Archive for the '1965-69' Category

pre heraldry / 紋章のルーツ

June 28, 2014

1966UK010
1966UK009

14 October 1966, United Kingdom
900th Anniversary of Battle of Hastings
design: David Gentleman

The heraldry was born from the marks on the battle shields used by the medieval knights.  The shields in these stamps show one of the most early primitive signs of families or individuals, used to classify the foe and ally.

These stamps are based on Bayeux Tapestry, depicted the Battle of Hastings in 1066.  They give us some idea of how brutal those battles were.  Even a thief is taking cloth off a dead body and the silhouette of the Queen is looking at that scene rather calmly.

1966UK014

中世の騎士が持って戦った盾に描いた模様が、紋章のはじまりだったそうです。この切手に描かれている戦場の様子を描いたタペストリーが、紋章を説明する時にかならず出てきます。戦いの敵と味方を見分けるために、視界の悪い兜ごしにもはっきり見えるような単純な模様が選ばれて使われ、だんだんと親から子に継承される家紋のようになっていったのですね。

900年前にフランスのノルマンディーからイングランドに攻め入ったヘイスティングズの戦いを記念している切手ですが、死体から服をはぎ取っている場面をじっと見ているかのような、女王のシルエットがクールな構図です。

17ポストめの馬の切手でもありました。

year of horse started / 午年、明けました

January 3, 2014

1969Germany001

6 February 1969, Germany
for the youth: Horses
Thoroughbred / Draft horse / Pony / Warmblood

Happy New Year to you all!

2014 is the year of the Horse. The sexagenary cycle is completed with 12 animals and my icon of the zodiac is horse – I was born 48 years ago.  That year was a little special ‘Fire Horse‘ and birthrate of the year in Japan was 25% decreased than the year before.

During the last month, I read a book titled “What on Earth Happened?” and learnt how significant the domestication of horse was in the ancient world.  Horses were used to plough fields, to communicate with speed and to fight in wars.  I have more than 80 stamps with horses depicted and I am featuring several of them in coming posts.

First set is from Germany and from the top, I would nickname them form the top ‘sublime horse’, ‘heavy horse’, ‘friendly pony’ and ‘speedy horse’.

1969Germany004
1969Germany003
1969Germany002

2014年、あけましておめでとうございます。

48年前のひのえうまに生まれたわたしは、年女です。出生率が25%も低かったこの丙午について英語で説明するのは時間がかかりますが(笑)、八百屋お七が生まれた(?)とされる1666年はロンドン大火の年と知った時には、妙な因果を感じました、、。

年末にほぼ3週間かかって読み切った『137億年の物語』という本で、昔の人が馬を家畜化したことが、どれくらい歴史にインパクトを与えたか、ということを学びました。畑を耕し、情報や商品を速く運び、戦争で優位に立つために使われた馬。そんな歴史を通して、馬は人から愛されたり神格化されたりしたのですね。数えたら80枚以上の「馬の切手」を持っていたので、いろいろな角度から紹介していきたいと思います。

まずはドイツからの4枚セット。上から順に「神々しい馬」「働く馬」「仲良しポニー」「速い馬」という印象でしょうか。

grapefruit / グレープフルーツ

September 29, 2013

1967Cameroon001

1967 Cameroon

Another African stamp showing Grapefruits – a friend of mine told me that Japan is importing them this season.

Cameroon was a German colony between 1884 – 1922, after then it became a French and British colony.  This stamp was issued several years after the country became independent.  This design is trying to depart from French and British stamp design heritage – and it is strong as a result.

日本でこの時期アフリカ産のグレープフルーツを食べているという友人のコメントを受け、もう一枚。

19世紀の終盤から約40年ドイツの植民地だったカメルーンはその後フランスとイギリスの植民地に分かれ、1960年と61年に両国から独立した経緯があります。この一枚は、どちらの元宗主国の切手デザインの傾向からも離れ、アフリカ的でオリジナルな強さが出ている切手です。

combing hair / くしけずる

September 13, 2013

1969Japan012
*exch. 062 ( one mint only )

20 April 1969, Japan
“Hair”  (1931)  by Kobayashi Kokei ( 1883-1957 )
Philatelic Week
layout: Hideo Hasebe

This was the first Japanese stamp featuring a painting of a topless female.  The artist Kobayashi Kokei was living in London between 1922 – 1923, where he copied Gu Kaizhi‘s “Admonitions Scroll‘ exhibited at the British Museum.

In this piece, he painted very delicate hair lines and the younger sister combing it, as well as depicting the fashion colours of 1930’s Japan.  His house was planned by Isoya Yoshida and it is reconstructed next to his museum in Jōetsu City.

昭和44年4月20日発行
切手趣味週間
小林古径画『髪』(昭和6年)
原画構成者:長谷部日出男

女性の上半身裸が初めて日本の切手になったのは1969年です。画家の小林古径は1922年から翌年までロンドンに住んでいて、大英博物館で展示されていた顧 愷之(344-405)の作品「女史箴図巻」を模写して線描の練習をしたそうです。

この作品は、線描での簡潔な描き方とシンプルな色合いが綺麗で、昭和初期の衣服や色合いが美しく描かれています。吉田五十八によって設計された小林古径邸は、新潟県上越市に移設されているらしく、いつか見に行きたいなぁ。

backstroke / 背泳

August 20, 2013

1965Mali001

1965 Mali
African Games at Brazzaville

One more swimming stamp from Republic of Mali, issued for a celebration of African Games in the capital of Congo.  Another simple intaglio stamp with vivid colours and dynamic movement.

泳いでいる女性の切手をもう一枚、アフリカ北西部のマリ共和国から。コンゴの首都ブラザヴィルで開催された、アフリカ競技会を記念した切手です。これも凹版印刷の色合いがきれいな、さわやかな切手。

in the Arctic seas / 北の海

July 21, 2013

1968Canada002

10 April 1968, Canada
Narwhal, Monodon monoceros
design: John Alexander Crosby

This image, again showing below and above the sea – looks cool, too.  Narwhals are living in the Northern sea, where icebergs are floating around.  The long tusk is a sensory organ to detect temperature and atmospheric pressure.. amazing!

水中と水面の上を描いている、さらに涼しげな一枚をカナダから。イッカクは氷山の浮かぶ北極圏だけに棲んでいるようです。歯が変形した長い牙は、気圧や温度変化を感知する高度な感覚器だって。うーん、すごい。

lattice tower / 鉄塔

May 9, 2013

1965Neth Antilles001

17 May 1965, Netherlands Antilles
Centenary of International Telecommunication Union
design: E. N. Ayubi

This is the 8th and the last stamp on the same theme of ITU – from a former constituent country of the Kingdom of the Netherlands, in the Caribbean.

The zig-zag arrow, in between two lattice towers, is expressing wireless communication over distance.  Cute!

「国際電気通信連合の百年」を記念する切手の8枚目はカリブ海にある旧オランダ領アンティルからの発行で、これが同じテーマでの最後の一枚です。

電撃マークが連合のロゴを抜け出して、すっくと立つ2本の鉄塔の間をビビッと飛んでいます。見えない通信が行き来していることを想像させてくれる、微笑ましいデザイン。

orbit of satellite / 衛星の軌跡

April 29, 2013

1965USA001

6 October 1965, USA
Centenary of International Telecommunication Union

Crisp intaglio stamp from the USA on the same theme as the 1965 ITU – expressing its 100 years progress with Morse code and the tracks of communication satellites.  The Morse code can be read… itu itu itu and itu.  A simple yet well designed stamp, I would say.

同じく国際電気通信連合の百年を祝う、かりっとした凹版印刷のアメリカの切手です。100年間の通信の進歩が、地球を横断するモールス符号と通信衛星の軌道で表現されています。モールス符号でITUが4度くりかえされ、意図と構成のはっきりした明快な切手。あ、でもITUの存在はモールス信号が分かる(または読もうと努力する)人にしか、伝わらないのだった、、。

electrical arrow / 電撃

April 23, 2013

1965Bermuda001
1965Bermuda002

1965 Bermuda
Centenary of International Telecommunication Union

I found more stamps issued for the same theme, the 1965 Telecommunication Union.  This set is from Bermuda, a British overseas territory, thus it has the silhouette of the Queen.  Apart from the Queen, the designer made his/her own interpretation on the ITU’s design guidance – the zig-zag arrow is extended, making a nice and simple composition.

なぜだかたくさん持っている、1965年の世界共通テーマ切手。これはイギリス領バミューダ諸島から発行されたもので、女王のシルエットは欠かせません。けれど、その女王のほかは、デザイナーはリベラルにITUのガイドラインを解釈したようで、ロゴに出てくる電撃がばーんと地球をつらぬいて、シンプルだけれど色がきれいで、勢いのある切手です。

slight variation / バリエーション

April 19, 2013

1965Japan002
*exch. 060

17 May 1965, Japan
Centenary of International Telecommunication Union
design: Yoshiomi Higashikadoi

Issued for the same theme of telecommunication as the previous two stamps from Ceylon, Brazil, France and British.  A Japanese stamp designer had taken guidance from the ITU a little straight, and made minor changes – somehow this modest stamp appeals to me, it’s charming.

If you look at the little detail of the electrical Insulators, and find slight differences in shape between each country – you might share an odd passion on ‘Insulator watchers’ – I am one of those proud Otaku.

昭和40年5月17日発行
国際電気通信連合( ITU )
デザイン:東角井良臣

続けて掲載しているセイロンブラジルフランス、そしてイギリスからの切手と同じく「国際電気通信連合の百年」を祝う切手です。連合が発行したデザインのガイドラインに沿っているけれど、少しだけ変えた中央の地球と背景の空に浮かぶ星が、この切手を愛らしくしているみたいです。

電信柱からひょろっと飛び出ている絶縁体の形が国ごとに少し違うことに気付いたあなたは、、、ガラスのでも陶器のでもがいしを見るとつい欲しくなってしまう、わたしと趣味を同じくするがいしファンですね。

same design, different colour / 色違い

April 1, 2013

1965Ceylon001

1965 Ceylon
Centenary of International Telecommunication Union

It seems that the ITU ( or UIT ) had issued some design guidance to all the countries for these centenary stamps.  Then each post office made their own version – some countries paid respect to the motif and layout, and other interpreted it more freely.

This Ceylon ( became Sri Lanka in 1972 ) stamp is an obedience one, with their three official languages – Sinhala, Tamil and English.  The most radical design on the same centenary is from Ceylon’s ex-suzerain country, the United Kingdom.

結成100年を祝う切手のために、国際電気通信連合は各国に「こんな図案で切手をつくろう」と呼びかけたのだと思われます。ひとつ前のブラジルと、このセイロン(現スリランカ)の切手は、色だけ変えてほぼその通り出ている。シンハラ語とタミル語がくるくる踊っていて、可愛いですね。

電気通信連合のガイドラインはほとんど気にせず、独自のデザインをほどこした国もたくさんあって、2つ前のフランスよりもっと自由奔放なのがセイロンの宗主国だったイギリスからのこのセットでした。

UIT 100 years / 国際電気通信連合100年

March 30, 2013

1965Brasil001

1965 Brazil
Centenary of International Telecommunication Union

Seeing the top left hand corner of the previous stamp, I remembered this one – a Brazilian stamp which has the same UIT logo with the globe.  Yes, they were issued for the same centenary and this colour combination of bright yellow and green reminds me of cheerful Brazilian music.

ひとつ前に紹介したフランスの切手の左上に見える国際電気通信連合のロゴが中心に置かれているこれも、同じ100年記念の切手でした。明るい色合いがなんともブラジルらしく、この切手が色付きの封筒に貼られて来たら嬉しいだろうな、と思う。印刷の中心が少し外れているのも愛嬌でしょう。

and satellite transmission / 衛星通信の登場

March 25, 2013

1965France002

1965 France
Centenary of International Telecommunication Union
design & engraving: Albert Decaris

The last stamp which is showing a Telegraph key – this one shows the history of telecommunications, all-in-one.  The aerial in front of the dome is called a Helical antenna, which was built for High frequency radio communications before the usage of satellites.

I like this way to apply the traditional printing method of intaglio, for picturing the historical and the latest technology, together with lots of stars ( and satellites ) in the sky.  Designed by the same engraver as this stamp, one of my top favourites.

電鍵の描かれた切手をさらに一枚。これは国際電気通信連合の百年を記念したもので、モールス機器から当時最新のサテライトまでを網羅しています。右下のドームの前で斜めに立っているのはヘリカルアンテナと呼ばれるもので、衛星が回遊する以前の地球表面上での短波通信に活躍しました。

通信機器の歴史が夜空の星と(はるか彼方のサテライトも)一緒に丁寧に彫られている、こんな凹版切手が大好きです。彫刻師の名前をチェックして、一番お気に入りのこの切手と同じ作者だと分かってにっこり。まぁ、完璧なオタクですか。

Chinese New Year / 旧正月のお祝い

February 9, 2013

1965Taiwan001
1965Taiwan002

1 December 1965, Taiwan
‘Folklore Stamps’
designer: Wen Hsueh-ju

Today is Chinese New Year – the official beginning of the year of the Snake.  You may witness a traditional style celebration in the China Town near you.

This set of stamps are from Taiwan – and they were printed in Japan.  I enlarge a part of it, as you can see the sparkling collaboration between a Taiwanese designer and Japanese print technician on the pattern of traditional costume.  This Taiwanese Stamp Archive helps me to find out the hidden context of stamps.

1965Taiwan002-3

今日は旧正月で、台湾をはじめアジアの国ぐにでは家族で集まって新年を祝っています。世界各地の中華街でも、この切手のようなお祝いの情景が見れるのではないでしょうか。

1965年の暮れに発行されたこの台湾の切手は、日本の大蔵省印刷局で製造されたようです。花火で遊ぶ子供たちの服の模様が細かい!とルーペで拡大して楽しんだあとに、台湾の切手アーカイブでこの情報を見つけて、切手デザイナーと印刷技師の時間をかけた仕事ぶりを想像しました。

camera and TV / カメラとテレビ

September 17, 2012

19 September 1967, United Kingdom
British Discovery and Invention
Television Equipment
design: Richard Negus & Philip Sharland

Together with Radar, Penicillium Notatum and Jet Engines, television equipment is counted as one of the biggest inventions in Britain.  BBC and Channel 4 are the successors of this invention – usage of that equipment has been developed for decades, to show us the great detail of sports in recent Olympic and Paralympic games.

I wonder which era of equipment is depicted in this stamp – contemporary with the stamp design? Beautiful colour and composition, looks like a woodblock print.

レーダーの発明やペニシリンの発見などと並んで、テレビが「イギリスの発見と発明」に数えられていました。オリンピックやパラリンピックでBBCとチャンネル4が頑張ったあの驚異的な接写は、そんな技術者の情熱を受け継いでいるのですね。

ここに描かれているカメラ類がどの時代のものかまだ調べていないのですが、木版画のような雰囲気をたたえ、色の重なりが美しい切手です。

shape in my memory / 記憶の中の形

May 4, 2012


1966 Cayman Islands
International Telephone Links

When I was child, the telephone at home was a round, banal design – similar to ones on these stamps.  There was a cavity from behind just below the handset, where you can carry the phone whilst you are talking.  The scene flashed from far away memory – I wanted to bring the phone to my room while I was talking, but the cord was not long enough to shut the door…

子供の頃家にあった電話は、この切手に描かれているような丸くてごろんとしたデザインでした。ダイヤルの裏上方にくぼみがあって、右手で受話器を持ちながら左方の手で本体を持ち、少しずつ引っ張って自分の部屋に入ろうとしたけれど、ドアを閉めるにはコードの長さが足りなかった、、、という遠い記憶が蘇ります。

ケイマン諸島は西インド諸島のひとつで、今もイギリスの海外領土です。

telephone in place of airmail / 電話の登場

April 4, 2012

1965 Korea

It is clear that the airmail service lost some of its importance in overseas communications to the telephone at some point.  By the mid 60’s international telephone links had expanded worldwide.  But at least on this stamp in 1965, the airmail envelope is depicted in front of a telephone handset – a little wistfully.

1960年代中盤には電話網が世界にひろがり、エアメールよりも速い通信が可能になったのでした。1965年の時点で、切手の中の世界では受話器の前にエアメール封筒が描かれていて、ちょっと名残惜しそうな感じですね。

print method and motif -2 / モチーフと印刷-2

February 8, 2012


1 July 1966 (top) and 1 September 1969, Japan
Firefly Squid and Moss Balls
definitives

These two stamps are showing gleaming squid and ‘Marimo’ Moss Balls, both in the water.  The coarsely finished paper and 2-3 coloured Gravure printing are cost effective and matching very well to the motifs – translucency of squid and reflected light on fish and delicate surface of the Moss Balls…  Spot-on job!

上:昭和41年7月1日発行
下:昭和44年9月1日発行
普通切手

2枚とも水中の、ホタルイカとマリモの描かれています。ざらっとした紙の質感に2~3色で重ねたグラビア印刷のけっして高価ではない手法ですが、濃淡の調整が細やかで、ホタルイカの少し透けている質感や、マリモの表面の細かな水泡と魚の背が水上からの光を反射させている様子などが巧みに表現されています。丁寧な仕事です。

the Machin / エリザベス2世の肖像

December 13, 2011

5 June 1967, UK
Queen Elizabeth II definitive
photo gravure
design: after plaster cast by Arnold Machin

The last post was my first feature of a monarch portrait – the second stamp is her great grand-daughter, current Queen of the UK.  This is probably the most repeatedly used profile in stamp history.

According to the ‘Profile on Print’ leaflet (1999), the sculptor Arnold Machin made pencil sketches first, then sculpted a relief in clay.  Then he took a plaster mould, which he refined by hand – afterwards taking another plaster cast to bring the features back to relief.  Finally, after ‘numerous trials’ a photograph was taken ‘using north daylight with a precise amount of cloud over the sun’.  Phew!

I like this ultimate simplicity of design – of course inspired by the very first stamp, but pared down to the minimum.  Here are some process records shown, featured in Going Postal blog from New Zealand.

The six stamps below were issued following years – I have not counted yet how many stamps were issued since the first one – still going now.






君主とか政治家の肖像がメインの切手にはほとんど興味がないのですが、前回のポストに続き、イギリスの女王だけは少し特別です。

たぶん世界で一番たくさん切手に印刷されてきたこの横顔が登場したのは、1967年。コミッションを受けた彫刻家は鉛筆スケッチを元にまず粘土で最初の彫刻を制作し、それを石膏で型取りしたものを彫刻刀で手直しして、もう一度石膏取りしてレリーフが完成。それを「おびただしい回数の」試行ののちに「北側の窓辺で一定の雲が日光を隠す瞬間に」撮影したものが、切手になったのでした!彫刻家の写真と最初のスケッチが Going Postal というブログに載っています。

世界初の切手「Penny Black」の横顔をひきつぐデザインなのは一目瞭然ですが、背景の模様や「postage」の文字までも取り去ってしまったこの潔さには、やはり強く惹かれます。

p.s. Someone did count the number of Machins and there are so far 440 of them.

追記:今までに発行されたMachin切手を並べて数えてみた人のリンクを発見。今のところ440枚だそうです。

final sprint / 最後のひとこぎ

July 15, 2011

1969Belgium002

5 July 1969, Belgium
Road Championship of the World

The sprint competition points system has been changed for this years Tour de France, which is making the tour more exciting to watch.  Teams work hard to bring their sprinter to the height of speed to ride for the intermediate sprints – as well as the final few hundred of meters before the goal of the day.

This Belgium stamp from the late 60’s depicts well the hard work of legs and I can almost hear the squeaking noise from the bike…

ツールドフランスのスプリントポイントの数え方が今年から変わり、ハイライトを観る楽しみが増えました。チームが一丸となってぐりぐりと前に進み、一番早いスプリンターを最後にラインに送り出す。ライン間近で競り合うそんな瞬間の選手たちの全身の筋肉の動きや「うがー!」という表情は迫力があります。

この1960年代最後のベルギーの切手は、自転車がきしむ音が聞こえてきそうなほど、その瞬間の様子をとらえていて、お気に入りの一枚です。

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 3,658 other followers