Archive for February, 2012

Maglia iridata / マリア・イリダータ

February 29, 2012

1979Italy002
1979Italy001

27 January 1979, Italy
World Championship of Cycling – Cyclo Cross

The rainbow jersey is known as ‘Maillot arc-en-ciel’ in French and ‘Maglia iridata’ in Italian.  This time, the stamps are showing Cyclo Cross – the athletes sometimes have to carry their bikes during the race.

These Italian stamps are kind of evocative – reminds me when I prepared for an entrance examination for the Art university in Japan.  I have a piece of paper and coloured pencils – then the brief says ‘You have five colours.  Make a colour composition in relation to the words – ‘Rainbow stripes’, ‘Cyclo Cross’ and ‘Speed’.  Condition: use geometrical lines only.  Time: 1.5 hours’.

In fact, the colours are nicely overlapped with knowledge of the print processes.

マイヨ・アルカンシエルは英語では「レインボージャージ」イタリア語では「マリア・イリダータ」になります。この切手は、競技の途中で自転車をかついで走るサイクロクロスの世界選手権を描いています。

この切手を見ると、美大受験の予備校での色彩構成の練習を思い出すのです。課題は『レインボージャージとサイクロクロス:色は5色まで使用可。幾何学の線のみを用いて色彩構成し、スピード感を表現せよ。時間は1時間半』

でも実は、印刷のことをよく知っている人が色を重ねて構成している、手のかかっている切手ではあるのですが。

Rainbow jersey / マイヨ・アルカンシエル

February 28, 2012

1960, German Democratic Republic
Cycling World Championship

In international cycling events, you see a rare few athletes wearing this jersey – 5 coloured stripes on a white background. They are called Rainbow jerseys and only World Champions of the time are allowed to wear them, and only in the discipline in which they won the Championship.

This stamp shows a racer Gustav-Adolf Schur of East Germany (via), who was twice the winner of the World Road Race Championship in 1950s.

Those racers look proud of wearing the Rainbow jersey, but they are also fighting against the ‘Curse of the rainbow jersey‘ – the champions are always challenged by competitors.

自転車競技を観ていると、5色の縞で飾られたこのジャージを目にします。これは「マイヨ・アルカンシエル」と呼ばれ、自転車競技大会の世界選手権の優勝者のみが着ることができます。ストライプの緑、黄、黒、赤、青の5色は五つの大陸を表しているのだそうです。

この切手には世界自転車選手権で1958年と59年に2度の優勝を果たした東ドイツのグスタフ=アドルフ・シューアが描かれています。

マイヨ・アルカンシエルを着るのはもちろん名誉なのですが、次にレースに臨むと「アルカンシエルの呪い」と呼ばれるような結果や事故が起こることすらある、という例を上記のウィキペディアで読んで、勝者のプレッシャーというのも大変だなぁ、、、と思ったのでした。

追記:友人が「自転車が小さい」とコメント。たしかに、そう思ったら選手が妙に大きいですよね。実は、このグスタフさんが巨大な選手で、切手デザイナーはことさらそれを強調した、、、というような事実が見つかると面白いのだけど。

spectators / 観客の存在

February 21, 2012

31 March 1962, German Democratic Republic
Cycling World Championship

It was interesting watching the Track Cycling World Cup highlights on TV this past weekend. Several athletes mentioned that they were supported by the spectator’s cheers a lot, especially when they were almost burnt out towards their goal.  It seems that cheers make a difference to achieve good competition and new records.

This stamp is showing a lot of spectators in a velodrome – although their faces are a bit expressionless…   I featured another stamp, which is showing spectators alongside the road to support Tour de France racers – in this case, they are more animated with their arms raised.

トラックレースの中継やハイライトを観ていて印象に残ったのは、レーサー達が観客の声援に励まされたことを繰り返しインタビュアーに話したことです。6000人の観客が立ち上がって応援したイギリス選手達がよい結果を残したのも、偶然ではないのでしょう。競技場では、選手たちはたくさんの応援者を代表して頑張るわけですね。

この切手も自転車競技場の観客の顔が選手のうしろにびっしり描き込まれていますが、表情にとぼしくちょっと怖い。もう一枚、以前に紹介したツールドフランスの切手には、沿道の観客がしっかり盛り上がっている様子が描かれています。

track cycling / トラックレース

February 19, 2012


1963 Belgium

For the last three days we have been watching the Track Cycling World Cup, which was held at the new Olympic Velodrome in London.  It seems the velodrome is a really fine piece of architecture and the audience there were very excited to witness great performances, especially by the British racers.

This set of stamps are delivering the atmosphere of the indoor velodrome well, also the tension and speed of track cycling.  Keirin, a type of racing originating from Japan is now one of the official event in the World Cup and a pacer, on a Derny motor bike is the peculiarity of that race, although the stamp above actually shows another type of motor paced racing where each racer is paced by their own motorbike.

Back in 1963, these stamps were sold to raise supportive fund for Belgium cyclists to be at the Tokyo Olympic in 1964 (via Va-lo:Vé-lo ).  The fund might help the Gold Medal of 1000m time trial in the Olympic.

金曜日から3日間、ロンドン・オリンピックのために建てられた自転車競技場で開催された「自転車トラック競技ワールドカップ」のハイライトやライブを観ていました。初日に会場に行ったパートナーのレポートによると、マイケル・ホプキンス設計のこの建築はとても素晴らしいらしく、観客すらも高揚感を持つようです。

この切手はそんな室内競技場でのスピード感やゴールの緊張をよく伝えています。特に一枚目の、がに股でバイクに乗った「ペーサー」と呼ばれる人が自転車を先導する切手が面白い。日本の競輪競技が世界的な種目になった「Keirin」ではこのペーサーが一台登場し、選手を牽引します。

1963年に発行されたこの切手は、翌年の東京オリンピックに出場するベルギーの自転車選手のための基金を募る寄附金付き切手でした。この基金が功を奏したのか、オリンピックではベルギー選手がトラックレースの1キロ・タイムトライアルを制しています。

oxidized silver love / いぶし銀の♡

February 13, 2012


*exch. 053 ( one mint only )

6 February 2001, United Kingdom
Love
design: Springpoint Design

Since I arrived to Tokyo last week, I have been seeing a lot of ‘hearts’ floating in window displays, on greeting cards, balloons attached to temporary chocolate stands – yes, St. Valentine’s Day! Here in Japan, 14 February is a big day, when women are able to express their love to men with a package of chocolate.  In fact, a lot of little ribboned boxes are given to male colleagues, male teachers, fathers, grandfathers and even sons.

I admit that those bubbly hearts cheer up this cold winter towns, and also make you to think about delivering your love.  But I think that love can be expressed every day, not necessarily with floating pink hearts, but with something subtle and blended into your daily life – something like in this oxidized silver.

This is my favourite set with hallmark letters on sliver and nice patina.




*exch. 054
*exch. 055 ( one mint only )
*exch. 056 ( one mint only )

Thanks
Welcome
Cheers

明日はバレンタインデー。赤やピンクのハートがあちこちにディスプレイされている光景を久しぶりに見ると懐かしく、中学や高校の頃はこの時期に本当に緊張したよなぁ、、、と遠い記憶がよみがえったりしています。この寒い中、街がハートでにぎやかになるのも悪くないけれど、なんだがふわふわしている。この切手のようないぶし銀のほうがしっくりくる大人のハートもあるんじゃないかな、と思ったのでした。

このグリーティング切手のシリーズは銀をはじめとする貴金属細工の加工メーカーや品質保証の刻印を模して文字を並べたもので、遊びごごろのある文字の配置と使い込まれた銀器の質感がかっこいい、お気に入りのセットです。

「あなたを大切に思っています」という気持ちは、刻印のようなひかえめな表現でいいから、毎日の暮らしで折りにふれ伝えるのが一番ではないかな、と近ごろ思うようになりました。

print method and motif -2 / モチーフと印刷-2

February 8, 2012


1 July 1966 (top) and 1 September 1969, Japan
Firefly Squid and Moss Balls
definitives

These two stamps are showing gleaming squid and ‘Marimo’ Moss Balls, both in the water.  The coarsely finished paper and 2-3 coloured Gravure printing are cost effective and matching very well to the motifs – translucency of squid and reflected light on fish and delicate surface of the Moss Balls…  Spot-on job!

上:昭和41年7月1日発行
下:昭和44年9月1日発行
普通切手

2枚とも水中の、ホタルイカとマリモの描かれています。ざらっとした紙の質感に2~3色で重ねたグラビア印刷のけっして高価ではない手法ですが、濃淡の調整が細やかで、ホタルイカの少し透けている質感や、マリモの表面の細かな水泡と魚の背が水上からの光を反射させている様子などが巧みに表現されています。丁寧な仕事です。

print method and motif / モチーフと印刷

February 5, 2012

1996Sweden001

2 January 1996, Sweden
Wildlife / West European Hedgehog
design: B Lundwall
engrave: P Naszarkowski

When the chosen motif and printing method are matching together – the result is good.  This stamp with two colour intaglio depicts spiky needles of a Hedgehog very well, as well as the atmosphere of this animal at the bottom of hedges.

From my previous post, I think the head beam of a car by Lithography technique works well – density control of blue and yellow – but the Hedgehog is not so well depicted as this example.

選ばれたモチーフと印刷方法がマッチして素敵な結果になっている切手。凹版印刷のかりかりした線が、柔らかな輪郭を持ちながらもとげとげした針に覆われるハリネズミの姿と、生け垣の下に棲むらしいこの動物の雰囲気を良く伝えています。

一つ前のポストの切手はリトグラフで制作され、闇に光る車のヘッドライトは効果的に描かれているけれど、ハリネズミの表現はいまいちだよなぁ、、と思うのでした。

be kind to animals / 動物に思いやりを

February 4, 2012


4 February 1972, Germany-Berlin
prevention of cruelty to animals

It is sad to find a Hedgehog beside the road, killed by a car accident.  They move so slowly, but sometimes they must be desperate to cross the road – for food or because they heard a lovely voice from the other side the road?

When we cycle in the countryside, we sometimes see a group of deer jumping across the road.  Once we saw a huge stag with great antlers which was killed by a car accident.

This set of stamps are suggesting people be a little more considerate in their living area.

ハリネズミが車にはねられて路上で死んでいるのをたまに見かけます。あんなにゆっくりしか動けないのに、この道を渡ろうとしたのはよっぽどのことだろう、、と想像するのです。食べ物がこちら側になくなったか、メス(またはオス?)の声があちらから聞こえたか?

田園を自転車で走っていると、たまに立派な角の牡鹿に率いられたシカの群れが道を横切ることがあります。あんな大きな動物でも車にはかなわないことを思うと、彼らの領域に入って行く時は気をつけないと、、と思うのでした。

この切手は、弱い立場にある動物に思いやりを、というキャンペーンでした。

wise animals in the woods / 森の賢者たち

February 2, 2012

28 August 1961, United Kingdom
‘Growth of Savings’ – centenary of Post Office Savings Bank
design: M. Goaman

A squirrel, a bird on a nest and an owl – they are representing modest and wise home management, such as saving money at the Post Office Savings Bank.

This squirrel looks like a Red Squirrel, the native kind before the Grey Squirrel came to dominate most of Britain.  They occasionally take a long sleep when the weather is very cold, but normally not going into hibernation for long.  This picture I like – is a Grey Squirrel having a siesta..

「ちょっと昔の」貯蓄の象徴として描かれているリス。美しい巣を作る小鳥や森の賢者と言われるふくろうと一緒に、堅実に将来に備える郵便貯金の100年記念の切手に登場しています。

このオレンジ色はキタリスの色のようです。最近は見かけないのは、アメリカから持ち込まれたハイイロリスが繁殖してキタリスをスコットランドまで追いやってしまったからなのだそうです。どちらも長い冬眠はしないけれど、とても寒いときには巣の中から数日出て来ない、と説明されています。この写真のリスは、暑い夏に枝の上で昼寝をしている姿で、冬眠ではなさそうです。

このテーマと図柄に、宝石をちりばめた王冠とネックレスの女王はいかにも不釣り合い、、、女王の肖像がだんだんと小さくなってついにはシルエットに変わるのは、この切手の5年後のことです。

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 3,658 other followers