pre heraldry / 紋章のルーツ

June 28, 2014

1966UK010
1966UK009

14 October 1966, United Kingdom
900th Anniversary of Battle of Hastings
design: David Gentleman

The heraldry was born from the marks on the battle shields used by the medieval knights.  The shields in these stamps show one of the most early primitive signs of families or individuals, used to classify the foe and ally.

These stamps are based on Bayeux Tapestry, depicted the Battle of Hastings in 1066.  They give us some idea of how brutal those battles were.  Even a thief is taking cloth off a dead body and the silhouette of the Queen is looking at that scene rather calmly.

1966UK014

中世の騎士が持って戦った盾に描いた模様が、紋章のはじまりだったそうです。この切手に描かれている戦場の様子を描いたタペストリーが、紋章を説明する時にかならず出てきます。戦いの敵と味方を見分けるために、視界の悪い兜ごしにもはっきり見えるような単純な模様が選ばれて使われ、だんだんと親から子に継承される家紋のようになっていったのですね。

900年前にフランスのノルマンディーからイングランドに攻め入ったヘイスティングズの戦いを記念している切手ですが、死体から服をはぎ取っている場面をじっと見ているかのような、女王のシルエットがクールな構図です。

17ポストめの馬の切手でもありました。


suit of armour 3 / 甲冑 3

May 26, 2014

1974UK005

10 July 1974, United Kingdom
Great Britons, The Black Prince (1330 – 1376)

I did not post a new stamp for one and half months… and I am still on the theme of horses and knights in armour!  A little too slow to move on, but now I am thinking to step into a new area of ‘heraldry‘ stamps – a recent favourite theme of my collection.

Edward, The Black Prince was the first English Prince of Wales in the 14th century and he was very popular as a strong military leader.

My reference book “Heraldry Stamps” (published in 1987) tells me about the patterns and significance of his decoration in this picture.  The following two are the Welsh leader Owain Glyndŵr (c. 1349 – c. 1415) and the Scottish king Robert the Bruce (1274 – 1329).

1974UK003
1974UK002

またもや、一月半ほど更新しませんでしたが、、、まだ切手は馬と甲冑の騎士!『偉大なブリテン島の人』のシリーズから。さすがに、ここを起点に馬から離れて「紋章の切手」に進むことにします。紋章も、大好きなモチーフなのです。

一枚目は「エドワード黒太子」と呼ばれ、イギリス系で最初にプリンス・オブ・ウェールズの称号がついた皇太子で、百年戦争で活躍した人気の高い軍人でした。二枚目はウェールズ人「オウイン・グレンダワー」、三枚目はスコットランド国王「ロバート・ドゥ・ブルース」のそれぞれが、紋章の入った飾りと一緒に馬にまたがっています。

ここに描かれている紋章がどんな意味を持つのか、『紋章の切手(1987年発刊)』という本に詳細があり、この切手の図案がどの原典から起こされたのかの推測もあって興味が尽きないのでした。


suit of armour 2 / 甲冑 2

April 14, 2014

1953Portugal001

1953 Portugal
Seal of authority of King Dinis or ‘Cavalinho’
design: Martins Barata

Another stamp of medieval knight – showing the seal of Denis of Portugal, a king of 13 – 14th century Portugal.

I went to Milano furniture fair since I posted the last Swedish knight stamp two weeks ago, I am still in a feeling of wearing armour.  I was worn out and slept almost two days after I return to home.

中世の騎士、今度はポルトガルからの一枚です。13ー14世紀のポルトガルの王「ディニス1世」の紋章をまとっている騎士。

2週間前にスェーデンの騎士と馬をアップしてからのち、ミラノの家具見本市に行ってロンドンにもどったところですが、、、まだ心の鎧が取れていません。疲れ果て、2日間ほとんど寝ていました。


with a suit of armour / 甲冑をまとって

March 30, 2014

1970Sweden008

6 April 1970, Sweden
Seal of Duke Erik Magnusson (1282–1318)
design & engrave: Heinz Gutschmidt

I did not post any stamp for a month and a half – I had been living with a great anxiety about my first long trip to Japan since I had medical treatment last September.  I had my Meningioma, a type of tumour, removed in a long operation. It had been growing for many years just behind of my left eye.  After that I had Gamma Knife surgery, a type of radiotherapy treatment.  When the doctor said I was OK for long flights, I booked my trip to see my family and friends, who had been concerned about me.

Psychological preparation before the departure was more difficult than the bag packing – Anyway, I did make a trip, saw loving people and got back to home.  I could not contact many people who were worrying about me – but it was all I could do to complete this first mission after half a year, without fainting or getting worn-out too badly…  I needed a full suit of armour and a crested horse ( my partner who supported me during this trip ), really.

ひと月半、更新していませんでした。

去年の9月と12月に、長い時間をかけて左目の後ろに育っていた髄膜腫という名前の腫瘍を摘出する手術と、ガンマ・ナイフと呼ばれる放射線治療を受けました。2月初旬に経過も良く長時間のフライトも大丈夫と医師に言われたので、日本で心配していた家族に会いに帰る旅程を立てたのだけど、出発前になっても気がかりな「疲れやすさ」がほとんど改善されていなくて、こんな状態で旅行して大丈夫だろうか?と不安におそわれ、かなり凹み。

ともかく、できるだけ予定に縛られないよう、休みながら移動するように調整しながら、東京ー広島を往復し、ロンドンまで戻りました。心配してくださっていた多くの方たちに、帰国中に会えなかったことが心残りなのですが、、、ともかく倒れたり寝込んだりしないで旅を終えたことをご報告します。今思うと、旅行中はこの切手のような甲冑をまとった騎士の気分だったなぁ、と振り返りながら。一緒に旅行したパートナーが、同じ紋章をまとった馬だったような、、、。

このスェーデンの切手は、13世紀後半から14世紀にかけて活躍した皇子の騎士像です。頭の飾りが、、戦争向きではないですね。


flower and horse / 花と馬

February 13, 2014

1975Czechoslovakia008

5 September 1975, Czechoslovakia
Biennial Exhibition of Book Illustrations for Children
“Horseman” by V. Munteanu
design & engrave:  J. Schmidt

OK, tomorrow is St. Valentine’s Day – already!  Time flies.  Although I am still featuring horses, yet a flowery one for tomorrow.  But somehow, this horse has eight legs and the man on it has a gun…

Anyway, have a happy Valentine!

あっと気付くともう明日はバレンタインデーです。月日が経つのがとても早い。まだ干支の馬の切手を紹介しているのだけど、少し浮いたデザインの、花に囲まれた馬を。けれど、よく見るとこの馬には脚が8本あって、白い衣の「馬上の人は眉間にしわをよせて銃をかまえている、、、。

ともかく、すてきなバレンタインデーになりますよう。


bugle horn and horse 4 / 馬と角笛 その4

February 10, 2014

1958Poland001

24 February 1958, Poland
400th Anniversary of Polish Postal Service
design: S. Malecki

Second feature of a day – I have too many horse stamps but I don’t want to continue for a year.

This is celebrating 400 years of postal history.  This horse looks gentle.  The White silhouette should be the airplane for the modern air mail.

今日2つめのポストですが、、、馬の切手が多すぎて、1年間そればっかりでもつまらないから、どんどん行きます。

1558年の郵便配達夫を描いたポーランドの切手。56年前の時点で400年の歴史を祝っています。この馬は優しそう。背景は航空便を運ぶ飛行機のシルエットですね、きっと。


bugle horn and horse 3 / 馬と角笛 その3

February 10, 2014

1986Sweden002

20 February 1986, Sweden
350th Anniversary of Post Office
designer: G. Österlund
engraver: Z. Jakus

The delivery man is blowing the bugle horn with all his might, and – very rare to see a horse with scary eye.

1986Sweden002-2

郵便事業の350年を祝う切手。配達夫はほっぺをふくらまして思いっきり角笛を吹いていて、、、そしてとても珍しいのだけど、馬の目が怖いです。


bugle horn and horse 2 / 馬と角笛 その2

February 9, 2014

1958Romania001

15 November 1958, Romania
Centenary of First Romanian Postage Stamps
design & engrave: S. Zainea

Celebrating 100 years of postage stamps – and the bugle horn and horse were the main delivery method still at that time.

ルーマニアの郵便切手発行100年を記念する切手。切手が発行され始めた19世紀の中頃も、まだ馬と配達夫の角笛が活躍していたようです。


bugle horn and horse / 馬と角笛

February 4, 2014

1958Germany001

1 April 1958, Germany

The Chinese calendar had just turned the year of the Horse – so, I am still featuring more stamps with horse.

This German stamp is depicting the early postal service man on horse, who is blowing a bugle horn to ask if anyone has a letter to be delivered to a remote place.  The horn became an icon of the postal services.

あっと言う間に2月ですが、中国の暦も数日前に馬年になったところで、引きつづき馬の切手です。

このドイツの切手は、馬に乗った配達夫が角笛を吹いて近隣の人たちに「遠方に届ける手紙はありませんか〜」と呼びかける様子を描いています。この角笛は、初期の郵便事業の象徴でもありました。


horsepower mail coach / 三馬力の郵便荷車

January 23, 2014

1971Sweden005

28 September 1971, Sweden
engraver: Czesław Słania

Speed was one of the reasons why horses had been used for transportation, obviously.  So, they were the main motive power for the postal services, too.

This great piece of work by the engraver Czesław Słania shows, the express-speed of a three horsepower wagon with postal horn mark on.  You may hear the creak noise together with the clatter of hoofs.

1971Sweden005-2

荷物や情報を運ぶために馬が使われた理由が、その速さであることは明らかです。手紙を運ぶ郵便事業も、始めは馬脚に頼っていたのでした。

凹版彫刻師のスラニアが手がけたこの切手は、3頭の馬が引っぱって疾走する角笛のマークのついた郵便荷車を描いています。ひずめの音が聞こえてきそうな、馬が地を蹴るスピード感の表現がすばらしいです。


horse power / 馬力

January 23, 2014

1978Portugal011

1978 Portugal

Until the steam engine was invented in 18th century, horses had pulled a lots of good, supplies and people from one place to another – for very long time in the history.

農作業だけでなく、19世紀に蒸気機関が発明されるまでの長い人類の歴史で荷物を運んだのも動物で、その中でも力が強くて速い馬は重用されたのですね。


farm produce & horse / 農作物と馬

January 20, 2014

1983UK004

5 October 1983, United Kingdom
British Fairs / Early Produce Fairs
design: Andrew Restall

Another stamp from UK, depicts horses as a part of a summer farm fair.  They transported vegetables and geese to the farmer’s markets.

And a cat.

イギリスから。夏の農作物マーケットの様子を描いた切手に、野菜やがちょうを運んできた馬たちが描かれています。

あ、猫も。


rural landscape and horse / 田園と馬

January 20, 2014

1946Sweden001

8 June 1946, Sweden
Centenary of Swedish Agricultural Show
designer: O. Sköld
engraver: S. Ewert

According to a book titled “What on Earth Happened?”, churches owned horses and cleared a lot of woodland, then rent those reclaimed land to farmers – that was the largest force of destruction of ancient forests in the Medieval Europe.

This Swedish stamp is showing a mother horse and a pony in the agricultural field – it rather looks peaceful now, though.

馬の登場を人間の歴史の重大なターニングポイントに数える歴史の本『137億年の物語』は、中世のヨーロッパで教会が馬を所有して森を開墾し、農地を農民に貸して巨大な収益を上げ、それを元に壮麗な聖堂を建てたことを語ります。

今は平和に見える「馬の居る田園風景」ですが、中世のヨーロッパから森が消えた理由はそこにあった、という説もあるのですね。


ploughing horse / 鋤を曳く馬

January 10, 2014

1994Sweden001
1994Sweden003

17 January 1994, Sweden
North Sweden Horses
designer: L. Hasselberg
engraver: L. Sjööblom

About 6000 years ago, the ancient people started to domesticate horses.  Around 10th century in Europe, people started to use horse powered plough and that helped to speed up cultivation.  Until the tractors were invented in 19th century, horses provided power for agriculture and supported increasing population on the earth.

North Swedish horses have long mane and gentle eyes in these stamps.

およそ6000年前ごろに、馬が家畜化されはじめたようです。そして中国で発明された金属製の鋤(すき)と中東の遊牧民が考案した頸輪(くびわ)が10世紀ごろヨーロッパに伝わり、馬を使って畑を耕すスピードがぐんと上がり、穀物の収穫が増えて多くの人口を支えられるようになった。19世紀にエンジンを搭載したトラクターが登場するまで、馬は重要な動力源だったのですね。

北スウェーデンの馬はタテガミがふさふさで、優しい目をしています。


Hippocamp / 魚の尾をもつ馬

January 9, 2014

1983France005

18 June 1983, France
50th anniversary of Air France
design: C. Andréotto

I thought Unicorn stamp might be in my collection – did not find one, but instead I found Hippocamp – another mythological creature, a horse in its forepart with a coiling fish-shaped hindquarter.

1983France005-2

The Hippocamp was the company logo when Air France was first founded in 1933.  Together with the strips used for the tail assembly, design of this stamp is cool.

ユニコーンもきっとお正月らしいなぁ、、と手持ちの切手を探したのだけど見つからず、かわりに見つけたのがこれです。前半分が馬で後ろ半身がうずまきの魚の尾みたいな、ヒッポカムポス

この伝説上の生物はエールフランス社が創設された当初1933年の会社ロゴだったようです。尾翼に使われたラインと一緒にすっきりまとまった一枚。


Pegasus / 翼を持つ馬

January 5, 2014

1957Italy004

13 January 1957, Italy
Etruscan Horse

One of the legendary creatures – Pegasus has reverential atmosphere suits to the New Year.  The Greek mythology which tells us this creature has its roots goes back to 15th century B.C., visual materials are dated from 8~9 century B.C. – I have just learnt how old this creature was!

The horses with wings in this stamp is claimed from Etruria, where one of the ancient civilizations was cultivated from 9th century B.C. in the centre of Italy.

神話の中の馬「ペガサス」は、なにかうやうやしくお正月らしい雰囲気があります。口承として伝わったギリシャ神話は紀元前15世紀に遡り、彫刻やモザイクなどで表現されたペガサスは、紀元前9世紀ごろの遺跡からも見つかるようです。そんなに古いとは知りませんでした。

この切手の翼のある馬は古代ギリシャよりも前にイタリア中央部に栄えた海洋民族エトルリア人の文化に由来するようです。


year of horse started / 午年、明けました

January 3, 2014

1969Germany001

6 February 1969, Germany
for the youth: Horses
Thoroughbred / Draft horse / Pony / Warmblood

Happy New Year to you all!

2014 is the year of the Horse. The sexagenary cycle is completed with 12 animals and my icon of the zodiac is horse – I was born 48 years ago.  That year was a little special ‘Fire Horse‘ and birthrate of the year in Japan was 25% decreased than the year before.

During the last month, I read a book titled “What on Earth Happened?” and learnt how significant the domestication of horse was in the ancient world.  Horses were used to plough fields, to communicate with speed and to fight in wars.  I have more than 80 stamps with horses depicted and I am featuring several of them in coming posts.

First set is from Germany and from the top, I would nickname them form the top ‘sublime horse’, ‘heavy horse’, ‘friendly pony’ and ‘speedy horse’.

1969Germany004
1969Germany003
1969Germany002

2014年、あけましておめでとうございます。

48年前のひのえうまに生まれたわたしは、年女です。出生率が25%も低かったこの丙午について英語で説明するのは時間がかかりますが(笑)、八百屋お七が生まれた(?)とされる1666年はロンドン大火の年と知った時には、妙な因果を感じました、、。

年末にほぼ3週間かかって読み切った『137億年の物語』という本で、昔の人が馬を家畜化したことが、どれくらい歴史にインパクトを与えたか、ということを学びました。畑を耕し、情報や商品を速く運び、戦争で優位に立つために使われた馬。そんな歴史を通して、馬は人から愛されたり神格化されたりしたのですね。数えたら80枚以上の「馬の切手」を持っていたので、いろいろな角度から紹介していきたいと思います。

まずはドイツからの4枚セット。上から順に「神々しい馬」「働く馬」「仲良しポニー」「速い馬」という印象でしょうか。


not too late / 今も支援が必要です

December 30, 2013

1963Philippines003

1963 Philippines
100 years of Red Cross

Tomorrow is the last day of this year – and one of the things I should not forget is there are still a thousands of people do not have their secure houses to sleep in peace.  Still not too late to support them through Red Cross in your country.  In the UK, the link is here.

今年も残り1日となりました。忘れないでおこうと思うのは、まだ心やすらかに眠る家のない人たちが、フィリピンにはたくさん残っていることです。各国の赤十字を通じて、今も被災地に援助ができます。日本での窓口はこちらです。


merry christmas / メリークリスマス

December 25, 2013

1979Bulgaria001
1979Bulgaria002

22 December 1979, Bulgaria
design: St. Kunchev

Merry Christmas!

I imagine that in the ancient world people had celebrated ‘longing daytime’ when they realise that – three or four days after the Winter Solstice.  Then the Christmas had taken over this festive season – this is my inference.

This Bulgarian stamps are in fact for the new year celebration – yet they look very Christmas for me.

あっと言う間にクリスマス。紀元前に暮らした人たちも、きっとこの頃「やっぱり、ちゃんと日が長くなっているね!」と、この頃にお祝いをしていたのではないかな、と想像します。そんなお祭の時期に、キリストが生まれてお祝いが重なったのでは?

このブリガリアの切手は、とってもクリスマスな雰囲気ですが実は新年のお祝い用みたいです。

わたしはこれからクリスマスディナーを作る我が家の料理人の手伝いです。よいクリスマスを!


dark days.. / 昼も暗い、、

December 23, 2013

1953Iceland001

12 February 1953, Iceland
“Reykjabók” manuscript with candle
design: S. Jónsson

It was stormy day today and even at noon I needed a desk lamp to read.  I imagined how dark the inside of a house was before electricity was invented – and even worse in parts further north than here in London.

I found a candle light reading picture on an Icelandic stamp and the rumpled book is a manuscript from 14th century.

今日は嵐の一日で、昼間でもデスクランプを灯さないと本も読めない暗さでした。電灯が発明される以前の、ここよりも北のヨーロッパの冬がどれくらい暗かったかを想像します。

このキャンドル読書の切手は、なんだかよれよれの本が置いてあるけど、、と思ったら14世紀の手書きの本が描かれていました。ランプもその時代のものかな?


Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 3,613 other followers