で2位に見えるけれど、もう一人の選手があれ?と横を見ているうちに追い抜かして1位になるに違いない、というスピード感が好きです。

Duhový ( rainbow ) / 虹の道

March 1, 2012

1987 Czechoslovakia
Cyclocross World Championship

There is another stamp on the theme of rainbow colours and cyclocross.  This time, intaglio printed Black plus three colours are used – green is made with Yellow and Blue, Light Blue is made by dots of Blue and the Grey… oh, no, looks like Grey, but is Silver.  Two years before their Gentle Revolution, the Post Office had a generous budget for popular sports of the country.

I like these Czechoslovakian intaglio stamps with gravure colours added – simple and free minded drawings.

サイクロクロスとレインボー・カラーの組み合わせでもう一枚。

これは凹版印刷のかりっとした黒い線にオフセットの原色の赤と黄色と青を足して、緑は青と黄色を重ね、グレーは黒のドットで、、、と思いつつよく見ると、自転車と背景の2人はグレーではなくて銀色でした。「ビロード革命」が起こる2年前の1987年、共産党政権に対する不満が高まって選手の表情が暗いのかな?でも郵便局はふんだんに資金を持っていたみたい、、、などと邪推したくなるのですが、チェコスロバキアの白バックの闊達なドローイングの切手はどれも好きです。

Maglia iridata / マリア・イリダータ

February 29, 2012

1979Italy002
1979Italy001

27 January 1979, Italy
World Championship of Cycling – Cyclo Cross

The rainbow jersey is known as ‘Maillot arc-en-ciel’ in French and ‘Maglia iridata’ in Italian.  This time, the stamps are showing Cyclo Cross – the athletes sometimes have to carry their bikes during the race.

These Italian stamps are kind of evocative – reminds me when I prepared for an entrance examination for the Art university in Japan.  I have a piece of paper and coloured pencils – then the brief says ‘You have five colours.  Make a colour composition in relation to the words – ‘Rainbow stripes’, ‘Cyclo Cross’ and ‘Speed’.  Condition: use geometrical lines only.  Time: 1.5 hours’.

In fact, the colours are nicely overlapped with knowledge of the print processes.

マイヨ・アルカンシエルは英語では「レインボージャージ」イタリア語では「マリア・イリダータ」になります。この切手は、競技の途中で自転車をかついで走るサイクロクロスの世界選手権を描いています。

この切手を見ると、美大受験の予備校での色彩構成の練習を思い出すのです。課題は『レインボージャージとサイクロクロス:色は5色まで使用可。幾何学の線のみを用いて色彩構成し、スピード感を表現せよ。時間は1時間半』

でも実は、印刷のことをよく知っている人が色を重ねて構成している、手のかかっている切手ではあるのですが。

Rainbow jersey / マイヨ・アルカンシエル

February 28, 2012

1960, German Democratic Republic
Cycling World Championship

In international cycling events, you see a rare few athletes wearing this jersey – 5 coloured stripes on a white background. They are called Rainbow jerseys and only World Champions of the time are allowed to wear them, and only in the discipline in which they won the Championship.

This stamp shows a racer Gustav-Adolf Schur of East Germany (via), who was twice the winner of the World Road Race Championship in 1950s.

Those racers look proud of wearing the Rainbow jersey, but they are also fighting against the ‘Curse of the rainbow jersey‘ – the champions are always challenged by competitors.

自転車競技を観ていると、5色の縞で飾られたこのジャージを目にします。これは「マイヨ・アルカンシエル」と呼ばれ、自転車競技大会の世界選手権の優勝者のみが着ることができます。ストライプの緑、黄、黒、赤、青の5色は五つの大陸を表しているのだそうです。

この切手には世界自転車選手権で1958年と59年に2度の優勝を果たした東ドイツのグスタフ=アドルフ・シューアが描かれています。

マイヨ・アルカンシエルを着るのはもちろん名誉なのですが、次にレースに臨むと「アルカンシエルの呪い」と呼ばれるような結果や事故が起こることすらある、という例を上記のウィキペディアで読んで、勝者のプレッシャーというのも大変だなぁ、、、と思ったのでした。

追記:友人が「自転車が小さい」とコメント。たしかに、そう思ったら選手が妙に大きいですよね。実は、このグスタフさんが巨大な選手で、切手デザイナーはことさらそれを強調した、、、というような事実が見つかると面白いのだけど。

spectators / 観客の存在

February 21, 2012

31 March 1962, German Democratic Republic
Cycling World Championship

It was interesting watching the Track Cycling World Cup highlights on TV this past weekend. Several athletes mentioned that they were supported by the spectator’s cheers a lot, especially when they were almost burnt out towards their goal.  It seems that cheers make a difference to achieve good competition and new records.

This stamp is showing a lot of spectators in a velodrome – although their faces are a bit expressionless…   I featured another stamp, which is showing spectators alongside the road to support Tour de France racers – in this case, they are more animated with their arms raised.

トラックレースの中継やハイライトを観ていて印象に残ったのは、レーサー達が観客の声援に励まされたことを繰り返しインタビュアーに話したことです。6000人の観客が立ち上がって応援したイギリス選手達がよい結果を残したのも、偶然ではないのでしょう。競技場では、選手たちはたくさんの応援者を代表して頑張るわけですね。

この切手も自転車競技場の観客の顔が選手のうしろにびっしり描き込まれていますが、表情にとぼしくちょっと怖い。もう一枚、以前に紹介したツールドフランスの切手には、沿道の観客がしっかり盛り上がっている様子が描かれています。

track cycling / トラックレース

February 19, 2012


1963 Belgium

For the last three days we have been watching the Track Cycling World Cup, which was held at the new Olympic Velodrome in London.  It seems the velodrome is a really fine piece of architecture and the audience there were very excited to witness great performances, especially by the British racers.

This set of stamps are delivering the atmosphere of the indoor velodrome well, also the tension and speed of track cycling.  Keirin, a type of racing originating from Japan is now one of the official event in the World Cup and a pacer, on a Derny motor bike is the peculiarity of that race, although the stamp above actually shows another type of motor paced racing where each racer is paced by their own motorbike.

Back in 1963, these stamps were sold to raise supportive fund for Belgium cyclists to be at the Tokyo Olympic in 1964 (via Va-lo:Vé-lo ).  The fund might help the Gold Medal of 1000m time trial in the Olympic.

金曜日から3日間、ロンドン・オリンピックのために建てられた自転車競技場で開催された「自転車トラック競技ワールドカップ」のハイライトやライブを観ていました。初日に会場に行ったパートナーのレポートによると、マイケル・ホプキンス設計のこの建築はとても素晴らしいらしく、観客すらも高揚感を持つようです。

この切手はそんな室内競技場でのスピード感やゴールの緊張をよく伝えています。特に一枚目の、がに股でバイクに乗った「ペーサー」と呼ばれる人が自転車を先導する切手が面白い。日本の競輪競技が世界的な種目になった「Keirin」ではこのペーサーが一台登場し、選手を牽引します。

1963年に発行されたこの切手は、翌年の東京オリンピックに出場するベルギーの自転車選手のための基金を募る寄附金付き切手でした。この基金が功を奏したのか、オリンピックではベルギー選手がトラックレースの1キロ・タイムトライアルを制しています。

peace race / 平和な競争

July 25, 2011

1962 Poland
Peace Race, Berlin-Prague-Warsaw

The last day of the Tour de France is traditionally peaceful and friendly – until a few laps before the goal.  All the team members of the winner and lots of others wore yellow sun glasses this year, as if they praised everyone’s courage.  Yes, riding through 21 stages is already a huge achievement.

These stamps are celebrating the 15th Peace Race, which started in 1948 to recreate a friendly reunion between Czechoslovakia and Poland, then extended to Berlin in 1952.  ‘Peace’ in different languages shows how international the race was already in 1962.

I forgot almost – but the right hand side top corner of this stamp below is my blog icon picture.

昨日のツールドフランス最終日は、恒例の「競争しない日」で、和気あいあいと話しながら、黄色のサングラスで勝者を讃えながらの行進、という風情。ただ、ゴール直前のシャンゼリゼでのスプリントだけは例年盛り上がります。

この2枚の切手は1948年に戦後の関係修復としてポーランドとチェコスロバキア間で始まった「平和レース」の15回目を祝ったものです。1952年には東ドイツも加わって3都市間レースになり、その後さらに距離も伸びて2006年まで続きました。

ほとんど忘ていましたが、2枚目の切手の右端がこのブログのアイコン・イメージです。ブログを始めてから2年と2ヶ月後にやっと掲載。

god of speed / スピードの神様

July 23, 2011

1975 Ecuador

Stage 20 of Tour de France was the sole individual time trial.  A lot of solitary battles on the 42.5 km route.  Cadel Evans became the first Australian winner of this historic race.  He was absolutely tuned into winning – as if the God of speed was with him.

This Ecuador stamp is showing a cycle racer ( doesn’t it? ) in the style of their Inca god – in the form of a time trialist.  I wish Thomas Voeckler had come at least third – he did really great, though.

今日のツールドフランスは個人のタイムトライアルで、優勝を賭けた孤独な戦いはオーストラリアから初めてのツール勝者となるカデル・エバンスが制しました。「勝ってやる!勝ってやる!」と背中に書いてあるような、そんなこぎっぷり。

エクアドルの切手の中でタイムトライアルのポジションで疾走しているレーサーは、インカの神様の装束です。今日のエバンスには、たしかにこんな神様が一緒でした。応援していたトマ・ヴォクレールは無念の4位。よく頑張った!!

mountain stage / 上り坂

July 22, 2011

1960Morocco001

1960 Morocco
designer:  Albert Decaris
engraver:  Claude Durrens

It was a tough mountain stage at the Tour de France today – the racers made a great effort to pedal up Alpine mountains.  The last one was 15 km long up-hill – Alpe d’Huez – after they have already ridden 85 km on very hilly roads…

This stamp from Morocco for the Olympics in Rome shows the climbing moment – the strange shape of his mouth is maybe expressing the clenching of teeth!  Arabic letters are dancing around this racer, supporting his effort – maybe?

今日のツールドフランスはタフなアルプス越えでした。歯を食いしばって渾身の力でペダルをこぐ若者たちは感動を呼びます。レースのハイライトを見ていると、だんだんと自分も一緒に坂道をこいでいるような気になって、終わるとぐったり疲れるのでした。

このモロッコの1960年の切手はそんな山道をこぐレーサーを描いているようです。口が変な形になっているのが「うへー」と言っているようにも見える。上下のアラビア文字が飛び跳ねながらフレーフレーと応援している風情なのですが、、、読めなくて残念。

the winner / 勝者エディ・メルクス

July 20, 2011

22 July 1972, France
World Cycling Championships
design & engraving: Georges Bétemps

This stamp does not show the name of the rider pictured, but it is Eddy Merckx who won the World Championship in 1971.  Shortly after the launch of this stamp, he also won the Tour de France of 1972, for the third time.

On the contrary to this feature, I am enjoying the absence of the ‘superstar’ in the Tour de France 2011 – stage winners are honestly talking about the support they have received from team mates, and I like the modest comments by Thomas Voeckler, who has kept his Maillot jaune for nine days.  I am now a great supporter of his – why not a French winner after 26 years of foreign riders winning?

名前は載っていませんが、描かれているレーサーは世界選手権自転車競技大会の1971年の勝者エディ・メルクスだと思われます。この切手が発行された数日後に、彼はツール・ド・フランスの1972年の優勝を飾りました。

この切手とは対照的に今年のツール・ド・フランスはスーパースターが不在で、それがいい感じなのです。ステージ勝者たちはチームメイトの協力を讃え、9日もマイヨ・ジョーヌを保持しているトマ・ヴォクレールはインタビューのたびにすっとぼけた調子で「明日はどうなることやら、、」と八の字眉毛の笑顔になる。クールなスターよりも、不安と隣り合わせのこんなレーサーを応援したくなります。さて、26年ぶりにフランス人が優勝するのか!?

final sprint / 最後のひとこぎ

July 15, 2011

1969Belgium002

5 July 1969, Belgium
Road Championship of the World

The sprint competition points system has been changed for this years Tour de France, which is making the tour more exciting to watch.  Teams work hard to bring their sprinter to the height of speed to ride for the intermediate sprints – as well as the final few hundred of meters before the goal of the day.

This Belgium stamp from the late 60′s depicts well the hard work of legs and I can almost hear the squeaking noise from the bike…

ツールドフランスのスプリントポイントの数え方が今年から変わり、ハイライトを観る楽しみが増えました。チームが一丸となってぐりぐりと前に進み、一番早いスプリンターを最後にラインに送り出す。ライン間近で競り合うそんな瞬間の選手たちの全身の筋肉の動きや「うがー!」という表情は迫力があります。

この1960年代最後のベルギーの切手は、自転車がきしむ音が聞こえてきそうなほど、その瞬間の様子をとらえていて、お気に入りの一枚です。

cycle lanes / 日常の移動手段

January 26, 2011

6 September 1995, Germany
Stamp Day

I was in Köln last week and saw a lots of cyclists like this lady in the centre of the busy town.  Separated cycle lanes are placed between car lanes and pavements all over the town and suburban area.  You can take your bicycle into trams, as well as trains.  With this superb infrastructure, the cyclists are relaxed to move around, less cars and fuel consumption – as a result you become fit, too.  Why not those separate lanes in London??

家具見本市でケルンに行き、車道と舗道の間に作られた自転車専用レーンを行き来するこの切手のようなサイクリストをたくさん見ました。郊外行きの列車はもちろん、町中を走るトラムにも自転車を持ち込める。こんな環境がロンドンにもあれば、もう少し安心して走りまわれるのになぁ。

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 3,585 other followers